ショップ別仕入れテクニック

店舗せどり解説!ブックオフで仕入れる際のポイント!

せどりと言えば本。本と言えばブックオフ。
店舗仕入れの主力として、とても使えるお店の一つがブックオフです。

場所によってはビーム禁止(バーコードリーダー)せどらーお断りの店舗もあるようですが、まだまだ使えるお店である事は間違いありません。

今回はそんなブックオフ攻略のポイントを解説していきます。

では、さっそく始めていきましょう。

リサーチの方向性を決める

ブックオフと言っても、ご存知の通り本だけ売っている訳ではありませんね。
本・CD・DVD・ゲームなどのメディア系から、おもちゃ・家電・洋服・金属など店舗によって様々な商品を取り扱っています。

どれを狙えば良い?と言われると私も答えに困ってしまうのですが・・・。
仕入れ資金と相談してから決めてください。

そこまで仕入れ資金に余裕がないのであれば、本・CD・DVD・安めのゲームソフトや周辺機器ですかね。
多少の余裕があるのであれば、DVD・ゲームジャンル全部・家電とリサーチしていくと良いかと思います。

本やCDは利益率自体は高いですが、単価が安いものが多いので利益額が安いです。
ゲームジャンルや家電は比較的単価が高いので、利益額もそれなりのものとなります。

後はお店単位の癖ですね。
ブックオフに限った話ではないのですが、チェーン店などでも大まかな値付けの基準があるでしょうが、お店によって結構バラバラな印象です。

同じブックオフでも、例えばA店は古いゲームの値付けが甘い、B店は家電が甘いなど様々です。

狙う商品ジャンルの値付けが厳しいお店にはそもそも行かないという選択も出来ます。

初めの内から店舗の”見切り”はあまり行うべきではないですが、癖を見抜けるようになったら効率の意味でも”行かない”という選択をする事も大切です。

FC店と直営店の違いについて

一口にブックオフと言っても、ブックオフ本部が営業している直営店とFC(フランチャイズ)加盟店の2種類があります。
フランチャイズとは、他の会社などがブックオフの看板を借りて営業している形態の店舗ですね。

せどりになにも関係なさそうな話ですが、実は大アリです。

FC加盟店のブックオフでは直営店に比べて圧倒的にセール開催が多いです。
全店一斉セールの他にも、FC加盟店では店舗独自のセールシークレットセールを行っています。

店舗独自のセールですので、ライバルも少なく仕入れもしやすいですし価格競争による飽和も起きにくいです。
FC加盟店のセール情報、特にシークレットセール情報を得るには、そこに何度も出向くしかありません。

まずは近くのブックオフが直営なのかFC加盟店なのかを調べておきましょう。

~直営店か加盟店の調べ方~

方法は2種類あります。

一つ目は看板の矢印の向きです。
矢印の先が青色なら直営店赤色ならFC加盟店です。

もう一つは公式サイトのURLですね。
https://www.bookoff.co.jp/shop/shop20276.html←直営店
https://www.bookoff.co.jp/shop/shop10573.html←FC加盟店

太字の数字部分が【2】から始まるのは直営店【1】から始まるのはFC加盟店です。


所謂お店の癖というのも、こういったFC加盟店の影響で発生しているのです。

どのような商品を狙えば良いのか

狙うジャンルを決めたところで、例えば本やCD・DVDなんかは莫大な商品数がありますね。

棚を丸ごと全部リサーチしていっても良いですが、時間効率が恐ろしく悪いです。
ですので、そこから更に絞る必要があります。

一番良い事は当然目利きです。
普段のリサーチから得た情報で、目利きである程度リサーチすべき商品を絞っていくと良いですね。

本であれば、狙い目のジャンルがあります。
・趣味、資格
・健康、家庭医学
・ビジネス書全般
・株、経済
・政治、法律
・医学、看護
・歴史、戦争
・心理学
・宗教
・占い etc

比較的販売単価の高いジャンルで、1円本も少ないので効率的にリサーチする事が出来ます。

他にも、値引き札やシールを参考にしていくと良いですよ。

先日ブックオフで見つけた商品ですが、元値5,950円が「盤面キズ有」という事情で表示価格より1,000円値引きされています。
商品によっては50円程度の値引きのものもありますが、画像の様に大幅な値引き商品もありますね。

こちらは50%OFFシールです。
他にも20%OFFシールも存在し、比較的仕入れやすいですね。

目利きがそれほど出来ないうちは値引き札やシールをメインにリサーチしていくと良いかと思います。

家電なんかは商品数もそこまで多くないので、全頭してもそれほど時間は掛からないでしょう。
ですがもし絞りたいのであれば、季節にあった家電からリサーチしていくと良いですね。
夏は冷房機器や除湿器など、冬は暖房機器や加湿器などその季節に需要の高まる商品からリサーチしていきます。

そして付属品に欠品のある、もしくは本体のみの家電はスルーする等・・・。

商品数が少ないなら全頭すべきですが、それでも時間があまりないという方は上記を参考にリサーチしてみてください。

ワゴンやショーケース品も忘れずに

画像のようなワゴン品もリサーチ対象です。
ですが、正直1円商品ばかりです。

話題になっているようなトレンド商品で、目星の付いているものがあれば探す。
もしくは目利きでとれる商品のみで充分でしょう。

ブックオフなどの中古ショップでは、このような形のワゴン品より乱雑に扱われている”カゴ商品”がおすすめです。

よくゲームの周辺機器などが画像のように乱雑に扱われています。
こういったところに、意外とお宝商品が多いです。

こちらもある程度の目利き力が必要かと思いますが、中には超高利益率の商品もあったりしますので絶対にリサーチすべきですね。

ショーケース品は、比較的高単価の電子機器が多いです。
仕入れ資金の乏しい内はスルーしてしまっても良いですが、ゲーム機本体やカメラ・スマートフォンなどAmazon販売手数料8%の商品の多くがショーケース内にあります。

バーコードが読み取れないので型番や名称でリサーチしなければならず、少し面倒ですがこちらも出来るだけリサーチしたいところです。

単価が高いので、仕入れ時は必ず状態の確認をさせてもらってくださいね。
また、型番などの打ち間違えによるリサーチミスにも注意してください。

最後に

ブックオフはもう仕入れに使えないなんて話も聞いた事がありますが、私自身はそのように感じた事は一度もありません。
もちろん地域差はあるでしょうが、少なくともまだまだ余裕で仕入れの出来る美味しい店舗であると思っています。

もし仮に仕入れられないのであれば、今回お伝えしたポイントを意識してみると良いかと思います。

また当たり前過ぎて書くのを忘れてしまったのですが、もしなにかのセール中なのであればセール対象商品からリサーチしていってくださいね。

ブックオフに限らず店舗せどりの基本なので、そちらもお忘れなく。

リサイクルショップは店舗せどりに欠かせない存在です。

ブックオフの他にも数店舗攻略記事を用意していますので、そちらもご覧ください。

あわせて読みたい
店舗せどり解説!万代書店で仕入れる際のポイント! 今回はリサイクルショップで有名な万代書店せどりの解説です。 書店と言いつつも、リサイクルショップであるのでなんでも置いてあ...

前→店舗せどり実践ポイント!攻略するための3つのポイントとは?

ABOUT ME
いなさん
いなさん
2016年2月にせどりビジネスを開始、3ヵ月で月商500万を達成。 その後は作業の効率化を追求し、2018年1月以降は従業員のみで月商1000万を達成。