電脳せどり

Amazon仕入れのリサーチ方法!考え方と手段の解説

今回はAmazon仕入れのリサーチ方法についてです。

『Amazonで販売するのに、Amazonで仕入れ?』なんて思う方も多いでしょう。
ですが、Amazonもヤフオクやメルカリと同じオンラインショッピングサイトです。

しっかりと使いこなすことが出来れば、他サイトと同じか、それ以上に仕入れる事が出来るのです。

では、さっそく始めていきましょう。

Amazon仕入れの考え方

基本的には他サイトと同じで、安く仕入れて高く売るといった事が考え方となります。
ですがAmazon仕入れの場合、一つ付け足して安く仕入れて適正価格で高く販売するという考え方になります。

これが、刈り取りという手法です。
せどりにおける刈り取りの多くは、Amazonでの仕入れを差していることが多いです。

ここでいう適正価格とは、その商品本来の相場価格ですね。
モノレートで色々な商品を見ていると、価格競争の末、徐々に価格が戻っていく商品が多数存在します。

赤〇部分で刈り取り後、販売。

そういった商品を値下がりきった時に仕入れる事が出来れば、美味しいと思いませんか?

これがAmazonでの仕入れにおける基本的な考え方です。

要は、値下げという需要を刈り取って、適正価格で供給するという事ですね。

なぜ価格競争が起きるのか

新品商品はAmazonのカートシステムの都合上、基本的に最安値を取らない事には売れていきません。

あわせて読みたい
Amazonショッピングカートボックスについて 売り上げアップに獲得は必須!今回はAmazonショッピングカートボックスについての解説です。 当ブログでも【カート】と略して度々登場していますが、よく考えたら...

中古商品も、基本的にはそのコンディションの最安値が売れていきます。

ですので、商品を販売したい出品者はカートを取得するため(最安値をとる為)に利益が出る範囲で、値下げを行います。

他の出品者も当然自身の商品を販売したいわけですから、それに対抗しようとしてきます。

 

基本的には全出品者が出来るだけ高く販売したいので、それだけでは価格崩壊は起きにくいです。
ですが例えば廉価版のようなものが生産されてしまうと、更に安く仕入れるせどらーもでてくるので大暴落する可能性が高いのです。

先に仕入れた方も価格が下がりきってしまう前に売り払おうという心理が働きます。
他にも、売れ残りと値下がりを見て焦って売りにいってしまう事も考えられますね。

こういったカートシステムや焦りの心理が、価格競争が起きる要因なのです。

刈り取りは中古商品も美味しい

中古商品というものは、以前にも説明した通りそのコンディション付けが非常に難しいです。

ガイドラインでも、傷や汚れの具合は曖昧な記載しかありません。
そして、コンデイションによっても相場が違ってきますね。

ですので、そこを狙います。

ガイドラインが曖昧という事は、必要以上に厳しくチェックしている出品者も居ます。
購入者様からしてみれば、非常にありがたい事なのですけどね。

そのような出品者は、例え付属品完品の比較的な綺麗な商品でも、【】【良い】で販売していることがあります。

こういった出品者の上位コンディションに需要がある商品、例えばカメラや美容家電なんかの【可】や【良い】は刈り取り対象になります。

勿論いざ注文して本当に傷や汚れが多ければ、ちゃんと下位コンディションで出品しなければなりませんが・・・。

中古商品の刈り取りは出品者の見極めが大切ですね。

中古商品の刈り取り~値下げ後を狙う~

中古商品も新品商品と同じく価格競争が起こります
先程も説明しましたが、基本的には最安しか売れていきませんからね。

そして、比較的一点ものが多い中古商品は、『それさえ売り切ってしまえば良い』という考えのせどらーもいます。

そうなると、多少無茶な価格競争にも食らいついていくのです。

そこで本来の適正相場価格よりかなり値下がっているのであれば、例えば【可】を【可】で販売するだけで利益が出ます。

それが上位コンディションに需要がありかつ綺麗な商品であれば、なお美味しいですね。

今回のまとめ

安く仕入れて適正価格で高く販売する事がAmazon仕入れの考え方。
その手段を刈り取りと言い、Amazon仕入れの代表的な手段です。

ヤフオクやメルカリも使いつつ、Amazonで刈り取りが出来るようになればかなり仕入れの幅が広がる事でしょう。

では、最後までご覧いただきありがとうございました。

 

Amazon仕入れリサーチ方法!新品商品の刈り取り狙い目と注意点
Amazon仕入れリサーチ方法!刈り取りの極意は中古商品にアリ!

ABOUT ME
いなさん
いなさん
2016年2月にせどりビジネスを開始、3ヵ月で月商500万を達成。 その後は作業の効率化を追求し、2018年1月以降は従業員のみで月商1000万を達成。