日記、考察

商品が売れやすい価格設定について

更新日:

物を販売する物販事業において、売れ行きを左右する最も大事なポイントは【価格】です。
例えばの話、買いたい商品の値段をチェックせずに購入する方はまずいませんよね。

つまり購入者様にとって、「買う」「買わない」の最も重要な判断ポイントとなります。
私達出品者側にとっても、販売価格は利益を左右される非常に重要な事柄ですね。

適正な相場価格に設定する事はもちろんながら、今回はより売れやすい価格設定について考察していきたいと思います。

では、さっそく始めていきましょう。

価格設定のポイントとは?

新品商品であれば、カートボックスシステムの都合上最安値にでなければ売れていく事はほぼありません。

ですのでここでいう「ポイント」とは、中古商品の話です。

 

基本的にはモノレート等からその商品の相場を導き出し、それぞれのコンデションに合った適正な価格を設定する事でしょう。

しかし、相場を1円単位で読み切るというのは少し無理がありますね。
需給のバランスというのは常に変動していますし、併せて相場も揺れ動いています。

ですので多くの方が、例えば1,800円~2,000円などと幅を持たせながら判断しています。

では、この幅を持たせた状態からあなたならどういった価格に設定しますか?

 

答えはスーパーや家電量販店でも良く見る”あの価格”です。
次項から解説していきます。

2つの意識すべきポイント

あなたがスーパー等へ買い物に行ったときの事を思い出してください。
998円や1,980円など、ぴったりではなく端数が設定されている価格が多いハズです。

ご存知の方も多いとは思いますが、あれには大きく分けて2つの意味があります。

先頭数字効果

人は商品の価格を見る際に、先頭の数字を過大に評価する傾向があります。

998円であれば百の位である「9」、1,980円であれば千の位である「1」がそれに当てはまります。

仮に1,000円の商品があったとして998円にあれば千の位が1→0になり、2,000円の商品が1,980円になれば千の位が2→1となりますよね?

実際には2円、20円しか変わっていないにも関わらず、先頭数字効果により過大なお得感を感じるのです。

これはトイザらスやユニクロなど、その道の大手企業も取り入れているマーケティング戦術です。

 

ここで一つ注意したいのが、1,500円→1,450円としてもあまり効果が無いという点。

先頭数字効果はその名の通り、先頭の数字を過大に評価するという人間の行動心理に基づいています。

1,500円→1,450円では先頭の数字である千の位の「1」は変化していないので、それほどお得感を感じないという事です。

価格設定の際は、先頭数字が変わるのであればぴったりでは無く少しだけ値下げして設定すると良いでしょう。

端数価格効果

日本では商品価格の末尾を「8」という数字にする事により、消費者にお得感を与えて購買意欲を刺激するという事が分かっています。

これを、端数価格効果と言います。

「8」という数字には特に意味は無く、語感の良さや広がりで縁起が良いという理由だけだそうです。
ちなみに、アメリカでは「8」では無く「9」が端数価格で設定される数字となっています。

 

私個人の考えですが、端数価格でお得感を煽ると言うより慣れ親しんだ価格を見せるという意味合いの方が効果があると考えます。

特に我々日本人は、変化を嫌い慣れ親しんだものを好むという傾向がありますね。

この心理を利用し、良く目にする価格を見せる事により安心信頼感を与えられるのではないかと思うのです。

顔の見えないネットショッピングでは、安心と信頼感は非常に重大です。

以上の理由により、価格設定時には末尾に「8」を入れると良いかと思います。

ライバルの1円追従について

Amazonで商品を見ていると良く目につくのが、1円だけ安い出品者です。
新品商品であればカートを取る為の戦略という事はわかりますが、中古商品でも散見されます。

いずれにせよ、よっぽど早く売りたい商品で無ければ相手にしなくて良いです。

というのも、1円だけ下げて価格追従してくる出品者のほとんどは、ツールによる自動的な価格改定です。

追従するボーダーはもちろん決まっているでしょうが、他の出品者の参戦等で不毛な争いとなりやすいからですね。

新品でよっぽど早く売り抜きたい事情があるなら食い下がっても良いかもしれませんが、基本的にはスルーしておきましょう。

 

経験則ですが、1円だけ安い商品はお客様にあまり良い印象を与えないのかなとも思いますね。
同コンディションで1円安いだけの商品より、先に私の商品が売れるといった経験が何度かあるからです。

このあたりは明確なデータがありませんので不確定ですが、1円追従は基本的には放置しておきましょう。

最後に

今回は価格設定時におけるちょっとしたポイントをお伝えさせていただきました。

実践すれば劇的に売り上げアップとはならないかと思いますが、何かしらの変化はあるかと思います。

特に労力や時間を割くわけでもないので、価格設定や価格調整の際に試してみると良いでしょう。

 

価格調整とは~なぜ価格調整が必要なのか~

価格調整とは、一度出品した商品が適正価格かどうかを判断し、都度金額を調整していく事です。 今回は、何故価格調整をしなければならないのか。 そして、どの様な事を考えて価格調整をするのか、について説明して ...

続きを見る

コンディション説明文の書き方講座!売り上げアップにも繋がる説明文の書き方とは?

Amazonで商品を販売するにあたり、非常に重要となってくるのは「コンディション説明文」です。 出品者によりその書き方・内容は様々ですが、大前提として必ず記載するようにしてください。 お客様からすれば ...

続きを見る


 

ブログ村に参加しております。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログへにほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

 


 

限定公開記事、始めました興味のある方はこちらをご確認ください

→ http://secondjob-newsletter.com/genteikizi/

sponsordrink

おススメ厳選記事

1

今回は、当ブログにてより深い内容の記事を皆様に見ていただく為に、 パス付き、限定記事を作らせていただきました。 目次1 なぜ、全体公開ではないのか?2 限定記事の内容3 パスの取得方法 なぜ、全体公開 ...

2

せどりには【予約転売】と呼ばれる手法があり、発売前の商品でも問題なく出品する事が可能です。(※例外アリ)   しかしこの予約転売という手法は、実際のところせどらーの間でも意見が分かれています ...

3

せどりを行うにあたり絶対に必須な物から、あると便利なアイテムまで全ての準備物をここにまとめました。 一度用意すれば長期間使える物もあれば、検品に使うような消耗品まで全てです。 タイトルには「最速で稼ぎ ...

4

出品や価格変更をサポートしてくれるツール、Amazonでのランキングや価格推移が一目で分かるツールなど、 せどりのツールには様々な種類があります。 せどりというビジネスで利益を継続的に伸ばしていくには ...

5

今回はリスト化の解説です。 正しくは【商品や出品者のリスト作成】ですね。 仕入れた商品・仕入れたショップや出品者を一度限りで終わらせるのは非常に勿体ないです。 極端な話、必ず売れる前提なら同じ商品を1 ...

6

せどりの様な在庫を持つビジネスにおいて、売れ残った在庫(不良在庫)をどの様に扱うかという事は、避けられないポイントとなってきます。 売れる事を想定して仕入れるのはもちろんなのですが、様々な事情で不良在 ...

7

当ブログでも【利益】【キャッシュフロー】という言葉を使っていますが、その違いとは何なのでしょうか。 こちらをしっかり理解する事で、今自分がどの様な仕入れを行なえばいいのか。 またはどの様な商品は仕入れ ...

-日記、考察

Copyright© せどり速報! , 2017 All Rights Reserved.