せどりの基礎知識 厳選記事

不良在庫の扱いについて~機会損失まで考えた損切りとは~

更新日:

せどりの様な在庫を持つビジネスにおいて、売れ残った在庫(不良在庫)をどの様に扱うかという事は、避けられないポイントとなってきます。

売れる事を想定して仕入れるのはもちろんなのですが、様々な事情で不良在庫になってしまう事も当然あります。

これはせどり初心者に限らず、全てのせどらーに必ず当てはまります。
不良在庫のないせどらーは存在しませんので、不良在庫は恥でもなんでもありません。

今回は不良在庫になってしまった商品をどのように扱えば良いか。
そして、機会損失まで考えた損切りについて解説していきたいと思います。

では、さっそく始めていきましょう。

不良在庫の扱いについて

不良在庫の定義は?と言われると少し難しいのですが、【多少なりとも利益を出していようが全く売れる見込みの無い在庫】を不良在庫と私は考えます。

仮にそれが赤字でなくとも、売れなければ不良在庫です。
商品は売れて初めて利益を生み出すものですから、そういう意味で考えています。

元々のランキングが悪すぎる商品は少し扱いが変わってきますが、どちらにせよ売れる見込みの無い商品はなんとかして対処しなければなりません。

対処法としては2つあります。
値上がりを見越して寝かせるか損切りするかです。

一つずつ解説していきます。

不良在庫の捌き方~値上がりを見越して寝かせる~

売れる見込みの無い理由の多くが、相場とかけ離れた価格設定にあります。
仕入れた時は利益が出たのに、価格競争によって大幅な値下がり見せるなんてことは珍しくありません。

そのまま値下げについていき売ってしまっても良いですが、値上がりを見越して寝かせるという事も大事です。

値上がりを見越すという言い方よりも、価格競争によって安くなり過ぎた価格が適正相場に戻るかを判断する、と言った方が適切かもしれません。

そんな判断の手助けになる方法を一つご紹介します。

 

それは、価格.comでネット全体の相場を調べる方法です。
別に価格.comでなくとも良いのですが、価格比較サイトで最も大手かと思われるのでコチラをよく利用しています。

値下がった商品を検索して、もし仮に他ネットショップもAmazonとそれほど変わらない価格になっているのであれば、すぐに値上がる見込みはそれほどないでしょう。

Amazonのみ、明らかに安すぎる場合はその逆です。

勿論需要がある商品前提ですが、Amazonのみ安い場合は多くの購入者様がAmazonに集中しますので、供給が追い付きません。

ですので安い商品からどんどん無くなっていき、次第に他ネットショップとそれほど変わらない価格まで戻っていくのです。

これと併せて再販や生産終了、量販店のセール情報等を加味していけば、おのずと寝かせる商品が分かってくるかと思います。

 

ちなみに、情報が著しく乏しく判断がつかない場合には、【保留】という手段もあります。
ですが、最初こそあまり保留すべきではないと私は思います。

初心者の方ですと、選択肢が増えると迷いが生じて楽な保留という手段に逃げやすいです。
そうなってくると商品管理も大変ですし、そもそも成長の妨げになります。

よっぽどの商品で無い限り、切るか寝かせの判断を下していった方が良いですね。

不良在庫の捌き方~損切りについて~

まず始めに、モノレートの読み間違いなどで仕入れてしまった商品、所謂”ミス仕入れ”により生まれた商品は諦めて赤字覚悟で売ってしまいましょう。

在庫として商品を抱えている状態は、財産としての価値はありますが直接的な資金にはなりません。

その在庫を抱える事で資金を圧迫するなら絶対に売り払ってしまった方がお得です。

 

せどり世界で”損切り”というと、二つの意味があるかと思います。

①、それ以上損しないために、赤字でも売ってしまう。
②、寝かせ商品を抱えて資金を圧迫し、他商品の仕入れ機会を逃すくらいなら売ってしまう。

①はそこまで難しくないです。
前項における”寝かせ””保留”に該当しなかった商品は、それ以上の値下がりでの損を避ける為に、赤字だろうが売ってしまうという事ですね。

次に②について。
これは少し難しいのですが、【機会損失まで考えた損切り】という事になります。

物販ビジネスであるせどりは、商品を仕入れて販売しなけれな利益を得る事が出来ません。
また、どんなせどらーであっても仕入れ資金には限度があります。

仮に、あなたに200万円の仕入れ資金があるとしましょう。
そして、こちらの商品を発売日に40個仕入れたとします。
2016年7月7日に発売された、Wii U スプラトゥーン セットです。
こちらは定価約40,000円なので、40個で160万円になりますね。

Wii Uはその生産台数の少なさから、かなり高騰する商品で有名でした。
前作のスプラトゥーンセットも70,000円近くまで高騰していたので、コチラを大量仕入れしたとしましょう。

しかし蓋を開けてみると、Amazonの在庫が中々切れず発売日から現在まで定価すら超えた事がありません。

Wii Uは既に全ての本体セットの生産を終了しているので、寝かせれば必ず利益は出る事でしょう。
しかし、それがいつになるかは現在のところ見通しすら立っていません。

この商品を寝かせ続ける限り、200万円−160万円=40万円の仕入れ資金でまわしていかなければなりません。

実際、こうなってしまうとかなりキツイです。

現在の36,000円で全て販売した状態Aと、寝かせて40万円の資金でまわしていく状態Bとでシミュレートしてみましょう。

 


まず、Aの仕入れ資金を整理しましょう。

40,000円仕入れのスプラトゥーンセットを36,000円で全て売り切ると・・・。
一台当たり、-7200円の赤字ですので40台販売すると約130万円になります。

こちらと残りの40万円を合わせて、Aの仕入れ資金は約170万円になりますね。
ここから損切りの重要性を出来るだけ分かりやすくお伝えするために、2つ条件を提示しておきます。

1つは入れた商品が一ヶ月で完全に売り切れる事。
在庫を持つ物販ビジネスであるせどりで、一ヶ月で仕入れた商品が売り切れるといった事は不可能です。
当然在庫も資産として換算しますが、実際のキャッシュ(現金)として全て返ってくるには相当な時間が掛かります。

在庫という見込み益を計算に入れるとかなり複雑になるので、こちらの条件を付けます。

もう一つは条件1で得られた資金を全て仕入れに回す事。
生活する為にはお金が必要ですし、何かと固定コストが掛かってきます。

実際に一ヶ月で100万円が120万円になったとしても、生活費で30万円使用するなら次の仕入れ使えるのは90万円です。

こちらも計算に入れると複雑になってしまうので、条件として付けさせていただきます。

この2つ条件の元、計算していきます。

 

仮に月間平均利益率25%として、Aが余裕を持って100万円、Bが40万円全ての資金を毎月仕入れに使っていく場合・・・。

条件1の元、一ヶ月後にはAが125万円、Bが50万円になりますね。

さらに条件2の元、出た利益をそのまま全て仕入れ資金に回し続け、1年間運用すると・・・。

Aは約1450万円になるのに対し、Bは約582万円約2.4倍の開きになってしまいます。

仮にスプラトゥーンセットが70,000円まで値上がりした場合でも、一台当たり約24,000円の利益しか出ませんので40台販売したところで96万円の上乗せにしかなりません。

値上がって販売した分を差し引いたとしても、Aの金額には遠く及びませんね。
また、スタートの段階でも資金に余裕を持たせたAの方が有利です。

勿論、上記金額は条件付きの机上の空論であります。
ですが条件を外してせどりを行った場合でも、似たような開きの結果となる事でしょう。


 

なぜこのような事になってしまうのか。
それは、仕入れ機会を損失しているからに他なりません。

毎月100万円分、売れる商品を仕入れる技術があったとしても、肝心の仕入れ資金が40万円しかなければ40万円分しか仕入れる事が出来ません。

自身の仕入れ技術と資金の上限を考え、長い目で見た利益を考える事が、【機会損失まで考えた損切り】なのです。

今回のまとめ

不良在庫になってしまった商品は、様々な情報から値上がりを見越して寝かせるか損切りするからの判断が必要。

寝かせ商品で将来的には確実に利益が生まれるものであっても、自身の技量と資金との相談により機会損失まで考えた損切りが必要となる。
理想を言えば、当然不良在庫は持たない方が良いです。
ですが、せどりを行っていく上では絶対に避けては通れません。

日々の価格調整や情報に対してのアンテナを張る事により、不良在庫の絶対数を減らすことに努めましょう。


不良在庫を減らすためにはこれが大切!

価格調整とは~なぜ価格調整が必要なのか~

価格調整とは、一度出品した商品が適正価格かどうかを判断し、都度金額を調整していく事です。 今回は、何故価格調整をしなければならないのか。 そして、どの様な事を考えて価格調整をするのか、について説明して ...

続きを見る

回転率の悪い商品仕入れていませんか?

せどりはこうやってお金が増える!

せどりにおけるお金の増え方とは~半年間で約〇倍まで膨らむ~

せどりをしていて『利益は上がっているはずなのにお金が増えている感覚が無い』という方は少なからずいらっしゃるのではないでしょうか? それはせどりのお金の増え方の理解をしっかり出来ていないからかもしれませ ...

続きを見る

 

ブログ村に参加しております。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログへにほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

 


 

限定公開記事、始めました興味のある方はこちらをご確認ください

→ http://secondjob-newsletter.com/genteikizi/

sponsordrink

おススメ厳選記事

1

今回は、当ブログにてより深い内容の記事を皆様に見ていただく為に、 パス付き、限定記事を作らせていただきました。 目次1 なぜ、全体公開ではないのか?2 限定記事の内容3 パスの取得方法 なぜ、全体公開 ...

2

せどりには【予約転売】と呼ばれる手法があり、発売前の商品でも問題なく出品する事が可能です。(※例外アリ)   しかしこの予約転売という手法は、実際のところせどらーの間でも意見が分かれています ...

3

せどりを行うにあたり絶対に必須な物から、あると便利なアイテムまで全ての準備物をここにまとめました。 一度用意すれば長期間使える物もあれば、検品に使うような消耗品まで全てです。 タイトルには「最速で稼ぎ ...

4

出品や価格変更をサポートしてくれるツール、Amazonでのランキングや価格推移が一目で分かるツールなど、 せどりのツールには様々な種類があります。 せどりというビジネスで利益を継続的に伸ばしていくには ...

5

今回はリスト化の解説です。 正しくは【商品や出品者のリスト作成】ですね。 仕入れた商品・仕入れたショップや出品者を一度限りで終わらせるのは非常に勿体ないです。 極端な話、必ず売れる前提なら同じ商品を1 ...

6

せどりの様な在庫を持つビジネスにおいて、売れ残った在庫(不良在庫)をどの様に扱うかという事は、避けられないポイントとなってきます。 売れる事を想定して仕入れるのはもちろんなのですが、様々な事情で不良在 ...

7

当ブログでも【利益】【キャッシュフロー】という言葉を使っていますが、その違いとは何なのでしょうか。 こちらをしっかり理解する事で、今自分がどの様な仕入れを行なえばいいのか。 またはどの様な商品は仕入れ ...

-せどりの基礎知識, 厳選記事

Copyright© せどり速報! , 2017 All Rights Reserved.