リサーチツール

店舗せどりに必須のスマホアプリ!せどりすとの使い方について

店舗せどりを効率的に行うリサーチツール。
今回は、せどりすとの使い方を解説していきます。

せどりすとには、無料版・有料版がありますが、どちらも使い方は同じですので、せどりすとを使用する方は目を通してみて下さい。

商品の検索方法について

まずは商品の検索方法です。
カメラを使用した商品検索方法の説明になります。

まずせどりすとを立ち上げます。
立ち上げた画面は【検索リスト】という場所ですので、左上の【バーコード】をタップします。
すると、カメラ画面に移行するので、そのままバーコードを近づけるとスキャンしてくれます。
スキャンした商品情報は、カメラの下に表示されます。
商品情報は、商品画像・商品名・新品の最安値・売れ筋ランキング・粗利です。

商品を読み込んだら、【リストへ戻る】を押してください。
そうすると、最初の画面に戻ります。

検索メニューについて

リストから先ほど読み込んだ商品をタップすると、検索メニューが開きます。

  • 新品出品・中古出品

ここをタップすると、出品者一覧画面に移動します。
ここで最安以外の出品者の値段もチェックすることが出来ます。

  • サイトリンク

左から、モノレート・Amazon・プライスチェック(サービス終了済み)、へ飛ぶことが出来ます。

商品を読み込んだら、まずは読み込み画面で価格差をチェック。
価格差があればモノレートやAmazonに飛んで、仕入れるかどうかの判断をしましょう。

[blogcard url=”http://secondjob-newsletter.com/2017/05/10/monoreta-matome/” title=”せどりに必須!モノレートの使い方徹底解説” content=””]

キーワード検索について

キーワード検索はショーケースの中など、バーコードが読み取れない商品を検索するときに使用します。

【キーワード】をタップする事でキーワード検索に移動します。
上部に商品名や型番を入力する事で、その商品ならびに、関連商品が表示されます。

仕入れリストについて

仕入れる商品を仕入れリストに入れておく事で、仕入れ価格や出品予定価格をメモしておく事が出来ます。

仕入れリストに追加したい商品を左へスライドさせると【仕入リストへ】というボタンが出てくるので、タップすると仕入リストへ追加されます。

【→マーク】をタップする事で、仕入れ価格や出品予定価格を編集することが出来ます。
編集画面では、基準原価に対する想定粗利・粗利計算詳細・仕入れ原価の編集・出品予定価格の編集が行えます。

この【想定粗利】ですが、販売手数料が間違っている場合がありますので、あまり当てにせず、あくまで目安として使用する様にしましょう。

設定について

自分が使いやすい様にカスタマイズ出来る機能が豊富にあります。

  • アイテム判定条件

読み取った商品が設定した条件に見合っていると、知らせてくれるようになります。
粗利、順位(ランキング)を設定できるので、自分の基準に合った設定をしておきましょう。

  • アラート設定

アラートをどの様に表示するか、アラートを知らせる条件を決めることが出来ます。

【バックグラウンドカラー】
条件を満たしたら検索リストの背景が黄色になって表示されます。

【バイブレーション】
条件を満たしたらバイブで知らせてくれます。

【条件不成立アイテム縮小】
条件を満たしていないアイテムは小さく表示します

【アラート成立条件】
全条件を満たす・一つ以上の条件を満たす、から選べます。

条件は
この4つから選ぶ事が出来ます。

  • 粗利計算パラメータ

検索した商品の粗利金額を算出するための設定です。

自分のAmazon出品形態に合わせ記入していきましょう。

  • 仕入れ基準値原価設定

仕入れ基準値原価を設定する事で、粗利計算に組み入れることが出来ます。
原価基準は、利益率・利益額・想定原価・参考価格から計算、の4つから選ぶことが出来ます。
自分の仕入れ基準を明確にするためにも、入力しておきましょう。

  • アプリケーション設定

自身が使いやすい様にカスタマイズできる設定です。
上の3つは必要な機能ですので、ONにしておきましょう。
それ以外は自身の好みで編集して大丈夫です。

API情報

無料版のせどりすとはAPI情報を使用せずとも機能しますので、特に必要ありません。

最後に

今回はせどりすとの使い方について詳しく解説していきました。

無料版と有料版の違いは以下の通り。

  • ブックオフ、TSUTAYA、ゲオなどのインストアコードが読み取れる
  • アプリの安定化
  • 広告非表示
  • 読み上げ機能

無料版はアプリの安定性に欠けるところがあり、私が使用していた時は、急にアプリが落ちる・読み込まなくなる、などの不具合がありました。

ですので、メインで使用するなら有料版をおすすめします。

せどりすとは、バーコードの読み取り速度が非常に早い事が最大の特徴となっています。
有料版ですとアプリが安定するので、かなり優秀なツールと言えるでしょう。

メインでせどりすとを使用するなら有料版、サブで使用するなら無料版と、使い分ける方法が良いですよ。
メンテナンスなどで使えなくなることもありますので、複数のリサーチツールをインストールしておくと安心です。

他のリサーチツールも解説していますので、そちらも是非参考にして頂きながら、自分に合う物を探してみて下さい。


その他のリサーチツールはコチラ!

あわせて読みたい
店舗せどりで必須のスマホアプリ(リサーチツール) おススメの検索ツール紹介店舗せどりをする際、仕入先で価格を確認しますね。 今回は、私が使用しているリサーチツールと、その他おすすめのツールを紹介したいと思...

せどりすとのインストールはこちら→せどりすとAppstore

 

ABOUT ME
いなさん
いなさん
2016年2月にせどりビジネスを開始、3ヵ月で月商500万を達成。 その後は作業の効率化を追求し、2018年1月以降は従業員のみで月商1000万を達成。