電脳せどり攻略!家電量販店のオンラインショップから仕入れる方法!

実店舗を構える大手家電量販店の多くは、ネットにもオンライショップを開設しています。

品揃えも実店舗と違う所もありますし、オンラインショップ限定のセールなどを行っている所もありますね。

もちろん実店舗と同じく仕入れに使えるので、必ず抑えておきたいところです。

ここでは家電量販店のオンラインショップから仕入れる方法と題しまして、リサーチのポイントや注意点をお伝えしていきます。

では、さっそく始めていきましょう。

リサーチの方向性を考える

各家電量販店のオンラインショップを見てみると、正直ゴチャゴチャし過ぎて非常に閲覧しにくいです。
また、適当なカテゴリからリサーチしていっても中々良い商品は見つからない事でしょう。

ですので、商品リサーチの基本【めぼしい所からリサーチしていく】といった事が大切になってきます。

家電量販店のオンラインショップでめぼしいところと言えば、やはりアウトレット品在庫処分コーナーです。
もちろんそのコーナーであれば確実に仕入れられるといった保証はないですが、通常販売品に比べれば安いので仕入れられる可能性は格段にアップします。

また、サイトによってはタイムセールを行っている事もありますので、タイミングがあえばそちらも優先的にリサーチしていきましょう。

繰り返しリサーチしていくと、どういったジャンルの商品が比較的安いのかという事が分かってくるはずです。
その段階で初めて、安かったジャンルの通常販売品をリサーチしていくと良いでしょう。

商品リサーチのやり方

とにかく手早く、数をこなす事が重要です
いくら目星をつけたからと言って、サイトによってはまだまだ莫大な数の商品数があります。

目利き出来れば良いですが、そうでないなら基本は全頭リサーチになるのでパパッと手早くリサーチしていきましょう。

Simple = Select + Search】と呼ばれる拡張ツールを利用すれば非常にスムーズに行えます。
電脳せどりでは必須レベルのリサーチツールとなっていますので、まだ利用していない方は今すぐインストールしてください。

Simple = Select + Searchについてはコチラ→電脳せどりをさらに効率化!便利な拡張ツールまとめ

ツールをインストールしたなら、あとは型番をモノレートでどんどん検索していくだけです。
最安値とある程度の価格差のある商品のみを考察していけば、そこまで時間は掛からないかと思います。

ツールと併せてPCスペックや回線も重要になってくるので、少しPCの動作が遅いなと感じたらコチラもご覧ください。

【せどり初心者】せどりを始めようと思うあなたへ・・・ 準備するべき物まとめ

2017.06.09

仕入れ時の注意点

実際に仕入れる際に、2つほど注意すべきポイントがあります。

まず1つ目は飽和しやすい点。
家電量販店のオンラインショップはとにかくかなりの数のせどらー、転売屋が日々チェックしています。

特にタイムセールや決算セールといった強めのセールは、それこそ全国のせどらーがチェックしていると言っても過言ではないでしょう。

セール対象商品の在庫数が少なければ大丈夫ですが、ある程度の在庫が用意されていれば非常に高い確率で価格競争が起きます。
そうなると仕入れ時の想定よりかなり薄利なりやすく、最悪赤字なんて事にも・・・。

そうならない為に、セール商品は素早く売り切る事が大切です。
プライスターを利用しているなら、いつもより安めに赤字ストッパーを設定し常に最安値に追従し続ける等の工夫を施しておきましょう。

プライスターについてはコチラから→人気せどりツール【プライスター】の機能紹介!

それと併せて仕入れ時の利益計算も、ある程度の飽和を前提に考えておくと良いですね。

もう1つは個数制限です。
家電量販店のオンラインショップに限らず、他のネットショップでも『お一人様一点まで』『単品購入限定商品です』といった注意書きが散見されます。

こういった注意書きがあるショップでは、基本的に注意書きは守るようにしてください。

仮に守らず注文したとして、ほぼキャンセルされるだけです。
悪質と判断されれば、最悪アカウント丸ごと削除されてしまいます。

わざわざ自分で自分の首を絞める必要もありませんので、基本的に注意書きは守りましょう。

サイトによっては同時に複数購入せず、少し期間を開けながら1個ずつ購入すれば警告も無く複数購入可能です。
それとは逆に、個数制限等の注意書きの記載が無い商品でも一気に買いすぎると警告が来るようです。

私自身そのような経験もないので詳しい個数や状況まではわかりませんが、恐らく転売目的と思われて弾かれているのだと思います。

どちらにせよ、アカウントBANは非常に面倒なので注意するに越したことはないです。
制限商品は1個ずつ、制限無し商品は5個ずつくらいの購入にしておけば、そこまで心配ないでしょう。

最後に

家電量販店のオンラインショップは公式サイトだけでなく、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングといった大手通販サイトにも出店されています。

微妙に取り扱い商品が違ったりしますし、ポイントの関係で大手通販サイトで仕入れた方がお得になるといった事もあり得ます。

名前が同じだけの別の仕入れ先、と考えた方が良いですね。
リサーチの方向性自体は同じなので、注意点に気を付けつつどちらも仕入れ先として利用していきましょう。

店舗ごとの細かな違いは後日まとめておきます。
まずはこの記事で、基本的な事を全て理解しておいてください。


電脳せどり攻略にはコチラ!

【必見】電脳せどり完全攻略!電脳せどりの仕入先・仕入れのコツ教えます!【電脳せどり全集】

2017.07.05

スポンサードリンク

せどりに必須のツール、プライスターとは?

商品登録から価格調整、在庫管理までありとあらゆる事務業務を効率化。 月額4800円で全機能が使い放題!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です