せどりの基礎知識

メルカリ攻略!~返品・交換を防ぐために~【出品者視点】

メルカリにはノークレーム・ノーリターンと言った制度がありません。

 

ですので、

出品の際は常に返品・交換対応が来るかもしれない事を想定して出品しなければなりません。

 

いたずらでなければ、基本的に返品・交換対応は出品者側に非がある事が多いです。

では、出品する際にどの様な事に気を付けるべきなのかを書いていきます。

商品画像や説明文を見直す

出品者は購入者様からの返品・交換を常に考えて出品する必要があります。

その為、しっかりとした【予防線】を張っておく事が大切です。

 

返品・交換対応をさせない、あるいはさせにくくする為にはどうすればいいのか。

第一に商品画像や説明文をしっかり見直す・考える事が大切です。

 

中古商品であれば

  • しっかりとキズがある箇所を写せているか
  • 中古商品であることを明記しているか
  • キズがある事を分かった上で購入してくださいという旨を伝えているか

 

新品商品であれば

  • 箱などの傷を写せているか
  • 輸送時におけるスレ傷が付く可能性があることを明記しているか

という事が重要になります。

 

しっかりと出品の際に商品説明文に記載し、キズの写真を写しておく事で返品・交換の可能性はグッと下がります。

うまくキズを写せない場合でも、どの様な傷が、どの様な深さで、など細かく書いておきましょう。

 

梱包は万全か

壊れやすい物や精密機器などは特に、しっかりと梱包しないと商品破損の原因となってしまいます。

 

発送をする際、問題の無かった商品でも運送トラブルで破損してしまう事が稀にあります。

この場合本当に運送会社が悪いのか、出品者である自分が悪いのかの判断が非常に付きにくく、面倒な事になりかねません。

 

こちらがしっかりと梱包する事で、そのようなトラブルを未然に防ぐことが出来ます。

万が一運送トラブルと思われる事態になってしまった際の対応を書いておきます。

  • 商品が届かない(商品の紛失)

配送トラブルにより、商品を紛失してしまう事もあります。

まずは運送会社に連絡をしましょう。

 

住所を間違って伝えていたなど、こちらのミスである場合もあります。

定形外郵便など追跡サービスの付いていない発送方法で送ってしまうと、探す術もなくなります。

 

見つからなかった場合ですが、基本的に出品者負担となるケースがほとんどです。

ですので、追跡サービスのある発送方法を利用した方が良いでしょう。

  • 汚れ・破損

この場合もほぼ出品者負担になるケースが多いです。

ですので、梱包をしっかりと行いましょう。

 

最後に

今回は出品者側の返品・交換対応について説明しました。

上述していますが、メルカリではノークレーム・ノーリターンを禁止しています。

 

あまりにも返品・交換対応を拒否してしまうと運営からの注意、最終的にアカウント停止などの処置を取られる可能性があります。

ですので、返品・交換対応が来たら受けざるを得ない、というのが現状です。

 

返品・交換対応をさせない事が一番の対策です。

常に最悪のケースを想定した出品を心がけましょう。

 

では、最後までご覧いただきありがとうございました。

 

ABOUT ME
いなさん
いなさん
2016年2月にせどりビジネスを開始、3ヵ月で月商500万を達成。 その後は作業の効率化を追求し、2018年1月以降は従業員のみで月商1000万を達成。