店舗せどり

店舗せどりとは?性質やメリット・デメリットの解説

2種類の仕入れ方法の一つ、店舗せどりについての解説です。

仕入れの幅が広がる!?電脳せどりと店舗せどり 二つの仕入れ方法!

 

こちらでも軽く説明しましたが、家電量販店などの直接出向き、仕入れを行う事を【店舗せどり】と言います。

 

電脳せどりに比べてイメージしやすいのではないでしょうか?

簡単に言ってしまえば、やることは目の前の商品をリサーチして安ければ仕入れる、ただこれだけです。

 

単純ながらもしっかりと性質やメリット・デメリットを理解し、正しい知識を身に着ける事が大切です。

では、さっそく始めていきましょう。

店舗せどりの性質と特徴

大きな特徴として、店舗で仕入れた商品は飽和しにくいといった点が挙げられます。

つまり、出品者激増による大幅な値崩れが起こりにくいという事ですね。

 

家電量販店なんかの大規模に行われる全国的なセールではそこまで実感できないかもしれませんが・・・。

 

電脳せどりでは一つの激安商品に全国のせどらーが集まってしまいます。

しかし店舗なら地元せどらー、良くて近隣県のせどらーしかライバルがいません。

 

ライバルが少ないという事は、飽和しにくい。

つまり、大幅な値崩れが起こりにくいのです。

ですので、全国的なセール以外ではそこまで値下がりを警戒しなくて良いです。

そういう意味では、全国のせどらーがライバルの電脳せどりより気軽に仕入れ出来るかと思います。

 

店舗せどりのメリットとは?

前項でも書きましたが、飽和しにくいというメリットがあります。

仕入れにおいて一番難しいポイントである、値下がり等を考慮した先を見越しての仕入れをそこまで意識する必要がありません。

 

純粋に、その時点で価格差があれば仕入れてしまえば良いのです。

 

特にせどり初心者の方には一番のメリットかもしれませんね。

余計な事を考えないで済むので、リサーチに集中出来ます。

 

もう一つ、タイムラグによる機会損失が無いといった点。

電脳せどり、特にヤフオクやメルカリなど個人で取引を行う場所では、仕入れから販売までどうしてもタイムラグが発生してしまいます。

 

商品を購入(仕入れ) → 入金確認 → 配送手続き → 受け取り → 販売

と、仕入れから販売まで早くて2~3日、遅くて1週間以上掛かってしまいます。

店舗せどりなら仕入れ後すぐに販売出来ますので、上記のようなタイムラグが発生しません。

 

販売していなかった数日で、もしかしたら商品が売れていたかもしれません。

酷い時は、大幅に値下がりしている事だってあります。

 

勿論たらればの話ですが、絶対にありえないとも言い切れません。

こういった販売機会の損失が無い事も、店舗せどりのメリットです。

 

後は主に中古商品ですが、商品を直接確認出来るというメリットがあります。

中古商品は販売時に4つのコンデションに分類しなければいけないので、ある程度状態を判別して仕入れなければなりません。

 

電脳せどりの場合、確認方法は商品画像と出品者様の説明のみです。

一方、店舗では実際に手に取って、目で見て確認する事ができます。

 

『思ったよりかなり汚れていた』なんて事が無くなります。

 

また、仮に返品・交換を受け付けてくれるにしても、やりとりや返送でこれまた大幅なタイムロスとなってしまいます。

新品商品でも初期不良や外箱潰れ・破れ等が無いとも言い切れません。

 

ですので、直接確認出来るという事は大きなメリットなのです。

他にも、細かなもので言えば店員さんと仲良くなって情報が貰えたり、値下げ交渉が出来る等がありますね。

在庫があれば、同じ商品を一気に複数爆買いするなんて事も出来ます。

 

店舗せどりのデメリットとは?

やはり、買えなかった時のリスクが大きいです。

 

自身の足を使って直接店舗に出向きますので、それなりに体力も使います。

真冬や真夏は正直しんどいです。

 

また、雨が降ってきたりしたら商品が濡れてしまうので、その点も気を使わなければなりません。

当然移動費も掛かりますので、なにも仕入れられなかった時に受けるダメージが半端ないです。

 

仮に少しは仕入れられたとしても、それに丸一日なんて掛かってしまっていたら精神的・肉体的ダメージは計り知れません。

ですが、最初の頃は誰しも必ず経験している事だと思いますので、無理しない程度に折れずに頑張っていただきたいです。

 

今では、久々の店舗せどりでも1日30万円以上(利益でしたら10万以上)は仕入れられますが、私も初めての店舗せどりは悲惨でしたよ(笑)

 

後は、これも特にせどり初心者の方にとってのデメリットなのですが、人目が気になるといった点があります。

自宅でPC画面に向かって一人で仕入れ出来る電脳とは違い、店舗では店員さん、お客様、他のせどらーが居ます。

 

そういった中でのリサーチはどうしても人目が気になりがちです。

世の中の転売に対する考え方も影響しているのでしょう。

 

キョロキョロすると逆に目立つので、最低限のマナーを心得た上で堂々としている方が良いです。

もし店員さんに声を掛けられたら、『ネットと価格を見比べていました』などと言っておけばOKです。

 

私自身、せどらーと疑われ声を掛けられた事はあまり無いので、そこまで気にする事でもないかもしれません。

ライバルせどらーにしても、気にする必要はありません。

 

初めての店舗仕入れは誰でも戸惑いますし、むしろ技術を盗んでやる!くらいの気持ちでいるくらいがちょうどいいですよ。

ですが、まだまだ世に受け入れられたビジネスでは無い事も事実ですので、堂々としつつもコソコソとリサーチしましょうね。

 

今回のまとめ

店舗せどりのメリットは・・・。

  • 電脳仕入れより飽和しにくい
  • タイムラグによる機会損失が無い
  • 商品を直接確認出来る
  • 在庫のまとめ買いや値下げ交渉が出来る

 

一方、デメリットとしては…

  • 買えなかった時のダメージが大きい
  • 人目が気になる
  • 交通費など経費が必要

 

デメリットはほとんど最初の内だけかと思います。

ですので、電脳せどり以上に”慣れ””経験”が必要ですね。

 

その方の事情によりますが、店舗せどりから始める事をわたしはおすすめします。

電脳せどりが悪いという訳ではなく、せどりというビジネスを肌で体感しやすいからです。

 

利益の出る商品を探し出せたときは、大きな喜びを感じる事が出来るでしょう。

次回は店舗せどりにおけるポイントについてです。

あわせて読みたい
店舗せどり実践ポイント!攻略するための3つのポイントとは? 今回は、実践的な解説をしていきたいと思います。 販売する商品を実店舗から仕入れるのが店舗せどりですね。 『とりあえず店舗...

 

電脳せどりに興味のある方はどうぞ!

あわせて読みたい
電脳せどりとは?性質やメリット・デメリットの解説仕入れには【店舗せどり】と【電脳せどり】の2種類の方法があり、【電脳せどり】について解説していきます。 http://se...
ABOUT ME
いなさん
いなさん
2016年2月にせどりビジネスを開始、3ヵ月で月商500万を達成。 その後は作業の効率化を追求し、2018年1月以降は従業員のみで月商1000万を達成。