仕入れ基準について~ランキングの解説と考え方~

今回は仕入れ基準の回転率に関係する、Amazonの商品ランキングのお話です。

仕入れ基準について の記事でもお話しましたが、特に初心者の方に意識してほしい事が商品の回転率です。

モノレートを読み取れば、商品がどれくらいの期間で売れていくのか大まかに予測出来ます。
ですがモノレートを読み取るといっても、初心者の方でしたら更に明確な数値の基準が欲しいですよね?

そこで、商品ジャンル別でこれくらいのランキングなら仕入れ対象になる!という基準を作成しました。
必ず自身で深い分析を行ってほしいですが、この基準を覚えておけば条件反射的にそれ以上のリサーチが必要かどうか、判断が出来るので非常に便利です。

では、さっそく始めていきましょう。

商品ジャンル別ランキング基準

【ゲーム】10,000位以内

【CD・DVD】50,000位以内

【本】200,000位以内

【家電・カメラ】30,000位以内

【ホーム&キッチン】30,000位以内

【パソコン・周辺機器】20,000位以内

初心者でも簡単に取り扱えるジャンルを中心にピックアップしました。
3ヶ月の平均が上記ランキング内に収まっていれば、1ヶ月~3ヶ月以内に売れていく見込みが高いと思われる順位を設定しました。

詳しいデータを取った訳でもなく、あくまでわたしの経験則ですが概ね間違っていないと思っています。

上記のランキング基準を覚えておけば、リサーチも効率的に行えると思いますよ。

ランキングの注意点

Amazonのランキングシステムでは、その時のランキングが悪ければ悪い程、一度売れただけでランキングが跳ね上がります。

現在のランキングは4769位
3ヶ月の平均は9319位

上の画像はリアルタイムのランキングとなっており4769位と悪くないランキングですが、3ヶ月の平均は9319位と基準ギリギリです。

ですので、リアルタイムのランキングが良いからと言って迂闊に仕入れる事はやめましょう。

あくまでも平均ランキングを参考に、そこから仕入れるかどうかの判断をしていくように心掛けて下さい。

逆にリアルタイムは悪くても3ヶ月平均ランキングが高い商品なんかもありますね。

たまたまその時に売れ行きが悪いといった事も当然ありますので、リアルタイムのランキングは上記表より多少悪くてもチェックするようにした方が良いです。

せっかく仕入れられそうな商品を切ってしまっては勿体ないですからね。

今回紹介したランキング基準を仕入れ基準にするのではなく、あくまで目安で考える事をおすすめします。

今回のまとめ

ランキングの数値基準はあくまで目安程度です。
出品者の増減や価格推移、中古商品であれば同コンデション内のライバルの数によって売れ行きは大きく変わってきます。

ですのでリサーチ時にまずはランキングを見て、そこでまず第一判断を下せる材料としてお考えください。

ですが上記ランキングをしっかりと守って、相場を読み違えなければ高い確率で1ヶ月~3ヶ月以内に売れていくかと思います。

最後は”運”の部分も少なからずありますので難しい所ではありますが、まずは上のランキング基準を目安にリサーチすると良いかと思います。


回転率と利益、どちらが大事?

【せどり初心者】利益VS回転率!重視するならどちらが良いか?

2017.05.09

せどりのお金の増え方を知りたい方はコチラ!

せどりにおけるお金の増え方とは~半年間で約〇倍まで膨らむ~

2017.07.08

スポンサードリンク

せどりに必須のツール、プライスターとは?

商品登録から価格調整、在庫管理までありとあらゆる事務業務を効率化。 月額4800円で全機能が使い放題!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です