検品、販売

売り上げアップに商品写真は必須?簡単かつ綺麗に撮影する為のアイテムを紹介します!

更新日:

ヤフオクやメルカリなど、実物を手に取って確認出来ないネットでの買い物には商品写真が有った方が断然良いです。

勿論Amazonでも商品写真は無いより有った方が良いですね。

特にヤフオクやメルカリ等、誰でも気軽に参加できる個人売買サイトでは必須レベルです。

劇的な変化が望める訳ではありませんが、写真が綺麗な方が売れ行きや高く販売出来る可能性が上がります。

そこまで本格的に撮る必要はないかとも思いますので、ここでは簡単かつ綺麗に撮影する為のアイテムをご紹介したいと思います。

撮影の為の準備

スマホ片手にパシャ!でも問題無いですが、それではライバルと差別化は図れません。
むしろ最近では丁寧な撮影を心掛けている出品者様も多いので、綺麗に撮影するのは最早当たり前です。

そんなライバル達に置いて行かれない為に、最低限の撮影キットを準備しましょう。

  • スマホ、iPhone
  • 撮影ボックス

スマホ、iPhone

10,000円を下回るお手頃価格なコンデジであれば話は別ですが、画質の良い綺麗な写真を撮影するんであればやはりデジカメは必須です。

ですが考えて欲しいのは、購入者様はそこまで綺麗な商品写真を求めているのか、という事です。

当然、画質の良い高解像度の綺麗な写真であるに越した事はないですが、その高解像度の写真でお客様に与える影響はカメラの価格に見合っているのでしょうか?

実際に統計を取った訳ではないので断定は出来ませんが、多くの方は「商品が分かる程度に、余計な情報の無いある程度綺麗な写真」で充分と感じているかと思います。

その場合、最近のスマホやiPhoneのカメラであれば充分に”ある程度”以上の綺麗な写真が撮影出来ますので、せどりにおいては20,000円を超えるような高級カメラは必要ないと言えます。

あまりにも古い機種のスマホであれば少し考えなければいけませんが、少なくともここ数年で販売されている機種であれば大丈夫かと思います。

撮影ボックス

 

ボックスの中に商品を入れて撮影するだけ、簡易的なミニ撮影スタジオが作れるのがこちらの撮影ボックスです。

フローリングや畳など、自宅の床上で直接撮影しても良いですが、なんだか味気ないですね。

商品写真の背景は白!」と昔から言われているように、白色背景を利用する為にこちらのボックスを使用します。

白色背景を使用する理由には

  • 商品の見栄えが良い
  • 色かぶりが少なく、商品本来の色合いが伝わる
  • どんなカラーでも比較的相性が良い

等々ありますが、専門的な事は難しいのでとりあえず白色背景を使用すれば問題無いと覚えておきましょう。

コンパクトなボックス型である為、背景用スタンドを必要とせず省スペースでも撮影する事が可能です。

また余計な物の写り込みの心配も無く、しっかりとした商品写真が撮影出来ますね。

画像は40cmサイズの商品なので、もう少し大きいサイズも撮影したいのであれば70cmサイズもあります。

 

布は付け外し可能なので、更に大型の商品であれば布だけを直接床に敷いての撮影といった事も可能です。

その際は出来るだけ布のシワに気を付けて、伸びきった状態で撮影するように心掛けましょう。

Amazonでの販売に商品写真は必要か

少し話は逸れますが、ヤフオクやメルカリではほぼ必須事項となっている商品写真ですが、Amazonでは添付していない出品者も多く見受けられます。

この事から、初心者の方でしたら添付すべきかすべきでないか迷ってしまうかもしれませんね。

私の考えでは、商品写真は必須ではありません。
ですが、無いよりは有った方が良いとも思っています。

商品写真を添付するのは中古商品のみとなりますが、全ての商品に写真が必要かと言われるとそうでもないのです。

例えば上位コンディションに需要がそれほど無いゲームソフト。
上位コンディションに需要がそれほど無いという事は、購入動機はほぼ価格となるハズです。

価格を気にして購入するのであれば、写真の有無はそれほど関係無いのです。

逆に上位コンディションに需要がある商品は、価格以外に商品の状態(傷・汚れ具合)に需要があるので、状態が分かる商品写真が有る方が断然良いです。

このように、商品写真は販売する商品によって添付の有無を決めましょう。

販売の規模が大きくなればなるほど、撮影自体がかなり手間になるので時間対効果を考え、割に合う商品写真だけを載せていくと良いでしょう。

最後に

今回は必要最低限の撮影キットだけを紹介させていただきました。

あくまでも目的はせどりであり、商品写真は売上アップの為の手段です。
そこに時間とお金を掛け過ぎても費用・時間対効果はそれほど見込めないかと思います。

ですので、必要最低限の紹介とさせていただきました。

ヤフオク・メルカリでは商品写真でライバルと差をつけるというより、もはや必須事項レベルなので最低限今回紹介した撮影ボックスだけでも準備しておきましょう。

撮影の簡単なテクニックとしては、フラッシュを使わず背景に余計な切れ目等を入れない事です。

布の折れ目や撮影ボックスの繋ぎ目に気を付けると、より綺麗に撮影出来ますよ。

商品写真を載せるのであれば、出来るだけ綺麗かつ丁寧に撮影するように心掛けましょう。

 

コンディション説明文の書き方講座!売り上げアップにも繋がる説明文の書き方とは?

Amazonで商品を販売するにあたり、非常に重要となってくるのは「コンディション説明文」です。 出品者によりその書き方・内容は様々ですが、大前提として必ず記載するようにしてください。 お客様からすれば ...

続きを見る

商品が売れやすい価格設定について

物を販売する物販事業において、売れ行きを左右する最も大事なポイントは【価格】です。 例えばの話、買いたい商品の値段をチェックせずに購入する方はまずいませんよね。 つまり購入者様にとって、「買う」「買わ ...

続きを見る


ブログ村に参加しております。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログへにほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

 


 

限定公開記事、始めました興味のある方はこちらをご確認ください

→ http://secondjob-newsletter.com/genteikizi/

sponsordrink

おススメ厳選記事

1

今回は、当ブログにてより深い内容の記事を皆様に見ていただく為に、 パス付き、限定記事を作らせていただきました。 目次1 なぜ、全体公開ではないのか?2 限定記事の内容3 パスの取得方法 なぜ、全体公開 ...

2

せどりには【予約転売】と呼ばれる手法があり、発売前の商品でも問題なく出品する事が可能です。(※例外アリ)   しかしこの予約転売という手法は、実際のところせどらーの間でも意見が分かれています ...

3

せどりを行うにあたり絶対に必須な物から、あると便利なアイテムまで全ての準備物をここにまとめました。 一度用意すれば長期間使える物もあれば、検品に使うような消耗品まで全てです。 タイトルには「最速で稼ぎ ...

4

出品や価格変更をサポートしてくれるツール、Amazonでのランキングや価格推移が一目で分かるツールなど、 せどりのツールには様々な種類があります。 せどりというビジネスで利益を継続的に伸ばしていくには ...

5

今回はリスト化の解説です。 正しくは【商品や出品者のリスト作成】ですね。 仕入れた商品・仕入れたショップや出品者を一度限りで終わらせるのは非常に勿体ないです。 極端な話、必ず売れる前提なら同じ商品を1 ...

6

せどりの様な在庫を持つビジネスにおいて、売れ残った在庫(不良在庫)をどの様に扱うかという事は、避けられないポイントとなってきます。 売れる事を想定して仕入れるのはもちろんなのですが、様々な事情で不良在 ...

7

当ブログでも【利益】【キャッシュフロー】という言葉を使っていますが、その違いとは何なのでしょうか。 こちらをしっかり理解する事で、今自分がどの様な仕入れを行なえばいいのか。 またはどの様な商品は仕入れ ...

-検品、販売

Copyright© せどり速報! , 2017 All Rights Reserved.