検品、販売

せどり販路紹介!仕入れた商品はどこで販売?

物販ビジネスであるせどりでは、売るための商品を仕入れる事も大切ですが販路(売る場所)も非常に重要なポイントです。

売る場所にはそれぞれ特徴があり、それにより仕入れる商品の基準も変わってきます。

 

そこで今回は、販路の解説です。

絶対に押さえておきたい販路から、サブで利用したい販路の特徴を解説していきますので、ぜひご覧下さい。

3つの販路

多くのせどらーが利用している販路と言えばAmazon、ヤフオク、メルカリの3サイトです。

 

他にも様々な販路がありますが、どうしてこの3サイトなのでしょうか。

それは、利用者が圧倒的に多いからです。

ここで言う利用者とはお客様、つまり販売商品を買ってくれる方の事を指します。

 

過去記事でも書きましたが、どれだけ良い商品でも買われなければ意味がありません。

お客様(ユーザー)が多いという事は、それだけで商品が売れる確率が高くなるのです。

 

ですのでせどり初心者の方でも、この3サイト利用することが鉄板です。

さっそくそれぞれの特徴をみていきましょう。

販路~Amazon~

引用:Amazon出品サービス

Amazonといえば国内最大手のネットショッピングサイト。

利用者の数もヤフオクやメルカリとは比較にならない程です。

利用者の数に比例して圧倒的な販売数を誇り、ネットショッピングと言えばAmazonと言えるほど。

 

そんな圧倒的販売能力のあるAmazonだからこそ、多くのせどらーが利用しています。

結論から言いますと、メイン販路はAmazonを利用してください。

 

利用者が多いや販売能力が高いといったことももちろんですが、

Amazonで販売する上での最大の魅力は、大口出品サービスで利用できる

”FBA(フルフィルメント by Amazon)”

というシステムです。

 

これは、Amazonが出品者の商品を管理、発送してくれるサービスで、販売者にとっては非常に嬉しいサービスです。

他にも、販売している商品やセラー(販売者)に関するデータ等を閲覧することができ、自身の販売状況を把握してしっかりと分析する事が出来ます。

 

集客能力が非常に高く、販売者に対してのサービスも充実しているAmazon。

せどらーなら必ず利用するべき販路です。特に始めたばかりの方ほど、メイン販路として利用すべきです。

あわせて読みたい
【せどり初心者】Amazonの大口出品と小口出品の違いとメリット・デメリット 販路の紹介でも伝えましたが、ネットショッピングと言えばAmazonと言えるほどの利用者数と販売数を誇っています。 Amaz...

販路~ヤフオク~

引用:ヤフオク

ヤフオクと言えば、数あるオークションサイトの中で最も利用者が多いことで有名です。

利用者が多いという点の大事さは十分に分かっていただいていると思います。

 

Amazonの説明部分だけを読むと、「Amazonだけで販売すれば良い」と思ってしまうかもしれませんが、そうではありません。

ヤフオクには、なんでも出品できる(例外あり)といった大きなメリットがあります。

 

Amazonでは基本的には既に登録されている商品しか出品できない(新規での登録は可能)といったことから、出品するためにAmazonの許可が必要な出品制限商品もあります。

壊れた商品である所謂”ジャンク品”なんかも出品できません。

他にも、Amazonでは新品でしか販売できないジャンル(ヘルス&ビューティーや食品など)もございますのでその辺は全て他販路で捌くしかありません。

 

その点、ヤフオクはそういったジャンク品は勿論、ゲームの初回特典やオマケまでなんでも出品できるのです。

これは後述するメルカリも同じ。

基本的にこちらもなんでも出品できます。

メイン販路はAmazonと書いた理由はここにあります。

 

例えば仕入れ時になにかオマケが付いてきたとしましょう。

Amazonを調べると、そのオマケは商品登録されていなかったので出品できませんが、

ヤフオクではなにやら高値で取引されている模様・・・。

 

上記はかなり極端な例ですが、実際にこういった事は無くはないです。

販売する商品によって販路を変える事はせどりにおける基本になりますので、しっかりと覚えておいてください。

あわせて読みたい
ヤフオク攻略! ~誰でも簡単に高く売るコツ~今回は、ヤフオクで商品を高く販売するコツを解説したいと思います。 メイン販路はAmazonが1番良いとお伝えしましたが、毎月4,9...

販路~メルカリ~

引用:メルカリ

こちらも利用者が多いサイトですが、ヤフオクと違うことはフリマサイトであるという事です。

フリマサイトの最大の特徴は、なんといってもその販売スピードの早さ。

オークション形式であるヤフオクとは違い、出品した商品がものの数分で売れてしまう、なんてことも十分あります。

 

販路としては基本的にヤフオクと同じで、こちらもサブ販路として非常に優秀です。

ですがこちらはフリマという性質上、購入者とのやりとりが比較的多いです。

 

商品に対する質問から値下げの要望まで、販売する商品数が多ければ多いほど負担になってきます。

だからといって全く利用しないというのも違いますので、メイン販路はAmazon、サブ販路をヤフオクやメルカリといった具合で利用していきましょう。

ちなみに、アパレル関係や美容関係においてはメルカリの方がヤフオクより強い印象です。

あわせて読みたい
メルカリ攻略! メルカリで上手く販売するコツ! メルカリは、出品物をしっかり選べばAmazonやヤフオクよりも高値で売れる可能性もあるフリマサイトです。 それらを踏ま...

販路についてのまとめ

メイン販路 → Amazon

サブ販路 → ヤフオク、メルカリ

を利用しましょう。

 

ですが正直なところ、サブ販路はどこでもいいです。

利用者が多く、自身が使いやすいと思った場所で問題ありません。

 

しかしメイン販路だけは必ずAmazonを利用してください。

せどりで成功する為、副業として成立させる為の一番の近道はAmazonで販売する事です。

 

ここでは3サイトの主な特徴のみとなってしまいましたが、更に掘り下げた解説も行っていのでそちらもぜひご覧ください。

では、最後までご覧いただきありがとうございます。

 

あわせて読みたい
販路はAmazon一択!Amazonの特徴まとめ!今回はメイン販路として絶対に利用してほしいAmazonの特徴まとめです。 「なぜAmazonを販路にすべきなのか?」 それは至ってシ...
あわせて読みたい
電脳せどりに必須!メルカリの特徴まとめ!気軽に販売が出来ることで人気を博しているフリマアプリ。 その中でも一番市場が大きいメルカリの特徴を説明していこうと思います。...
あわせて読みたい
せどりに必須!ヤフオクの特徴まとめ!ヤフオクはせどりの要として、昔から利用されています。 仕入れはもちろん、不用品販売でせどりの資金を貯める利用方法や、Amazonで...
ABOUT ME
いなさん
いなさん
2016年2月にせどりビジネスを開始、3ヵ月で月商500万を達成。 その後は作業の効率化を追求し、2018年1月以降は従業員のみで月商1000万を達成。