電脳せどり解説!ヤフオクで仕入れる際のポイント!

電脳せどりの主戦場として、ヤフオクはかなり使えるサイトです。
その認知度から当然ライバルは多数いますが、その分商品数も莫大なものがあります。

ですので、ヤフオクで仕入れられないといった事は絶対にないです。

もしあなたが全く仕入れられないのであれば、それはなにか原因があるハズです。

今回は、ヤフオクで仕入れを行う際のポイントをまとめさせていただきました。

では、さっそく始めていきましょう。

ヤフオク仕入れポイント①~リサーチの方向性を決める~

ヤフオクはその圧倒的で莫大な商品数が魅力のオークションサイトです。

ですので、どれだけライバルが居ようと利益を得られる商品は絶対にあります。
しかし、闇雲に探していても時間効率は悪いですし、なにより見つかる確率は低いです。

ですので、ある程度はリサーチの方向性を決めるべきです。

よくあるリサーチ方法としては、カテゴリを絞って【限定版】や【特別版】でリサーチする方法ですね。
これは主にゲームやCD・DVD等のメディア系で使われる手法です。

限定版や特別版は生産台数が少ないものも多いので、比較的相場が高い傾向にあります。
相場が高ければ価格差も付きやすいので、こういった商品を狙い撃ちするといった具合ですね。

ヤフオク仕入れのリサーチ方法~限定版や特別版を検索する~

次にカテゴリのみを絞ってリサーチする方法です。
これは上記リサーチ方法と内容は同じなのですが、限定版や特別版の無い主に家電製品で使う手法です。

ヤフオク仕入れリサーチ方法~カテゴリを絞る検索方法~

最後に、Amazonから商品の目星を付けて一つずつリサーチする方法です。
Amazonで販売する訳ですから、Amazonを基準に考えなければなりません。

そういう意味では、この手法が最も理に適った手法と言えます。

大まかに3つのリサーチ方法を挙げさせていただきました。
もちろんこれらのリサーチ方法だけでなく、ツールやソフト等を使用したものもありますが、これら3つだけでも充分仕入れることは可能です。

ヤフオク仕入れのリサーチ方法~Amazonから目星を付ける~

ヤフオク仕入れポイント②~落札相場を調べる~

ヤフオクでは過去120日間の落札額を調べる事が出来ます。
これにより、その商品は自身が想定している金額で落札できるか?という事がハッキリとわかります。

これはオークションならではですね。
例えば1円出品が多く出ているような商品に、仕入れ基準額目いっぱいまで入札したとしても落札できるとは限りません。

特にせどり初心者の方は、こういった入札できた事自体が満足感に繋がってしまい、実際に落札出来ていなくても『たくさん仕入れ出来た』と錯覚してしまいがちです。

過去に一度も仕入れ基準額で落札されていなければ、今後もほぼ同じです。
ですので、リサーチする商品が決まっているなら、落札相場を必ず調べてください。

自身の仕入れ基準で定めた価格以下で頻繁に落札されているようなら、それはお宝商品かもしれません。
そういった商品は別記事でも説明した様にリスト化を行い、リピート仕入れを行う事が大切です。

ヤフオクに限らず、リスト化によるリピート仕入れは電脳せどり最大の攻略ポイントです。

正直な話、リサーチ方法はなんでも構いません。
仕入れた商品をリスト化させる事が非常に大切なのです。

リスト化のススメ~利益を生み出すリピート仕入れとは~ 

2017.05.22

ヤフオク仕入れポイント➂~とにかく数をこなす~

最後は物量です。
リストを作成し作業を半自動化したとしても、入札や落札などは手動で行わなければなりません。

リスト化した商品を一つずつ、自身の仕入れ基準に基づいた金額目いっぱいまで入札してしまいましょう。

注意点として、回転率の悪い商品はその数に気を付けなければなりません。
むやみに出品されている全商品を落札してしまうと在庫過多になりかねません。

ですので、ここでも過去の落札額からどの程度の商品数が落札できるのか、という事の予想を立てておかなければならないのです。

特に仕入れ資金の少ない内での在庫過多は資金の圧迫になる他、値下がりのリスクもありますので充分に注意してください。

中古商品の回転率の予測~モノレートから読み取る~

2017.05.18

今回のまとめ

まずはジャンルとタイトルで商品を限定し、視覚的に見えやすくする。
次に過去の落札額から、仕入れ基準に基づいた金額で落札できるのかを調べる。
仕入れ可能であればリスト化を行い、そこからとにかく数をこなす。

最後は少し地道な作業となってしまいますが、慣れてくれば機械的に行えるのでそこまで苦になることはないかと思います。

後は基本的な事ですが、送料の確認等ですね。
ここをしっかりと計算に入れないと、想定していた利益を得る事が出来なくなってしまいます。

ヤフオク攻略にはとにかく商品リストです。
そのリストは作業の半自動化だけでなく、あなたの財産にもなります。

ですので、何か商品を仕入れた際は必ずリスト化を行ってください。

では、最後までご覧いただきありがとうございます。

 

ヤフオクで仕入れを行う為に~落札相場の話~

ヤフオク仕入れリサーチ方法~カテゴリを絞る検索方法~

ヤフオク仕入れのリサーチ方法~限定版や特別版を検索する~

ヤフオク仕入れのリサーチ方法~Amazonから目星を付ける~

ヤフオク仕入れ実践攻略~セット・まとめ売りを狙う~

スポンサードリンク

せどりに必須のツール、プライスターとは?

商品登録から価格調整、在庫管理までありとあらゆる事務業務を効率化。 月額4800円で全機能が使い放題!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です