リサーチツール

店舗せどりに必須のスマホアプリ!アマコードの使い方を徹底解説

アマコードは店舗せどりを効率的に行うために使用するリサーチツールです。

店舗でAmazonとの価格差をチェックし、仕入れることが出来る商品を探しましょう。

 

今回は私も使用しているアマコードの使い方について解説していきたいと思います。

商品の検索方法について

まずは、商品検索方法について紹介したいと思います。

カメラを使用した商品検索方法の説明になります。

ビームを使用する場合は、Bluetoothで繋げたら読み込ませるだけでアマコードに表示されます。

 

まずアマコードを立ち上げ、【タップして読み取り開始】をタップします。

 

カメラが起動したら、商品のバーコードを読み取らせましょう。

読み取りが完了すると、カメラの下に読み取った商品画像が出ます。

 

表示される情報は

  • 商品画像
  • 商品名
  • 現在のカート価格
  • 新品の最安値
  • 中古の最安値
  • Keepaの売れ筋ランキンググラフ
  • 損益分岐額

です。

 

それぞれの価格の横(先ほどの画像の赤枠部分です)に表示されている【損益分岐額】ですが、

Amazon販売手数料を既に差し引いてある金額になっています。

 

この【損益分岐額】より安く仕入れることが出来れば、その差額が利益となります。

しかし、販売手数料が間違っている場合が稀にありますので、あくまで目安として使用しましょう。

 

FBAサービスを利用する場合は、FBA手数料を引かなければなりません。

 

次にKeepaの売れ筋ランキンググラフです。

このグラフ部分をタップすると

この様にKeepaに飛ぶことが出来ます。

売れている商品かどうかをぱっと見でチェックし、気になる商品はKeepaでもチェック出来る様になっています。

 

各種メニューの使い方

検索メニューについて

商品をタップするとこの様にメニューが開きます。

  • 仕入れ設定

仕入れ設定をタップするとこの様な画面が開きます。

ここで【仕入れ価格】【出品価格】を入力する事で【粗利益】を簡単に出してくれます。

さらにFBAサービスを利用する方は【FBA利用】をタップする事で手数料を計算してくれます。

 

  • 出品者詳細

出品者詳細(上記画像の新品(22件)中古(0件))をタップするとこの様な画面が開きます。

この画面は各出品者の販売価格を表示しています。

販売価格に対して損益分岐額が表示されているので、参考にしましょう。

 

  • サイトリンク

Amazon・モノレート・価格.com・オークファンへ飛ぶことが出来ます。

 

仕入れ出来そうな商品があれば、モノレートで詳細を確認。

Amazonで販売が出来ない商品は、オークファンでヤフオクの落札相場を見て利益が出るかどうかをチェックしましょう。

 

仕入れボックスについて

仕入れボックスは、仕入れたいと思った商品をここに入れることが出来ます。

 

商品を左にスライドする事で、この様な画面が開きます。

ここで仕入れをタップすると仕入れボックスに移動します。

 

キーワード検索について

キーワード検索では、バーコードの無い商品を検索することが出来ます。

ショーケースの中の商品など、商品名や型番を入力して使用します。

 

インストアコード

アマコードはブックオフやゲオの店舗独自のインストアコードを読み込むことが出来ます。

せどり対策も兼ねて、バーコードの上からインストアコードを貼っている店舗もありますので、そのような時に便利な機能です。

【インストアコード】をタップすると、読み込むようになります。

 

検索履歴

【商品】ボタンをタップすると検索履歴を見ることが出来ます。

検索履歴に商品が反映されない場合は、下にスクロールすると更新されます。

 

以上がアマコードを使用した仕入れで覚えておきたい機能です。

 

アマコードを使用しての仕入れまとめ

  1. 商品のバーコードを読み取ります
  2. 損益分岐点と仕入れ価格を見比べ、仕入れ設定を使用し利益額を算出します
  3. モノレートで商品詳細を確認します。

以上がアマコードの主な使い方です。

次はアマコードの設定方法に移ります。

 

アマコードの設定方法

基本設定について

次はアマコードの設定方法です。

設定する事で自分が使いやすい様にカスタマイズする事が可能となります。

 

まずは基本設定です。

  • 大口出品者・FBA使用

アマコードを利用する方のAmazonアカウント形態で、ON/OFFを設定してください。

この設定を使用する事で、【損益分岐額】にも反映されます。

他の3つは納品するときやしてみないと分からない事だと思いますので、基本設定はこの二つを設定するだけで大丈夫です。

詳しく把握したい方は予め金額を把握して置きましょう。

 

仕入れの設定について

仕入れ設定を行う事で、読み取った商品の想定販売価格と原価基準が表示されるようになります。

 

  • 比較対象・カート優先

商品を仕入れボックスに追加した際、比較対象を新品最安値か中古最安値を選ぶことが出来ます。

 

中古最安値はその名の通り、中古の最安が想定販売価格と表示されてしまうので、コンディションが違う場合は当てにせず、きちんと調べる方が賢明です。

 

カート優先の設定をONにすることで、新品のカート価格を優先的に比較対象とします。

新品仕入れ時はONにした方が良いでしょう。

 

  • 原価基準・原価基準値

原価基準は、利益率・利益額・仕入れ額固定の3種類から選ぶことが出来ます。

原価基準値は利益率なら〇%・利益額なら〇円・仕入れ額固定なら〇円と自分が基準にしている原価基準値を設定しましょう。

この設定をしている事で、バーコードを読み込んだ商品の仕入れ設定画面が少しだけ変わってきます。

 

その変化とは、仕入れ価格に原価基準値を反映してくれる所です。

この画像は原価基準値を設定していない場合の仕入れ設定画面です。

設定していないと【粗利益】0円。つまりプラスマイナス0円の仕入れ価格を表示してくれます。

 

この画像は原価基準値を【利益率・20%】で設定しています。

画像を見てもらえると、仕入れ価格と粗利益が変化していますね。

正確にはここに【在庫保管手数料】と、【発送重量手数料】が掛かってくる場合がありますので、あくまで目安として考える様にしてください。

 

この様に、自分の設定した原価基準での仕入れ価格を表示してくれるようになります。

 

バーコードリーダー設定について

  • 自動起動設定

ONにする事で、アマコードを起動した時に自動でカメラ機能が使用できます。

  • 簡易モード

ONにする事でアマゾンが商品を出品している時の、お知らせ表示がオフになります。

お知らせ表示がオフになる代わりに検索スピードが少しだけ向上します。

 

アプリケーション設定について

アプリケーション設定は、商品を検索した際のKeepaのグラフを変える事が出来たり、条件に合った商品を検索した際、お知らせをしてくれる機能です。

  • Keepaミニレビュー

商品を検索した際に見ることが出来るグラフを、ランキング・新品・中古・カートから選ぶことが出来ます。

さらに、表示期間も、1週間・1か月・3か月・1年から選べます。

あわせて読みたい
Keepa-Amazon Price Tracker(アマゾン プライス トラッカー)の使い方講座今回はKeepa-Amazon Price Tracker(通称:Keepa)の解説をしていきたいと思います。 このKeep...

 

  • アラート設定

これを設定した際、その条件に当てはまる商品を検索した時に、バイブか音声でお知らせしてくれます。

 

  • CSV文字コード設定

商品リストをパソコンに転送する際の文字コードを設定します。

 

  • MWS API設定

AmazonのAPI設定を行う事で、商品の読込のスピードが向上します

アマゾンの大口販売アカウントをお持ちの方は、MWSを必ず登録しておきましょう。

 

MWSとは?

AmazonマーケットプレイスWebサービスの事で、在庫管理や注文管理、レポートの管理などが出来る機能です。

 

サポートについて

あまり使う事はない部分だと思いますが、アプリに対しての要望などがある時はここからメッセージを送る事が出来ます。

 

最後に

今回はアマコードの使用方法について詳しく解説しました。

リサーチツールは、店舗せどりに必須ですので、使い方をマスターしておく事でより効率的に店舗せどりを行うことが出来ます。

 

欠点は、バーコードの読み取り速度ではせどりすとには敵わない所です。

ストレスを感じるほどではないですが、せどりすとと比べると遅く感じてしまいますね。

 

しかし、アマコードは機能面に不足も無く、

操作性も良いので店舗せどりが初めての方にもおススメできる優秀なリサーチツールだと感じています。

個人的には、アマコード一択といったところです。

 

メインとしてもサブとしても使えるツールですので、取り敢えずダウンロードしておきましょう。

リサーチツールはメンテナンスなどで、使える事も想定出来るので、

複数のリサーチツールをインストールしておきましょう。

 

アマコードのインストールはこちらから→アマコード公式サイト

 

他のリサーチツールも解説していますので、そちらも是非参考にして頂きながら、自分に合う物を探してみて下さい。

あわせて読みたい
店舗せどりで必須のスマホアプリ(リサーチツール) おススメの検索ツール紹介店舗せどりをする際、仕入先で価格を確認しますね。 今回は、私が使用しているリサーチツールと、その他おすすめのツールを紹介したいと思...

 

電脳せどりも知りたい方はこちらを

あわせて読みたい
電脳せどりとは?性質やメリット・デメリットの解説仕入れには【店舗せどり】と【電脳せどり】の2種類の方法があり、【電脳せどり】について解説していきます。 http://se...

 

ABOUT ME
いなさん
いなさん
2016年2月にせどりビジネスを開始、3ヵ月で月商500万を達成。 その後は作業の効率化を追求し、2018年1月以降は従業員のみで月商1000万を達成。