検品、販売

販促力アップ!Amazonのお客様に提供する決済方法を増やす方法

更新日:

せどりは物販事業ですから、仕入れだけでなく販売にも注力しなければいけません。

Amazonと超有名ネットショップサイトを利用しているわけですから、ある程度は【Amazon】というネームバリューだけで売れていきます。

しかし、それだけでは足りないのです。

ここでは、利益アップに繋がる「ある事」について解説していきます。

利益アップに繋がる「ある事」とは?

結論から言ってしまうと、購入者様が選ぶ事が出来る決済方法です。

小口出品者の場合は、クレジットカード・Amazonギフト券・Amazonショッピングカードの3つからしか選ぶ事が出来ませんが、FBAを利用する大口出品者は更に提供できる決済方法が増えますね。

その中で最も重要視すべきなのが、代金引換コンビニ決済です。

なぜ代金引換コンビニ決済なのか

引用元:総務省

総務省が平成26年に発表したデータによると、ネットショッピングを利用する際に約63.7%の方がクレジットカードを利用しているようです。

次いで代金引換が43.8%、コンビニ決済が38.9%となっています。

つまりこれらの決済方法を設定しておかなければ、82.7%のお客様を失ってしまうという事です。

まあ実際は複数回答可の調査なので、82.7%よりはグッと下がります。
しかし、私の体感では40%~50%の方が代引きやコンビニ決済を利用しているという印象です。

ほんの一部ですが、直近の販売状況です。

赤線部分の保留中となっている商品は
入金確認が取れていない状態=代金引換かコンビニ決済をお客様が選択された可能性が高い
です。

正確にデータを取った訳ではありませんが、こういった商品が40%~50%ほどを占めている印象という事です。

これらの決済方法を設定しないという事は、単純に40%~50%売れ行きが悪くなります。

ですので、必ず設定しておくべき決済方法なのです。

代金引換について

代金引換に関しては、特別設定する必要はありません。
というのも、FBAを利用しているプライム商品に関しては自動的に代引決済が有効になっているからです。

つまり、代引き設定で反映されるので自己発送商品のみとなりますが、自己発送商品に関しては代引き決済を推奨しません。

なぜなら、利用するメリットよりデメリットの方が大きいからです。

 

メリットは前項お伝えした通り、販売促進という点が挙げられます。
ではデメリットはどうでしょうか?

まず考えられるのは、受け取り拒否による返送です。
受け取り拒否というか、最初から悪戯購入の可能性が高いですね。

これをやられてしまうと、販売機会の損失に他なりません。

 

次に、そもそもの手数料が高い事。
ヤマト運輸等は代引き発送を利用するのに契約がいるなど面倒なので、多くの方が郵便局を利用しています。

郵便局のホームページを確認すれば分かりますが、手数料もろもろで500円近く必要となる事が分かります。
そこから送料などもプラスで発生するので、更に大きな負担です。

Amazonで設定すればある程度の送料も設定できますが、メディア系商品は固定です。
またその設定もかなり面倒なんですよね。

他のやり方としては、あらかじめ販売価格に上乗せしておくという方法がありますが、こちらですと高くなりすぎるのでそもそも購入されません。

 

他にも、伝票を書く手間だったり手続きの手間等を考えると、やはり自己発送商品では代引きを設定しない方が良いという事になります。

先述しました通り、FBAを利用したプライム商品であれば自動的に代引きも選択可能となっていますし、手数料もろもろも全てAmazonが負担してくれるので心配無用です。

コンビニ決済について

こちらは自己発送商品であっても必ず設定しておきましょう。
代引きのように手数料がある訳でも無く、もろもろの手間もありません。

お客様が支払い完了となり次第、商品を発送するだけです。

また、こちらはFBA利用商品でも自動的に選択可能とはなりませんので、自身で設定する必要があります。
設定方法については次項から詳しく解説していきますので、読み進めていって下さい。

 

デメリットとしては、やはり悪戯購入による販売機会の損失が挙げられます。

ですがこちらは購入個数制限を掛ける事により、ある程度は回避できますのでそこまで心配する必要もありません。

購入個数制限の設定方法!メリット・デメリットも解説します!

みなさんこのような画面を見た事がありますか? 主にAmazonから複数購入しようとすると、このように個数制限がある商品があります。 こちらの個数制限、実はAmazonだけでなく私達セラーも設定できるの ...

続きを見る

個数制限の設定方法をご存知ない方は、こちらで詳しく解説していますので併せてご覧ください。

 

このように、コンビニ決済に関しては受ける恩恵の方が大きいので必ず設定すべきです。

では、ここからは代金引換・コンビニ決済の設定方法について解説していきます。

代金引換・コンビニ決済設定方法

まずはセラーセントラルにログインし、右上の【設定】にマウスを持って行き、出品用アカウント設定をクリックします。

次に支払い情報の中から、【支払い方法の設定(コンビニ払い / 代金引換)】をクリックしていきます。

すると支払い方法の設定というページにジャンプしますので、ページ右部にある【編集】をクリックし、そこから設定していけばOKです。

 

代金引換のチェックを外し、コンビニ決済にだけチェックを入れておきましょう。

これで、お客様に選んでいただける決済方法にコンビニ決済が加わります。

最後に

とある企業が行った調査によると、オンラインショッピング利用時に希望する支払方法が選べなかった場合、「そのショップ以外で購入する」と答えた方と、「購入自体をやめる」と言う方を合わせると50%以上にもなったそうです。

このことから、お客様に提供する決済方法は多いに越したことはありません。
実際、クレジットカードの使えないサイトでの仕入れはひと手間掛かり面倒くさいです。

代引きはデメリットが大きすぎるのでアレですが、コンビニ決済だけは必ず設定しておきましょう。

 

購入個数制限の設定方法!メリット・デメリットも解説します!

みなさんこのような画面を見た事がありますか? 主にAmazonから複数購入しようとすると、このように個数制限がある商品があります。 こちらの個数制限、実はAmazonだけでなく私達セラーも設定できるの ...

続きを見る

在庫確認してますか?FBAを利用する上での注意点「在庫紛失」について

商品の保管から注文処理・出荷・配送・返品に関するサービスを一手に担ってくれるフルフィルメント by Amazon(通称FBA) 物販ビジネスにおいてどうしても時間の掛かる業務をAmazonが代行してく ...

続きを見る


 

ブログ村に参加しております。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログへにほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

 


 

限定公開記事、始めました興味のある方はこちらをご確認ください

→ http://secondjob-newsletter.com/genteikizi/

sponsordrink

おススメ厳選記事

1

今回は、当ブログにてより深い内容の記事を皆様に見ていただく為に、 パス付き、限定記事を作らせていただきました。 目次1 なぜ、全体公開ではないのか?2 限定記事の内容3 パスの取得方法 なぜ、全体公開 ...

2

せどりには【予約転売】と呼ばれる手法があり、発売前の商品でも問題なく出品する事が可能です。(※例外アリ)   しかしこの予約転売という手法は、実際のところせどらーの間でも意見が分かれています ...

3

せどりを行うにあたり絶対に必須な物から、あると便利なアイテムまで全ての準備物をここにまとめました。 一度用意すれば長期間使える物もあれば、検品に使うような消耗品まで全てです。 タイトルには「最速で稼ぎ ...

4

出品や価格変更をサポートしてくれるツール、Amazonでのランキングや価格推移が一目で分かるツールなど、 せどりのツールには様々な種類があります。 せどりというビジネスで利益を継続的に伸ばしていくには ...

5

今回はリスト化の解説です。 正しくは【商品や出品者のリスト作成】ですね。 仕入れた商品・仕入れたショップや出品者を一度限りで終わらせるのは非常に勿体ないです。 極端な話、必ず売れる前提なら同じ商品を1 ...

6

せどりの様な在庫を持つビジネスにおいて、売れ残った在庫(不良在庫)をどの様に扱うかという事は、避けられないポイントとなってきます。 売れる事を想定して仕入れるのはもちろんなのですが、様々な事情で不良在 ...

7

当ブログでも【利益】【キャッシュフロー】という言葉を使っていますが、その違いとは何なのでしょうか。 こちらをしっかり理解する事で、今自分がどの様な仕入れを行なえばいいのか。 またはどの様な商品は仕入れ ...

-検品、販売

Copyright© せどり速報! , 2017 All Rights Reserved.