仕入れの基礎知識

せどり初心者必見!初心者が取り扱うべき商品ジャンルとは?その②~ゲームジャンル・ソフト編~

初心者が取り扱うべき商品ジャンルその②。
今回からはゲームジャンルの解説です。

一口にゲームジャンルと言っても、ゲームソフト・ゲーム機本体・コントローラーの周辺機器など様々な商品があります。
ゲームせどりをする上では、どれも外せませんね。

ゲーム好きな方なら、多少の知識をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

そんなゲームジャンルですが、まずはゲームソフトについて解説していきます。

では、さっそく始めていきましょう。

ゲームジャンルの解説~ゲームソフトの特徴とメリット~

せどりにおけるゲームソフトの大きな特徴と言えば、【地道にコツコツと】です。

人によってはプレ値のソフトで一撃必殺!、みたいなイメージもあるかもしれませんが基本は500円~数千円の利益でコツコツと積み重ねていくものです。

後は【リスト化しやすい】というのもメリットですね。

本やCDに比べて商品数が圧倒的に少ないですし、パッケージや名前も特徴的で覚えやすいので非常にリストアップしやすいです。

リスト化についてはコチラ→リスト化のススメ~利益を生み出すリピート仕入れとは~ 

また、ゲームソフトの場合はシリーズ通して高値の商品が多いので、そういう意味でリサーチもしやすいですね。

もちろん商品にもよりますが、ゲームソフトは古い商品でも比較的需要が高く、回転率も良いので資金的にもそれほど圧迫しません。

2004年発売のPS2専用ソフト テニスの王子様 最強チームを結成せよ!
2010年発売の3DS専用ソフト テニスの王子様 もっと学園祭の王子様

古いソフトでありながらそこそこのランキングと『テニスの王子様』シリーズのソフトは共通して高い商品である事がわかります。

他にも、商品サイズが小さいのでかさばらないといった事も十分メリットであると言えますね。
通常版なら付属品と言えば説明書くらいしかないので、検品も非常に楽です。

FBA納品時も本と違い包装などをしなくて良いので、お手軽ですね。

ゲームジャンルの解説~ゲームソフトの手数料やデメリットについて~

ゲームソフトの販売手数料は15%です。
本とは違い、カテゴリ成約料なるものは発生しません。

デメリットと言えば、薄利になりやすく、仕入れ単価が少し高いといった点ですね。
実際にはそこまで高くないですが、やはり仕入れ資金が乏しかったり本など低単価商品と比べれば少し高いといった印象です。

手数料が15%と高いせいでもありますが、最近の店舗はネット価格を意識している所が多いです。

ですので、ゲームソフトは基本的に薄利多売となりやすいですね。

仕入れ単価も利益を考えると数千円以上のソフトがメインとなってきますので、初期資金が数万円しか用意できないと正直少し厳しいかと思います。

本ほど誰でも手軽に始められるジャンルではないですが、それでもやはり取り扱いのしやすさと回転率の良さで、初心者にオススメのジャンルと言えますね。

今回のまとめ

古いソフトでも需要が高い商品が多く、回転率も良いので資金繰りの面で非常に優秀なジャンルである。

薄利多売で仕入れ単価が高くなりやすので、ある程度の初期資金が必要である。

 

最初の項でも触れましたが、やはりゲームソフトは【地道にコツコツと】が成功の秘訣です。

中には20,000円を超えるようなソフトもありますが、ゲームソフトのプレ値商品はせどらーでなくとも相場を把握している方が非常に多いです。
手数料15%まで計算に入れると、なかなか仕入れ出来る商品は少ないと思います。

ですので、ゲームソフトは薄利多売でコツコツと。
回転率で押していくといったスタイルですね。

一つ書き忘れたのですが、ゲームソフトの通常版は上位コンディションにそれほど需要はないです。
経験則ですが、特に出品者が多い商品ですと【非常に良い】や【ほぼ新品】は非常に売れ行きが悪くなる印象ですね。

次回はゲーム機本体の解説です。
せどりの中でもかなり美味しいものとなっていますので、ぜひご覧ください。

あわせて読みたい
せどり初心者必見!初心者が取り扱うべき商品ジャンルとは?その②~ゲームジャンル・ゲーム機本体編~ 前回のゲームソフトに続き、ゲームジャンルの話ですね。 今回はゲーム機本体の解説です。 資金に余裕さえあれば、せどりの中で...

前→せどり初心者必見!初心者が取り扱う商品ジャンルとは?その①~中古本の解説~

ABOUT ME
いなさん
いなさん
2016年2月にせどりビジネスを開始、3ヵ月で月商500万を達成。 その後は作業の効率化を追求し、2018年1月以降は従業員のみで月商1000万を達成。