店舗せどり

仕入れマップ作成方法!店舗せどりをより効率的に行うために

今回は、【仕入れマップ】の作成方法を解説したいと思います。

店舗せどりにおいて、非常に無駄な時間となるのが移動時間です。
この無駄な時間を削減するために使用するのが仕入れマップです。

更に、仕入れマップ作成中に思わぬ仕入れ先が見つかる事もあります。
自分が普段あまり通らない道に中古ショップがあったり、家電量販店があったりするのです。
ですので店舗せどりを行う前に、必ず作成する様にしましょう。

しかし、大切なのは仕入れられる店舗の仕入れマップを作成する事です。
普段から全く仕入れられない店を毎回見ても時間の無駄になります。
仕入れられる店舗・そうでない店舗を見極める所から、仕入れマップの作成は始まります。

では、早速作成手順の説明に入ります。

グーグルマップで仕入れ範囲の店舗を見つける

まずはグーグルマップを使用し、自身の仕入れ範囲にある店舗を見つけましょう。

  • グーグルアカウントの作成

まずはグーグルアカウントを作成します。
https://accounts.google.com/SignUp?hl=ja

こちらから必須事項を記入する事で簡単に作れます。

  • グーグルマップにログイン

https://www.google.co.jp/maps

こちらからグーグルマップに飛べますので、先ほど登録したアカウント、もしくはお持ちのアカウントでログインして下さい。

  • グーグルマップに仕入れ店舗を入力し、保存する

グーグルマップを開くと左上に検索場所があります。
そこに仕入れ店舗を入力しましょう。

すると検索した店が何処にあるかが一目で分かりますね。
出てきた店舗をクリックすると、この様な画面が開きます。
ここで【保存】をクリックしましょう。
保存した店舗が☆で残ります。
この調子で、仕入れ店舗を保存していきましょう。

仕入れられる店舗か確認する

仕入れ候補の店舗は上記で説明した通りの方法で見つけていけます。
しかし、その店舗が本当に仕入れられる店舗なのかを見極めなければなりません。

『店舗に出向き、リサーチしてみる』事でしか判別できません。
先ほど保存した店舗から、仕入れられるかどうかを見極めましょう。

もし仕入れられなそうな店舗は、その都度外していけば良いですね。

都会であれば店舗があり過ぎて面倒だと思うかも知れませんが、それだけ選択肢がある、仕入れられる店舗があるかもしれない、という事です。

仕入れマップは一度作成してしまえば、新規オープンや閉店しない限りずっと使えるものです。
新規オープンの際も組み込んでしまえば良いだけですし、面倒だと思うのは初めだけですので必ず行いましょう。

より効率の良いルートを作成する

仕入れられる店舗の確認が終わり、行く店舗が絞られてきたらより効率的に回ることが出来るルートを考えます。
その際どの様な事を考えるか、ポイントをまとめておきます。

  • その店舗にどの程度の時間を掛けるのか
  • どの時間帯でどこが渋滞するのか
  • ライバルが多い店舗かどうか(早めに行かないと取られる)
  • 店舗のジャンルを固定しない様にする
  • 決めた時間内に回れるかどうかは別に、なるべく多くの店舗をピックアップ
  • どの程度の頻度で行くべき店舗なのか

 

  • その店舗にどの程度の時間を掛けるのか

見る場所だけサッと見て次に行くべき店舗なのか、2時間、3時間かけてリサーチすべき店舗なのかを把握しておきましょう。

後述しますが、車で仕入れに行く際は渋滞に巻き込まれる時間帯があります。
時間を掛けてリサーチする店舗は、移動に時間が掛かる状況の時に当てると良いでしょう。

  • どの時間帯でどこが渋滞するのか

時間帯で混む道、混まない道が存在すると思います。
その時間帯を予測し、早めに到着しておきたい店舗なども考えましょう。

  • ライバルが多い店舗かどうか

良く仕入れられる店舗は、やはりライバルが多いです。
開店直後に行ってリサーチすべき店舗もありますので、多く仕入れられる店舗は早めに行くようにルート作成をすると良いですね。

  • 店舗のジャンルを固定しない様にする

中古のみ店舗や家電量販店のみ等ではなく、バランス良く回るルートを作成しましょう。

家電量販店が全体的に厳しい時は、その時間を他の店舗に当てる事で仕入れ量を確保出来る可能性が上がります。
無い物を見ていても仕方ありません。
最悪の事態でも最低限の仕入れが出来る様に、打つ手は多ければ多いほど良いのです。

  • 決めた時間内に回れるかどうかは別に、出来るだけ多くの店舗をピックアップ

理由は上記と同じです。
最悪の事態を考えなるべく多くの店舗をピックアップしておく事で、最低限の仕入れ量を確保できるようになります。

もちろん、ルートに挙げた全店舗を回ることが出来る様になる事を目標にしましょう。

  • どの程度の頻度で行くべき店舗なのか

週に2~3回行っても仕入れ量を確保できる店舗なのか、月1回で十分の店舗なのかを見極めておきましょう。
月に1回で十分な店舗も忘れない為ルートマップに組み込むのですが、行かない場合は飛ばせば良いだけです。

しっかり仕入れ出来る店舗を中心にルートを組み、月1回の店舗に行く際は都度ルートを少し変える。
という形にすると、効率の良いマップが出来上がります。

 

以上6つのポイントを意識し、仕入れマップを作成してみて下さい。

最後に

今回のポイントを簡単にまとめると・・・。

  • 仕入れ出来る店舗を洗い出す
  • 本当に仕入れが行える店舗なのかを見極める
  • より効率の良いルート取りが出来る様に作成する

上記3点を意識してマップを作成すると、良い仕入れマップが作れると思います。

仕入れルートを明確にしておく事で迷いが無くなり、仕入れマップが無かった時よりもスムーズに移動が出来るはずです。
移動時間を減らし出来るだけ多くのリサーチ、仕入れが出来る様にしましょう。

店舗別の攻略や、実践ポイントも記事にしています。
仕入れられない!という方はそちらも参考にしてみてください。

あわせて読みたい
【必見】店舗せどり完全攻略!店舗せどりの仕入先・仕入れのコツ教えます! 今回は【店舗せどりの仕入先・仕入れのコツ】をお伝えしていきます。 おそらく店舗せどりが上手くいかない方は、間違った情報を参...

店舗せどりに行く前に。もう1つ確認しておきましょう。

あわせて読みたい
店舗せどりに必要な物まとめ!店舗に行く前に確認しよう! 店舗せどりに行こうと思っているあなた。 必要な道具は準備しましたか? スマホを片手に仕入れに行っても良いですが、それだけ...

 

ABOUT ME
いなさん
いなさん
2016年2月にせどりビジネスを開始、3ヵ月で月商500万を達成。 その後は作業の効率化を追求し、2018年1月以降は従業員のみで月商1000万を達成。