日記、考察

本当に大丈夫?仕入れを迷った時の考え方と対処法

更新日:

店舗や電脳でリサーチしていると、仕入れるべきか悩むという時が多々あります。

『仕入れて本当に利益が出るのか』
『本当に売れるのか』等。

特にせどり初心者の方でしたら尚更でしょう。

今回はせどり初心者の方が抱きやすい、リサーチ時の【迷い】について私の考えをお伝えしていきます。

仕入れに悩む場面

仕入れに悩むと言うと、あなたならどんな場面を想像しますか?

  • Amazon本体が在庫を持っている
  • 値上がった直後
  • 本当に想定販売価格で売れるのか
  • 回転率が良くない

思いつく範囲で挙げてみましたが、大まかにはこれくらいかと思います。

1つずつ、解決していきましょう。

Amazon本体が在庫を持っている場合

こちらは新品商品の話ですね。
結論から言えばケースバイケースなのですが、初心者の方でしたら仕入れない方が無難です。

Amazon本体の販売する商品の多くは、Amazon本体がカートを取得しています。

Amazonショッピングカートボックスについて 売り上げアップに獲得は必須!

今回はAmazonショッピングカートボックスについての解説です。 当ブログでも【カート】と略して度々登場していますが、よく考えたらその解説をしていませんでした・・・。 解説と言っても、詳しいカート取得 ...

続きを見る

上の記事でも解説していますが、新品商品はカートを取得できなければほぼ購入される事はありません。
ましてやカート取得者がAmazonであれば、その可能性は限りなく0に近いです。

 

また、Amazon本体からカート取得を試みる為に値下げしたところで、ほとんど無駄です。

大抵の場合はこちらの価格にぴったりと追従してきますし、仮にこちらがカート取得できるレベルまで値下げしたとしたら、その時点でこちらの商品は大きな赤字となっているはず。

それほどまでにAmazonは安く販売する事が出来るのです。
そもそも他の大手ネットショップよりほとんどが安いAmazonに、1せどらーが価格勝負を挑んでも勝てるはずはありませんね。

また大量仕入れによる長期在庫も予想されますし、やはりAmazon本体が在庫を持っている場合は基本的に仕入れない方が無難です。

値上がった直後の商品

これは値上がった理由によりますね。

例えばこの商品であれば、この時点でAmazon本体の在庫切れとなれば大幅に値上がる事になります。

こういった商品を安直に仕入れて良いかというと、答えはNOです。

その理由は、Amazon本体の在庫復活の可能性があるからですね。

Amazon本体の在庫が復活すれば、前項のAmazon本体が在庫を持つ商品と同じ状態になってしまいます。

という事は、購入していただける可能性はほぼ0になってしまうのです。

ですので、Amazon本体が在庫切れとなった直後の商品は安直に仕入れるのは止めておいた方が良いです。

 

仮に仕入れるのであれば、他のネットショップの在庫状況や在庫切れとなるまでのAmazon本体の在庫状況を確認してみましょう。

他のネットショップでも同じく在庫切れとなっていたり、Amazon本体が在庫切れ→復活を繰り返している状態であれば、市場全体で品薄となっている可能性があります。

全体的に品薄であれば、仮にAmazon本体の在庫が復活してもまたすぐ切れるかもしれませんし、そもそも復活しないかもしれません。

100%そう言い切れる訳ではありませんが、こちらも大事な仕入れテクニックの一つなので覚えておくと良いでしょう。

 

もう一つ、値上がる理由として高値が売れ残ったという場合があります。

プレ値と俺様価格の違いについて~俺様価格を利用した販売テクニック~

初心者せどらーの方が最も気を付けたい事の一つが、今回のテーマである【俺様価格】です。 Amazonでライバル出品者が居ない事をいいことに、相場を一切無視した高い販売価格の事ですね。 中級者せどらーの方 ...

続きを見る

 

こちらでも解説していますが、所謂俺様価格といったものです。

こちらの場合は、その値上がった価格は相場とは無関係な事がほとんどなので注意が必要です。

モノレートや他のネットショップの価格を参考に、しっかりと真の相場を見極めそれでも利益が出るのであれば仕入れてOKです。

せどりに必須!モノレートの使い方徹底解説!

今回はせどりを行う上で非常に重要となってくる【モノレート】についての解説です。 仕入れについての記事でもちょくちょく登場し、ある程度の解説はさせていただきましたがコチラでは使い方から今までの解説含め、 ...

続きを見る

せどりに必須!モノレートの使い方徹底解説!~上級編~

前回はモノレートの基本的な使い方を解説させていただきました。 その時、一緒に解説するかを迷ったのですが、【プライム】や中古コンディション等の各用語の関係であえて触れなかった部分を上級編として解説してい ...

続きを見る

 

本当に想定価格で販売できるのか

新品であれば基本的に最安値で販売すれば良いだけです。
ですが、値上がりまで視野に入れた寝かせ商品の仕入れでは話が変わってきます。

考え方としては予約転売に似ていますね。
あちらも結局のところ、大きな需要の伸びによる値上がりを見越して定価で仕入れています。

実際のところ、予約転売は予約段階でAmazon本体が在庫切れとなったところをピンポイントで販売出来ますから、全く一緒という訳ではないですが・・・。

 

成功すれば非常に大きな利益となりますが、初心者の方は手を出さない方が無難です。

一番の理由として、値上がるかどうかを見抜くのに経験が必要だからですね。

過去作・関連商品・他のネットショップの状況・ライバルの状況・世間の関心度など、
チェックすべきポイントが非常に多いです。

ここからよっぽど強い根拠があれば値上がりを見越した仕入れを行っていく訳ですが、経験が浅いとほとんど外してしまいます。

外した商品は不良在庫となり、最悪の場合は赤字で損切りしなければなりません。

仕入れの幅を広げる為にぜひマスターしたい仕入れテクニックですが、やはり経験の浅い初心者の内はやめておきましょう。

 

経験を積む一つの方法として、寝かせで迷った商品をリスト化していくという手段があります。

リスト化のススメ~利益を生み出すリピート仕入れとは~ 

今回はリスト化の解説です。 正しくは【商品や出品者のリスト作成】ですね。 仕入れた商品・仕入れたショップや出品者を一度限りで終わらせるのは非常に勿体ないです。 極端な話、必ず売れる前提なら同じ商品を1 ...

続きを見る

その後の価格推移をチェックする為に、商品名や仕入れ価格をリストアップしておきましょう。
そちらと一緒に自身の立てた予測を記載しておくとなお良いですね。

要するに「もし仕入れた場合」のシミュレーションが出来るという事です。

もし読みが外れても損害はありませんし、経験を積むという点で非常にメリットがあります。

継続していけば、データとして残っていくので未来の寝かせ商品の参考になるかもしれません。

商品リストはリピート仕入れだけでなく、寝かせ販売にも非常に有効なので絶対に作成するようにしてください。


 

中古商品であれば、想定価格で販売出来るかはモノレートが全て語ってくれます。

それでもまだ不安という方であれば、同コンディションの最安値価格に合わせてしまいましょう。

中古商品の価格設定について~相場を読み取るコツ~

今回は中古商品の価格設定についてです。 正確に言うなら、正しい相場を読み取るという事ですね。 Amazonの中古商品には4つのコンディションがあり、それぞれのコンディションで相場が違います。 モノレー ...

続きを見る

 

Amazonの出品者には、大手中古ショップを始め多数のショップが出品しています。
莫大な利益を上げている凄腕せどらーなんかも当然居ます。

そういった方達は、しっかりと相場を読み切って出品しています。

ですので、初めの内はその方達に合わせておけば間違いはほぼないでしょう。

回転率が良くない

基本的に当ブログでは、回転率の良くない商品は初心者の方におすすめしていません。
なぜなら、複利方式でお金を回していくせどりビジネスと相性が良くないからですね。

しかし、仮に10,000円クラスの大きな利益となるなら一考の余地があります。

 

回転率は悪いが大きな利益となる商品を見つけた場合は、近い過去に想定販売価格で売れた実績をまず確認しましょう。

見込み利益は所詮見込みでしかないので、売れる前提が必要です。
また、あまりにも過去のデータはもちろん参考になりません。

ですので、出来れば過去半年以内程度であなたが販売したいと思っている価格で売れている事を確認してください。

 

次に、実際に売れるであろう時の販売価格を予測しましょう。
出品者の急激な増加や、早く売りたいライバルが大幅に値下げしてくる可能性があります。

仮に半年以内で売り切れるであろう商品なら過去半年分の価格推移・出品者推移をチェックしてください。

大幅な変化がなければ、売れる頃にもそこまで大きな変化は無いはずです。

中古商品においては、特に出品者の推移は十分に注意して下さい。
カート商品から問答無用で売れていく新品とは違い、お客様に選んでいただく中古商品はライバルが増える=お客様に選択肢を与える事になります。

そうなるとランキンググラフの見た目以上に商品の売れ行きは悪くなってしまうので、販売期間が長くなってしまう事になりかねません。

そうなると初期の予測と変わってきますので、充分に注意してください。

 

ここまで色々書きましたが、仕入れ資金が乏しい内は基本的に回転率の悪い商品は仕入れない方が良いです。

多少のリスクを負って一撃で大きな利益を狙うくらいなら、確実に売れる商品で資金を回した方が無難ですね。

最後に

今回は仕入れに迷った時の考え方についてお伝えさせていただきました。

基本的にですが、私は迷った商品に関しては仕入れない様にしています。
この辺りは経験なのですが、迷うという事はなにか”闇”が潜んでいる事が多いです。

無理に仕入れなくても良いほどの仕入れ量を確保すれば問題ありません。

 

ですが、悩んだ商品は必ずメモしてください。
メモした商品は定期的にチェックし、どのような推移をしたのか結果を必ず確認します。

その積み重ねで仕入れスキルはどんどん上がって行きます。


 

ブログ村に参加しております。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログへにほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

 


 

限定公開記事、始めました興味のある方はこちらをご確認ください

→ http://secondjob-newsletter.com/genteikizi/

sponsordrink

おススメ厳選記事

1

今回は、当ブログにてより深い内容の記事を皆様に見ていただく為に、 パス付き、限定記事を作らせていただきました。 目次1 なぜ、全体公開ではないのか?2 限定記事の内容3 パスの取得方法 なぜ、全体公開 ...

2

せどりには【予約転売】と呼ばれる手法があり、発売前の商品でも問題なく出品する事が可能です。(※例外アリ)   しかしこの予約転売という手法は、実際のところせどらーの間でも意見が分かれています ...

3

せどりを行うにあたり絶対に必須な物から、あると便利なアイテムまで全ての準備物をここにまとめました。 一度用意すれば長期間使える物もあれば、検品に使うような消耗品まで全てです。 タイトルには「最速で稼ぎ ...

4

出品や価格変更をサポートしてくれるツール、Amazonでのランキングや価格推移が一目で分かるツールなど、 せどりのツールには様々な種類があります。 せどりというビジネスで利益を継続的に伸ばしていくには ...

5

今回はリスト化の解説です。 正しくは【商品や出品者のリスト作成】ですね。 仕入れた商品・仕入れたショップや出品者を一度限りで終わらせるのは非常に勿体ないです。 極端な話、必ず売れる前提なら同じ商品を1 ...

6

せどりの様な在庫を持つビジネスにおいて、売れ残った在庫(不良在庫)をどの様に扱うかという事は、避けられないポイントとなってきます。 売れる事を想定して仕入れるのはもちろんなのですが、様々な事情で不良在 ...

7

当ブログでも【利益】【キャッシュフロー】という言葉を使っていますが、その違いとは何なのでしょうか。 こちらをしっかり理解する事で、今自分がどの様な仕入れを行なえばいいのか。 またはどの様な商品は仕入れ ...

-日記、考察

Copyright© せどり速報! , 2017 All Rights Reserved.