せどりの基礎知識

FBA長期在庫保管手数料が変更!むしろ刈り取りチャンスが来るかも?

更新日:

2017年8月15日よりFBA長期在庫保管手数料が変更というアナウンスが来ていますね。

FBA長期在庫保管手数料とは、Amazonが毎年2月15日と8月15日にFBA在庫一掃チェックをおこない1年間保管されている商品を洗い出し、そのままFBAに保管するのであれば、その分手数料を払わなくてはならない仕組みです。

前回までは手数料の発生が1年でしたが、変更がありました。

FBA長期在庫保管手数料の変更点

手数料発生日の他にも何点か変更点があったので、まずはそこから説明したいと思います。

  • 長期保管手数料の発生が365日から180日に変更
  • 各ASINに対して課金対象となる在庫しかない場合、うち1点は課金対象外となっていた制度の廃止
  • 180日以上保管されている在庫に半年ごとの長期在庫保管手数料として、1,000立方センチ(10cmx10cmx10cm)あたり87.4285円を課金する

長期保管手数料はこれまで1年間許されていましたが、半年間となりました。
値上がりを見越して寝かせていた商品でも、半年後には課金対象となってしまいます。

これにより、ロングテールの商品を主に扱っている方は販売手法を変えざるを得ないという状況になっているかもしれません。

またASINごとに1商品までなら課金対象とならなかった商品に対し、課金しなければならないというのは思いのほか負担が大きいです。

変更の背景にあるもの

この保管手数料の通知ですが、この他に2つのキャンペーンが2月1日に来ています。

  • FBAへ納品する際の配送料が無料になるというキャンペーン
  • 販売手数料の割引(ヘルビ・食品・お酒・ペット用品など、カテゴリーは制限されている)

FBA利用者にとっては非常にありがたいキャンペーンです。

もちろん私もこの恩恵は受けていますが、このキャンペーンにより納品数や頻度が大幅に増え、保管手数料システムの変更をしたのではないかと思います。

さらにこのキャンペーンは大口出品に乗り換える方が大勢いてもおかしくないお得なキャンペーンです。
大口出品でFBAを利用する方が増えたでしょう。

しかしこのキャンペーンは2017年12月31日までという期限付き。
それに対して保管手数料は無期限です。

FBAでの出品をお得に利用し、出品を促しているかに見えた矢先の保管手数料の変更です。

180日と期限を短くすることで、キャンペーンで多く集まった在庫から一気に課金を促すことが可能になりました。

考えすぎかもしれませんが、非常に上手いマーケティングだと感じます。

  • 新規の方にもFBA配送の便利さを知ってもらえる
  • 既存のお客様もお得に利用できる
  • 倉庫の圧迫も抑えられる

Amazonにばかり得があるわけでは無く、こちらもキャンペーン中は利益を伸ばすチャンスです。

むしろキャンペーンが始まったころはAmazon倉庫が大変なことになっていそうという事は、誰でも想像できますからね。

ではこのキャンペーンを上手く利用し、得できるのはどの様な出品者でしょうか?

それは、180日以内に確実に売り切れる商品ばかりを納品している出品者です。

今までよりも更に回転率重視の商品を選定することになる

大型商品でも180日以内で売り切れる商品を仕入れるか、180日以上の長期在庫の場合は自己発送登録で自分で保管しておくしかありません。

大型商品は専用の倉庫などを持っていないと、かなり邪魔になるかと思います。

良い機会なので自分の仕入れている商品の基準をしっかり見直してみましょう。

寝かせ商品が多すぎないか、利益を重視しすぎて回転の悪い商品ばかりになっていないか、チェックする良い機会になったと思います。
かく言う私も180日以上寝かせている商品もあります。

私の場合はロングテール商品の良い見直しになったので、皆さんもある程度前向きに捉えていくと良いかと思います。

正直180日以上寝てしまう商品が出るのは仕方のない事でもあります。
やはりプレ値商品などは売れない時は売れません。

在庫の数と割合をしっかり把握し、キャッシュフローに問題が無ければ大丈夫でしょう。
もちろん180日以上も寝ている商品は大きな利益額・利益率が出ている事が前提の商品だと思います。

もしそのような考えが無ければ、キャッシュフローを圧迫し、機会損失が大きすぎるただの不良在庫と言えるでしょう。

不良在庫の扱いについて~機会損失まで考えた損切りとは~

せどりの様な在庫を持つビジネスにおいて、売れ残った在庫(不良在庫)をどの様に扱うかという事は、避けられないポイントとなってきます。 売れる事を想定して仕入れるのはもちろんなのですが、様々な事情で不良在 ...

続きを見る

 

長期在庫保管手数料を取られないようにするには2つの方法しかありません。

  • 保管していても売れる見込みの無い商品は1度返送する
  • 価格を下げ、手数料を取られる前に売り切る

寝かせ商品や回転率の悪い商品は返送する方が良いでしょう。

12月31日まではFBAパートナーキャリアサービスを利用する事で無料で納品出来るので、1度返送してもう1度納品するだけで手数料は免れることが出来ます。

 

もう一つの方法は価格を下げ、売り切ってしまう方法。
返送する商品が多すぎて困る場合、あるいは売り切れる価格で販売しても利益が取れる商品はこの方法を取るのもアリです。

180日以上寝かせている時点でキャッシュフローを圧迫している事は目に見える事実です。
利益が出るのであれば売り切って、そのお金で利益の出る新しい商品を仕入れた方がキャッシュフローの改善にも繋がります。

赤字の場合でもその選択をしなければならない商品も出てくるかもしれませんが、仕方ありません。

値上がる見込みが無い+今までの機会損失とこれからの機会損失を考えると売り切ってしまう方が良いでしょう。

在庫として商品を抱えている状態は、財産としての価値はありますが直接的な資金にはなりません。
その在庫を抱える事で資金を圧迫するなら絶対に売り払ってしまった方が良いでしょう。

売り切りをするせどらーを刈り取ることが出来るか

実際のところ赤字で売り切る方が非常に多いのではないかと予想します。

アパートなどの在宅でせどりを行っている方も多くいらっしゃいます、そこで大量の商品を返送しても保管場所が無い為、売らざるを得ない状況になっている方が沢山いらっしゃるかと思うのです。

そこで赤字が沢山出てしまったと落ち込んでしまうのではなく、逆に刈り取り商品を見つけるという手もあります。

新品商品であれば、売り切る為にはカートを取る事が必須条件。
つまりFBA最安または、最安価格を維持し続けなければなりませんので、必然的にその商品の価格は落ちるでしょう。

もし価格競争が激化している商品で、その商品の相場よりも値を下げている商品は刈り取るべきです。
もちろん、価格が戻った時に利益が出るラインまで下がっていなければいけません。

もし出品者の競合で価格が下がっている商品があればリスト化しておいて、都度チェックしておきましょう。

最後に

長期在庫保管手数料は、正直非常に高いです。

FBA納品の配送料が無料なので、今はまだ返送して送り返すだけで免れることが出来ます。
しかし次の長期保管手数料が取られる時期は、もう納品が無料では無いかもしれません。

これを機に自分の仕入れている商品をしっかり見直す事が大切です。

 

状態の悪い中古商品は仕入れない方が良いのか

せどり初心者の方であれば一度は抱くであろう疑問。 『状態の悪い中古商品は仕入れない方が良いの?』 今回はそんなお悩みにお答えしていこうと思います。 では、さっそく始めていきましょう。 そもそも状態の悪 ...

続きを見る

仕入れた商品が中々売れない。原因と対処法について

仕入れはしっかり出来ているのに、中々商品が売れていかず困っている。   そんな経験はありませんか? 商品が売れない原因は多々ありますが、原因をハッキリさせておかないとなぜ売れていないのか分か ...

続きを見る


 

ブログ村に参加しております。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログへにほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

 


 

限定公開記事、始めました興味のある方はこちらをご確認ください

→ http://secondjob-newsletter.com/genteikizi/

sponsordrink

おススメ厳選記事

1

今回は、当ブログにてより深い内容の記事を皆様に見ていただく為に、 パス付き、限定記事を作らせていただきました。 目次1 なぜ、全体公開ではないのか?2 限定記事の内容3 パスの取得方法 なぜ、全体公開 ...

2

せどりには【予約転売】と呼ばれる手法があり、発売前の商品でも問題なく出品する事が可能です。(※例外アリ)   しかしこの予約転売という手法は、実際のところせどらーの間でも意見が分かれています ...

3

せどりを行うにあたり絶対に必須な物から、あると便利なアイテムまで全ての準備物をここにまとめました。 一度用意すれば長期間使える物もあれば、検品に使うような消耗品まで全てです。 タイトルには「最速で稼ぎ ...

4

出品や価格変更をサポートしてくれるツール、Amazonでのランキングや価格推移が一目で分かるツールなど、 せどりのツールには様々な種類があります。 せどりというビジネスで利益を継続的に伸ばしていくには ...

5

今回はリスト化の解説です。 正しくは【商品や出品者のリスト作成】ですね。 仕入れた商品・仕入れたショップや出品者を一度限りで終わらせるのは非常に勿体ないです。 極端な話、必ず売れる前提なら同じ商品を1 ...

6

せどりの様な在庫を持つビジネスにおいて、売れ残った在庫(不良在庫)をどの様に扱うかという事は、避けられないポイントとなってきます。 売れる事を想定して仕入れるのはもちろんなのですが、様々な事情で不良在 ...

7

当ブログでも【利益】【キャッシュフロー】という言葉を使っていますが、その違いとは何なのでしょうか。 こちらをしっかり理解する事で、今自分がどの様な仕入れを行なえばいいのか。 またはどの様な商品は仕入れ ...

-せどりの基礎知識

Copyright© せどり速報! , 2017 All Rights Reserved.