リサーチツール

店舗せどりに必須のスマホアプリ!せどりすとの使い方について

更新日:

店舗せどりを効率的に行うリサーチツール。
今回は、せどりすとの使い方を解説していきます。

せどりすとには、無料版・有料版がありますが、どちらも使い方は同じですので、せどりすとを使用する方は目を通してみて下さい。

商品の検索方法について

まずは商品の検索方法です。
カメラを使用した商品検索方法の説明になります。

まずせどりすとを立ち上げます。
立ち上げた画面は【検索リスト】という場所ですので、左上の【バーコード】をタップします。
すると、カメラ画面に移行するので、そのままバーコードを近づけるとスキャンしてくれます。
スキャンした商品情報は、カメラの下に表示されます。
商品情報は、商品画像・商品名・新品の最安値・売れ筋ランキング・粗利です。

商品を読み込んだら、【リストへ戻る】を押してください。
そうすると、最初の画面に戻ります。

検索メニューについて

リストから先ほど読み込んだ商品をタップすると、検索メニューが開きます。

  • 新品出品・中古出品

ここをタップすると、出品者一覧画面に移動します。
ここで最安以外の出品者の値段もチェックすることが出来ます。

  • サイトリンク

左から、モノレート・Amazon・プライスチェック(サービス終了済み)、へ飛ぶことが出来ます。

商品を読み込んだら、まずは読み込み画面で価格差をチェック。
価格差があればモノレートやAmazonに飛んで、仕入れるかどうかの判断をしましょう。

キーワード検索について

キーワード検索はショーケースの中など、バーコードが読み取れない商品を検索するときに使用します。

【キーワード】をタップする事でキーワード検索に移動します。
上部に商品名や型番を入力する事で、その商品ならびに、関連商品が表示されます。

仕入れリストについて

仕入れる商品を仕入れリストに入れておく事で、仕入れ価格や出品予定価格をメモしておく事が出来ます。

仕入れリストに追加したい商品を左へスライドさせると【仕入リストへ】というボタンが出てくるので、タップすると仕入リストへ追加されます。

【→マーク】をタップする事で、仕入れ価格や出品予定価格を編集することが出来ます。
編集画面では、基準原価に対する想定粗利・粗利計算詳細・仕入れ原価の編集・出品予定価格の編集が行えます。

この【想定粗利】ですが、販売手数料が間違っている場合がありますので、あまり当てにせず、あくまで目安として使用する様にしましょう。

設定について

自分が使いやすい様にカスタマイズ出来る機能が豊富にあります。

  • アイテム判定条件

読み取った商品が設定した条件に見合っていると、知らせてくれるようになります。
粗利、順位(ランキング)を設定できるので、自分の基準に合った設定をしておきましょう。

  • アラート設定

アラートをどの様に表示するか、アラートを知らせる条件を決めることが出来ます。

【バックグラウンドカラー】
条件を満たしたら検索リストの背景が黄色になって表示されます。

【バイブレーション】
条件を満たしたらバイブで知らせてくれます。

【条件不成立アイテム縮小】
条件を満たしていないアイテムは小さく表示します

【アラート成立条件】
全条件を満たす・一つ以上の条件を満たす、から選べます。

条件は
この4つから選ぶ事が出来ます。

  • 粗利計算パラメータ

検索した商品の粗利金額を算出するための設定です。

自分のAmazon出品形態に合わせ記入していきましょう。

  • 仕入れ基準値原価設定

仕入れ基準値原価を設定する事で、粗利計算に組み入れることが出来ます。
原価基準は、利益率・利益額・想定原価・参考価格から計算、の4つから選ぶことが出来ます。
自分の仕入れ基準を明確にするためにも、入力しておきましょう。

  • アプリケーション設定

自身が使いやすい様にカスタマイズできる設定です。
上の3つは必要な機能ですので、ONにしておきましょう。
それ以外は自身の好みで編集して大丈夫です。

API情報

無料版のせどりすとはAPI情報を使用せずとも機能しますので、特に必要ありません。

最後に

今回はせどりすとの使い方について詳しく解説していきました。

無料版と有料版の違いは以下の通り。

  • ブックオフ、TSUTAYA、ゲオなどのインストアコードが読み取れる
  • アプリの安定化
  • 広告非表示
  • 読み上げ機能

無料版はアプリの安定性に欠けるところがあり、私が使用していた時は、急にアプリが落ちる・読み込まなくなる、などの不具合がありました。

ですので、メインで使用するなら有料版をおすすめします。

せどりすとは、バーコードの読み取り速度が非常に早い事が最大の特徴となっています。
有料版ですとアプリが安定するので、かなり優秀なツールと言えるでしょう。

メインでせどりすとを使用するなら有料版、サブで使用するなら無料版と、使い分ける方法が良いですよ。
メンテナンスなどで使えなくなることもありますので、複数のリサーチツールをインストールしておくと安心です。

他のリサーチツールも解説していますので、そちらも是非参考にして頂きながら、自分に合う物を探してみて下さい。


その他のリサーチツールはコチラ!

店舗せどりで必須のスマホアプリ(リサーチツール) おススメの検索ツール紹介

店舗せどりをする際、仕入先で価格を確認しますね。 今回は、私が使用しているリサーチツールと、その他おすすめのツールを紹介したいと思います。 リサーチツールは、バーコードを打つだけで商品の価格や他の出品 ...

続きを見る

せどりすとのインストールはこちら→せどりすとAppstore

 

ブログ村に参加しております。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログへにほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

 


 

限定公開記事、始めました興味のある方はこちらをご確認ください

→ http://secondjob-newsletter.com/genteikizi/

sponsordrink

おススメ厳選記事

1

今回は、当ブログにてより深い内容の記事を皆様に見ていただく為に、 パス付き、限定記事を作らせていただきました。 目次1 なぜ、全体公開ではないのか?2 限定記事の内容3 パスの取得方法 なぜ、全体公開 ...

2

せどりには【予約転売】と呼ばれる手法があり、発売前の商品でも問題なく出品する事が可能です。(※例外アリ)   しかしこの予約転売という手法は、実際のところせどらーの間でも意見が分かれています ...

3

せどりを行うにあたり絶対に必須な物から、あると便利なアイテムまで全ての準備物をここにまとめました。 一度用意すれば長期間使える物もあれば、検品に使うような消耗品まで全てです。 タイトルには「最速で稼ぎ ...

4

出品や価格変更をサポートしてくれるツール、Amazonでのランキングや価格推移が一目で分かるツールなど、 せどりのツールには様々な種類があります。 せどりというビジネスで利益を継続的に伸ばしていくには ...

5

今回はリスト化の解説です。 正しくは【商品や出品者のリスト作成】ですね。 仕入れた商品・仕入れたショップや出品者を一度限りで終わらせるのは非常に勿体ないです。 極端な話、必ず売れる前提なら同じ商品を1 ...

6

せどりの様な在庫を持つビジネスにおいて、売れ残った在庫(不良在庫)をどの様に扱うかという事は、避けられないポイントとなってきます。 売れる事を想定して仕入れるのはもちろんなのですが、様々な事情で不良在 ...

7

当ブログでも【利益】【キャッシュフロー】という言葉を使っていますが、その違いとは何なのでしょうか。 こちらをしっかり理解する事で、今自分がどの様な仕入れを行なえばいいのか。 またはどの様な商品は仕入れ ...

-リサーチツール
-

Copyright© せどり速報! , 2017 All Rights Reserved.