保証書ってどうしていますか? 新品せどりでの保証書の扱いについて

中古商品にはあまり関係ありませんが、新品せどりで必ず一度はぶつかる壁が【保証書】問題です。

店舗せどりで新品商品を仕入れた時、保証書に直接印鑑を押されてしまったりする場合があります(保証印)。
他にも保管してくださいねと保証レシートやシールを貰ったりしますよね?

保証印の押されてしまった商品や、保証レシート・シールの扱いはせどらーなら誰しも一度は悩む事かと思います。

そこで今回は、そういった保証関係について解説したいと思います。
知らずに出品しているとAmazon規約違反になってしまう可能性もありますので、ぜひご覧ください。

保証の仕組みを知る

まずここで言う”保証”とはメーカー保証の事であり、各店舗が独自に行っている保証の事ではありません。

商品に故障等があった場合、メーカーに直接連絡し無料(規約による)で修理を受ける為に必要な物が保証書です。

それとは別に、その商品を購入した証明となる物も必要となってきます。
それが、保証印や購入証明(保証)レシート・シールです。

保証書・購入証明が揃って初めて保証を受ける事が可能になるのです。

ほとんどの商品は購入日から1年間が保証期間となります。
過ぎるとメーカー保証を受ける事は出来ません。

 

以上が簡単な保証の仕組みとなります。
では、保証開始日の定義について少し考えてみましょう。

保証はいつから始まる?

商品の保証期間の始期・終期については、「製品購入日より○年間」という規定が一般的です。

問題は製品購入日ですね。
自身が量販店等で仕入れた日からなのか、お客様がAmazonで自身の商品を購入していただいた日からなのかという事です。

まず保証印等、仕入れ時に店舗から直接保証書に記載された場合は日付も入っていますので、仕入れ時から保証が始まったという事は分かります。

ですが印ではなく、レシートやシールであればどうでしょうか。
これに関しては、お客様がAmazonで商品を購入した日からとしてもOKです。

つまり、レシートやシールは同梱させなくて良いという事になります。

普通に考えれば、お客様は自分がAmazonで購入した日から保証が始まると考えます。
そんなお客様が、家電量販店のレシートを見たらどう思うでしょうか?

マーケットプレイスの仕組みをわかっていらっしゃる方ならともかく、そうでないなら余計なクレームは必至です。

Amazonのヘルプページにも記載がありますが、Amazonの納品書でも購入証明書になるので無理にレシートやシールは同梱させなくて良いのです。

引用元:Amazonヘルプ&カスタマーサービス

ちなみに、同梱させなかったレシートやシールは必ず保管しておきましょう。

もし初期不良等で返品されてきた場合、自身で修理に出し再度販売する事が出来ます。

 

少し話が逸れてしまいましたが、保証書に記入(捺印)がある場合は自身が仕入れたその日から、レシートやシールの場合は同梱させずにお客様がAmazonで購入した日からが保証開始、という認識でOKです。

保証に関するAmazonの規約

Amazonマーケットプレイス コンディション・ガイドライン

こちらに全ての記載があるので確認してください。

・・・と言ってもさすがに分かりにくいので、私なりにまとめさせていただきました。

  • 保証書無記入(無印)の場合

全ての商品は【新品】として販売する事が出来ます。
自分の商品を購入してくださったお客様は、Amazonの納品書が購入証明書になるのであなたの商品が購入された日から保証期間がスタートします。

  • 保証書に記入(捺印)がある場合

一部商品カテゴリを除き、保証期間内であるなら【新品】として出品する事が出来ます。
ただし、保証開始日等の詳細を説明文に記載する必要があります。

また、保証期間内だからといって極端に保証日数が残っていない商品はクレームの元にもなりますので、自主的に中古【ほぼ新品】として出品した方が無難です。

 

一部商品カテゴリに関しては、保証書に捺印された瞬間から保証が始まるので実質【新品】としての出品は不可能です。

一部の商品カテゴリはコチラ。

  • エレクトロニクス
  • 楽器
  • ホーム(家具・インテリア・キッチン)
  • ホームアプライアンス(小型白物家電)
  • 文房具・オフィス用品
  • パソコン・周辺機器
  • 大型 家電
  • カメラ

Amazonサイト表示カテゴリーとの対応表は以下の通り。

赤線部分のカテゴリが一部商品カテゴリに該当します。
これらのカテゴリに属する商品は、保証書に記述(捺印)された場合、新品として出品出来ません。

最後に

保証関係はせどりというビジネスの都合上、少し扱いが難しいです。
基本的にはAmazonガイドラインや規約を厳守していれば何も問題は無いですが、それらもいつ変更されるかわかりません。

お客様に商品を販売する立場として、規約の変更等を見ていなかった、知らなかった、というのは通用しません。

出品者として、果たさなければならない責任はしっかりと果たすように努めましょう。


困ったらサポートに連絡するのも手です。

Amazonテクニカルサポート 連絡方法・手順解説

2017.05.16

スポンサードリンク

せどりに必須のツール、プライスターとは?

商品登録から価格調整、在庫管理までありとあらゆる事務業務を効率化。 月額4800円で全機能が使い放題!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です