ショップ別仕入れテクニック

店舗せどり攻略!ホームセンターで仕入れるコツ!

今回はホームセンターで仕入れるコツを解説していきます。

せどりをしている方には、家電量販店や中古ショップは行くけどホームセンターは行った事が無い、という方も多いのではないでしょうか。

それは何故でしょうか?
ホームセンターは仕入れられない、という固定概念から足を運んでいないのではないでしょうか?

そう思い敬遠するせどらーが非常に多いです。
逆に言うとライバルが少なく、利益の出る商品をまとめ買い出来るチャンスです。

今回はそんなホームセンターの見るべきポイントを紹介していきます。

ホームセンターの特徴

まずはホームセンターの特徴から見ていきます。

仕入れられる商品

  • DIY・工具

ホームセンターと言えばDIY・工具でしょう。
電動工具や作業工具・測定器具など様々です。

このジャンルは手を出していないせどらーも多く、得意としているせどらーが非常に少ないジャンルです。

ホームセンターでは展示品も多く、新品では出品出来ないもののほぼ新品の展示品として販売出来ます。

DIYは最近注目を浴びており、自分が思ってもいない程売れている商品なども見つかりますので必ずリサーチしましょう。

  • 家電

当然家電量販店程の品ぞろえは無いですが、家電製品を販売しています。
シェーバーや電動歯ブラシ、電球・PC周辺機器など、日常で使用するような家電は一通り販売されています。

家電を購入する場合は家電量販店に行きますよね。
ですので、売れ残った在庫処分品が多くあったりします。

  • ホーム&キッチン用品

鍋やフライパン、水筒などです。
単価が低い商品も多いので、せどり初心者の方にもおすすめ出来るジャンルです。
そして意外と仕入れられるのが浄水関係。
浄水器はもちろん、カードリッジや整水器なども人気があります。

  • カー用品

ドライブレコーダーやレーダー探知機など高単価な商品が多いです。

このような商品は店頭の棚ではなく、サービスカウンター前などのショーケースに入っていることもあります。
仕入れに行った際は忘れずにチェックする様にしましょう。

ですが最近ではスマホの車載ホルダーや、充電器、FMトランスミッターなど低単価で仕入れられる商品も多数販売されています。

 

この様に、何でも仕入れられる事がホームセンターの大きな特徴の一つです。
家電やゲームなど1つのジャンルに囚われず、より幅広いジャンルで仕入れを行える力を付けましょう。

幅広いジャンルでリサーチを掛ける事により商品知識が上がり、電脳せどりでも様々な商品を仕入れる事が出来る様になります。

苦手だから、商品知識が無いからと周りのせどらーが避けるジャンルこそ、ライバルが少なく稼げるジャンルです。

まとめ買いが可能

家電量販店の様に個数制限が無く、あるだけ買える場合が殆どです。
ですので、20個仕入れ30個仕入れなどの大量仕入れも出来ます。

1個利益が出る商品を見つけられたら、その商品だけでかなりの量を仕入れられる事も少なくありません。

さらに全国展開している大手ホームセンターなら、その店舗だけでなく他店取り寄せなども出来ます。
この取り寄せを行わない方が非常に多いですが、積極的に行いましょう。

他のせどらーに購入されることを防げると共に、仕入れ数が伸びます。
しかし、何個も買えるからと買いすぎると売り切れない、という事も無い訳ではありません。
値下がりも考慮しつつ仕入れ個数には注意しましょう。

商品数がとにかく多い

色々な商品を扱っているが故に、商品数がとにかく多いです。

リサーチに慣れてくると大きな利点になります。
しかし初めのうちはその商品数の多さにリサーチが嫌になったり、何をリサーチして良いのか分からずふらふらしてしまう事が多くなります。

せどり初心者の方は見るべきポイントをしっかり押さえ、リサーチをしていきましょう。
まずは在庫処分品や特価品など、目立つPOPや値札のみをリサーチするだけでも良いかもしれません。

値下がりしにくい

ホームセンターは地域ごとに違う会社が運営していることも多く、大手のセールでも家電量販店に比べると、値下がりが起きにくいです。

だからと言って値下がりを考慮しない仕入れをして良い訳ではありませんが、家電量販店よりは甘く見積もっても大丈夫でしょう。

以上がホームセンターの主な特徴になります。
次はホームセンター全般での見るべきポイントについて解説します。

ホームセンターで見るべきポイント

広告をチェックする

今ではネットでチラシを見ることができる店舗も少なくないので、店舗に行く前は必ずチェックしておきましょう。
上述しましたが、基本的に個数制限を設けていないところが多いので、事前にチラシから利益の出る商品を見つけられればその時点で複数個仕入れられる可能性があります。

中には日々安い商品が変わる店舗もあります。
そのような商品をチェックするだけでも、意外と利益が取れる商品があることもあります。

電球など安くて小型のものであれば20個仕入れてもそこまでかさばる事無く移動もできます。
店舗に行く前は必ずチェックするようにしましょう。

ワゴン商品をチェックする

ホームセンターは家電量販店よりも型落ち商品や処分品が出てくるのが早いです。
ワゴンの中でも【売り尽くし】【処分品】と書かれたものは確実にリサーチしていきましょう。

ホームセンターのワゴンはこの様に、かなり乱雑に商品が置かれています。
色々な人が見ているので包装が破れていたり、テープが剥がれて蓋が開いてしまっているなど、新品で出品できる状態では無い商品も多くあります。

状態の見極めも丁寧に行いましょう。

値札やPOPに注目する

家電量販店のように、あちらこちらにPOPがあったり、派手な装飾がしてある店舗はあまりありません。
逆に派手な装飾がある場合は必ずチェックしましょう。

本当に売りたいコーナーで、全体的に安い可能性が高いです。

値札も同じです。
派手にアピールしている値札はすべてチェックしましょう。
2重値札や手書き値札はかなり仕入れられるイメージです。

ホームセンターで仕入れる際の注意点

FBAで出品できない商品がある

電動工具などリチウムバッテリーが使用されていたりすると、FBAでは出品できません。
モノレートを見た際に仕入れ出来そうだと思っても、出品者まできちんと見ましょう。

FBAで出品できない商品であれば、自己発送で出品者が埋まっているはずです。
そのような商品はFBAで出品できないと考えていいでしょう。

また、Amazonセラーセントラルのアプリでも調べる方法があります、気になった場合は確認しましょう。

リチウムバッテリーの他にも、血圧計などもFBA出品ができない商品が多いので注意が必要です。

商品がホコリまみれで汚い商品も多い

展示品や現品限りの品に多いですが、長期在庫になっていた商品などはホコリが被って汚れが取れない時もあります。

たとえ展示品であっても、上位のコンディションでの出品が難しいと判断した場合は仕入れないことも大切です。
Amazonは評価が付きにくいので、悪い評価を受ける要因はなるべく排除しましょう。

最後に

ホームセンターは家電量販店の様に店員さんも多くありませんし、せどらーだと疑われることもほとんどありません。
また、様々なジャンルの商品が販売されていますので、知識も付きやすいです。

人の目が気になってしまう方や、せどり初心者の方にも大変おススメの仕入れ先です。

水筒や電球など単価が低くランキングの良い商品も沢山あります。

ただし、上述したように商品数が多くふらふらしてしまう事も少なくありません。
ダメだ、と思ったら引く事も大切です。

店舗せどりに慣れてきたら根気強くリサーチ出来ると思いますので、ある程度の時間を掛けてリサーチ出来るときに仕入れに行く事をおすすめします。

通常棚から仕入れられる商品が多いこともホームセンターの特徴です。
商品知識がないと何をリサーチすれば良いのか戸惑うでしょう、その為ライバルも少ない印象です。

ホームセンターで仕入れを行えるようになると、仕入れ量が大幅に増加します。仕入れに行ったことのない方は、ぜひチャレンジしてみましょう。


店舗せどり攻略にはコチラ!

あわせて読みたい
【必見】店舗せどり完全攻略!店舗せどりの仕入先・仕入れのコツ教えます! 今回は【店舗せどりの仕入先・仕入れのコツ】をお伝えしていきます。 おそらく店舗せどりが上手くいかない方は、間違った情報を参...

仕入れには微妙な商品。あなたはどうしますか?

あわせて読みたい
本当に大丈夫?仕入れを迷った時の考え方と対処法店舗や電脳でリサーチしていると、仕入れるべきか悩むという時が多々あります。 『仕入れて本当に利益が出るのか』 『本当に売れるのか...

 

ABOUT ME
いなさん
いなさん
2016年2月にせどりビジネスを開始、3ヵ月で月商500万を達成。 その後は作業の効率化を追求し、2018年1月以降は従業員のみで月商1000万を達成。