せどりの基礎知識

Amazonショッピングカートボックスについて 売り上げアップに獲得は必須!

今回はAmazonショッピングカートボックスについての解説です。

当ブログでも【カート】と略して度々登場していますが、よく考えたらその解説をしていませんでした・・・。

解説と言っても、詳しいカート取得条件等は発表されていませんのであくまでも経験則に基づくものとなります。
そのあたりをご了承の上、ご覧ください。

ショッピングカートボックスとは?

多く方々に【カート】とその名称を略されて呼ばれています。
簡単に言えば、その商品の優先販売者のようなものですね。

①がカート取得者です。
この商品の場合は、Amazon本体がカート取得者となっていますね。

②の【カートに入れる】というボタンをクリックすると、カート取得者が販売する価格の商品が購入者様のカートに入る仕組みです。

今回の例で言うと、【カートに入れる】ボタンをクリックすればAmazon本体が販売する商品を購入する事になる、という事です。

新品商品は良くも悪くもこのカートシステムに売れ行きを左右されてしまいます。

簡単にですが、メリット・デメリットを見てみましょう。

ショッピングカートボックスのメリット

最大のメリットは、カートさえ取得できれば誰が販売しようがほぼ売れる点ですね。
勿論ですが、売れる商品であるという事が前提です。

Amazonで何か購入した事がある方は思い出してみてほしいのですが、欲しい商品を購入する際は、多くの方が先程の画像②【カートに入れる】をクリックしているかと思います。

購入者様によっては、Amazon本体からしか購入しない!と強いこだわりを持つ方も居ますが、多くの方は出品者を気にせずそのまま”ポチって”います。

例えばつい先日からせどりを始めた初心者の方でも、カートさえ取得できれば多くの上級せどらーを抑えて優先的に販売出来るという事です。

Amazonで販売する大きな理由の一つとも言えますね。
非常に高い集客能力を持つプラットフォームで、なんの知名度も実績もない初心者せどらーの商品が売れやすいのはAmazonだけなのです。

ショッピングカートボックスのデメリット

デメリットはメリットの真逆です。

カートボックスが取得できなければ、自身の商品はほぼ購入される事がありません。

他にこれといったデメリットは思い浮かびませんが、これだけで非常に大きなデメリットかと思います。

カートボックスの取得資格

カートボックス取得にはいくつか条件があります。
ですが、Amazonからは詳細まで発表されていないので、詳しくは不明です。

引用元:Amazon

基本的には大口出品者でありかつ問題無く販売しているのであれば、誰でも取得する事が出来ます。

勘違いされている方もたまにいらっしゃいますが、大口出品者であればFBAを利用しない自己発送商品でもカートは取得できます。

ただし、同じ自己発送となる小口出品者はカートを取得する事が出来ません。

同じ自己発送でも大口出品者であれば問題無いという事です。

基本的には大口出品者であれば誰でも取得資格はあります。
問題は取得条件ですね。

カートボックスの取得条件

引用元:Amazon

詳しい取得条件は発表されておらず、画像で分かるように「獲得のチャンスを高める方法」として記載されています。

基本的に最もカート取得できるのは、プライム対象でありかつ最安値に設定されている商品です。

仮に送料込みで同じ価格の自己発送商品とプライム商品があった場合は、ほぼプライム商品がカートを取得する事になります。

もっと言えば、自己発送商品より数百円程度高いだけであればプライム商品がカートを取得している事も珍しくありません。

もちろんショップの評価が極端に悪い場合は、最安値であってもプライム商品であってもカート取得は難しいようです。

ですが特に問題無く販売しているのであれば、そこまで心配するような事でもありませんね。

基本的に新品商品でカートを取得したいのであれば、最安値にする事が重要です。

 

またもし仮に、最安値で販売価格も同じ・プライム商品であるといった同一条件の出品者が他にも数人いる場合は、出品者同士でカートを回していく事になります。

例えばA・B・Cと同一条件の出品者が3名いた場合、この3名で常にカートを奪い合うといった具合です。

Aが3日間カート取得している時もあれば、かなり短いスパンで取得者が変わる時もあります。

考えても明確な答えは出てきませんので深く考える必要は無いですが、同一条件出品者が多数いる場合は、ランキング以上に回転が悪くりやすい傾向にあるので注意してください。

カートボックスが存在しない商品

正確には、新品のカートが存在しない商品ですね。

②を見ていただければ分かりますが、カートを取得しているのは「中古商品」のコンデション【非常に良い】です。

新品のカートが存在しない商品は、①のように「出品者からお求めいただけます」という表示になります。

どうしてこのような現象になるかと言いますと、カート取得条件に当てはまる新品出品者が居ないからですね。

当てはまっていない条件の多くは、恐らく価格です。
自由に価格設定の出来るAmazonでは、廃盤商品や希少品など、所謂プレミア商品にかなり高額な価格が設定されている事が多いです。

こうなると、先ほどの「獲得のチャンスを高める方法」にある『お客様は、Amazonにお買い得な品揃えを期待しています。』に反する訳です。

少し定価より高い程度であれば、カートが存在している事も多いです。

ですがあまりにもかけ離れている場合には、カートが無くなってしまうといった具合ですね。

 

ですがこの法則も全てに当てはまるとは限りません。
Amazonからの正式な発表が無い以上、全て憶測となりますのでその点だけはご了承ください。

ちなみに、カートボックスの無い商品は比較的回転が悪い傾向にあります。

最後に

カートボックスは出品者を選ばずに商品を売れやすくしてくれる素晴らしいシステムですが、逆に取得できなければほとんど売れる事はありません。

詳しい獲得条件など、不明な点だらけですがそこまで気にするべき部分でもないでしょう。

基本的に大口出品者であり最安値にさえ設定しておけば、カートは誰でも取得出来ます。
唯一、Amazon本体が出品者としている場合はその限りではないので、注意してください。

カートが取得できなければほとんど売れませんので、素早く売りたい商品は少し安めに販売してカートを取得した方が良いかもしれませんね。

自身の販売戦略に合わせて、適切な判断を下していきましょう。

あわせて読みたい
Amazon 評価の削除依頼と手順解説Amazon出品サービスを利用していたら必ず低評価が付くことがあると思います。 基本的には出品者側に問題がありますが、中には出品者...
あわせて読みたい
人気せどりツール【プライスター】の機能紹介!プライスターとは商品の出品から価格調整、在庫管理など時間のかかる作業が一気に楽になる万能ツールです。 そこで、今回は私も利用してい...
ABOUT ME
いなさん
いなさん
2016年2月にせどりビジネスを開始、3ヵ月で月商500万を達成。 その後は作業の効率化を追求し、2018年1月以降は従業員のみで月商1000万を達成。