梱包、配送

商品を発送する際の梱包方法のコツ!

ヤフオクやメルカリ、Amazonの自己発送商品など梱包の機会は沢山あります。

梱包を丁寧に行わないと、雨により水濡れしてしまう・輸送中に傷がついてしまう等、商品をキレイな状態で購入者様に届けられなくなってしまいます。

 

商品状態の悪い発送は、クレームの元となってしまいます。

 

ですので今回は、梱包方法のコツや、サンプルを元に解説していきたいと思います。

では早速始めていきましょう。

梱包材について

梱包がキレイであれば、【梱包が丁寧でした】など、嬉しい評価を頂けることもあります。

梱包材も様々な物があります。

 

扱う商品によって、使う梱包材を変える事も重要です。

  • 段ボール
  • プチプチ
  • セロテープ
  • ガムテープ
  • 梱包用ラップ
  • マスキングテープ
  • ハサミ
  • カッター
  • 封筒
  • クリスタルパック
  • OPPテープ
  • 規格袋

こちらで紹介している梱包材は、100円ショップやホームセンターでも購入できます。

小分けで購入すると割高になります。

ですので、Amazonなどでまとめて購入する事をおすすめします。

 

ですが、最初はそれほどの数は必要無いかと思います。

まずは出品分のみ、慣れてきたらまとめて購入という形でも良いかもしれませんね。

 

今回は

  • 箱に入った商品
  • 精密機器

を例に挙げて説明したいと思います。

 

本の梱包について

右の透明な袋はクリスタルパックと呼ばれており、通常のビニール袋より透明度があり端にノリが付いています。

主に本を梱包するのに適していますね。

 

本はクリスタルパックと封筒のみで十分です。

どちらも開き口に商品を入れ、後は止めるだけですので比較的簡単かつキレイに梱包する事が出来ます。

 

こういった小物商品はポスト投函になる事が多くなるかと思いますので、

水濡れを意識した梱包が大切です。

 

箱に入った商品の梱包について

箱に入った商品は封筒では送れませんので、プチプチで梱包するなどの工夫が必要です。

ですが元々箱に入っているので、そこまで難しくはないでしょう。

準備するものは、プチプチ、OPPテープです。

まずは、商品に合わせてぷちぷちを切ります。
小さすぎると包み切れないので、サイズ感の分からない内は大きめに切りましょう。

この様に包みます。
この時、ぷちぷちのつなぎ目をOPPテープで仮止めしておきましょう。

はみ出していたぷちぷちを折っていきます。
まずは横から。

次は縦を折っていきます。

両方折るとこの様になります。
反対側も同じように折って完成です。

完成

このようにプチプチで丁寧に梱包する事で、キレイに見えますし衝撃にも強くなります。

 

後はサイズの合う段ボールに入れて発送しましょう。

このサイズであれば60サイズの段ボールで充分ですね。

 

精密機器の梱包について

今回は3DSを例にします。

 

本体のみで出品する場合、輸送時に傷ついてしまう事があります。

ですので、特に気を付けて梱包しなければなりません。

 

用意するものは、ぷちぷち、規格袋、OPPテープです。

まずは規格袋に本体を入れましょう。

この様に包みます。
この時、本体の表ではなく裏にテープ箇所が来るように包むとキレイです。

先ほどと同じ要領で両端を折れば完成です。

 

これは失敗例です。

ぷちぷちを小さく切りすぎると、この様に端を包めなくなります。

上記2つのやり方をマスターすれば、ほとんどの商品に対応できます。

「受け取って嬉しい」と思う梱包を意識することが上達への近道です。

 

最後に

今回は例を挙げて、梱包方法についての説明を行いました。

梱包は購入者様に無事商品を届ける為に行うものです。

 

自分が受け取って嬉しいような梱包を行う事を意識しましょう。

 

 

私が使用している梱包材リストを作成しました、コチラもチェックしてください。

あわせて読みたい
梱包・発送に必要な物と便利な物リスト今回は私の使用している梱包材の紹介をしたいと思います。 家にあるもので代用が利く物もありますが、せどり専用に買い揃える事でその備品...
ABOUT ME
いなさん
いなさん
2016年2月にせどりビジネスを開始、3ヵ月で月商500万を達成。 その後は作業の効率化を追求し、2018年1月以降は従業員のみで月商1000万を達成。