ジャンル別仕入れテクニック

せどり初心者にもおすすめ!無線LANルーターの仕入れポイントやメリット・デメリットの解説

今回はせどり狙い目ジャンルの一つである無線LANルーターの解説です。

パソコンの周辺機器というと、知識がなければ取り扱えないのではないかと思われるかもしれませんがそんな事はありません。

逆に、そういったイメージが強いのか比較的ライバルは少ない傾向にあるので美味しい商品ジャンルと言えますね。

そんな無線LANルーターの仕入れるポイントからメリット・デメリットまで解説していきますのでどうぞご覧ください。

無線LANルーターの特徴

無線LANルーターと言えば、スマホ全盛のネット社会である現代では欠かせない機器です。

Amazonでの販売手数料は10%

一般的な家電と同じ扱いですね。

また新品と中古に価格差のある商品が多いので、安いという意味で中古商品にも需要があります。

最新商品でなくとも比較的ランキングの高い商品も多く、割と仕入れやすい印象です。
特にBUFFALO・NEC等、誰もが聞いた事のある有名メーカーの商品にその傾向が強いですね。

 

中古の売れやすいコンデションに関しては、

  • 本体+電源アダプタのみである【
  • 付属品完品である程度状態の良い【非常に良い】が需要を持っていると思います。
  • そこまで状態の良さに需要が無い為か、【ほぼ新品】が最も回転率が悪いです。

 

この辺りは価格との兼ね合いもありますが、ライバルに付属品完品である【良い】【非常に良い】が居り、なおかつ価格差があると売れ行きは非常に悪くなりますね。

後は単価もほどよいため、それなりに利益が出る所もポイントです。

これらを踏まえて、無線LANルーターを取り扱うメリット・デメリットを見てみましょう。

無線LANルーターのメリット

まずは冒頭でもお伝えしたように、比較的ライバルが少ないです。

ありえない程少ないといった事は無いですが、本やゲームなど参入障壁の無いジャンルに比べては少ないです。

 

次に、仕入れの幅が広いという事。
中古にも需要がありますが、もちろん新品に全く需要が無い訳ではありません。

新品は家電量販店で、中古はブックオフやハードオフ等の各中古ショップで幅広く取り扱われています。

電脳でもそこそこ出品はありますので、割と仕入れやすいです。

 

もう1つは、よく投げ売りされている点です。
これはヤフオクやメルカリ、ブックオフなどの中古商品に多いですね。

恐らくですが、ヤフオクやメルカリで投げ売りされやすい理由は「商品の価値があまりわからない」方が多いからかと思われます。

例えば、CDやゲーム、本といったメディア系商品は、せどりを行ってなくともある程度の相場観がありますよね?

全く知らない商品は別として、自分が好きで買ったメディア系ジャンルの商品はある程度の価値が分かるのです。

こういった理由で、せどり初心者の方には自身がプライベートでも関りのある商品ジャンルから始めると良いですよと過去にお伝えしていました。

 

では、無線LANルーターではどうでしょうか?

スマホの普及によりほぼ必須となっているネットワーク機器ですが、それ自体に興味を持っている方は少ないです。

あくまでも使用するスマホがメインなわけですから、Wi-Fiに繋げればそれで良いという方が大半です。

そうなると、もはや知らない商品と同レベルで商品の価値が分かりません。

ですので、『少しでもお金になればいいや』との思いからよく投げ売りされているのでしょう。

中古ショップでは、単に売れにくいといった理由からかと思います。
無線LANルーターを購入するために、専門店では無い中古ショップに足を運ぶとはなかなか考えにくいですからね・・・。

無線LANルーターのデメリット

まずは検品が面倒という点が挙げられます。

無線LANルーターの付属品は比較的多いので、それら1つずつ検品していると結構な時間をとられますね。

ただし、付属品はどの商品でも似たような内容が多いので、覚えてしまえばそれほどでもありません。

  • ルーター本体
  • LANケーブル
  • スタンド
  • 取説類
  • ドライバCD

このような構成となっている商品が多いので、覚えておくと良いかもしれません。

 

もう一つは、動作確認の点です。

知識がある方であれば問題ないですが、少しPC関係が苦手な方であればしっかり接続できるかどうかの確認だけでも難儀してしまう事でしょう。

出来るだけ自身で行えるようにはするべきですが、どうしても難しくて分からないのであれば店舗・出品者に動作確認が取れている事をしっかり確認しておきましょう。

もちろん、検品時には最低でも通電確認くらいは行ってください。

無線LANルーターの仕入れポイント

基本的には回転率の良い商品を狙っていきます。
この辺りは他ジャンルの商品と同じですね。

メリットの項でお伝えした通り、中古無線LANルーターは格安で仕入れられる可能性がありますから、利益優先で若干回転の悪い商品もチェックしましょう。

全く売れない製品は論外ですが、大きな利益となる場合はケースバイケースで考えるという事ですね。

 

中古で狙うコンデションは【可】もしくは付属品完品の【非常に良い】です。
PC関係が苦手な方であれば、付属品に欠品があると本当に使えるのか不安になってしまうため、完品商品に大きな需要があります。

知識がある方であれば、本体とアダプタがあれば使用できるので最安で購入できる【可】に需要があるといった所です。

 

一応、ガイドライン的にはクイックスタートガイドや取扱説明書がなくとも【非常に良い】で出品できますが、あまり需要は無さそうな気がします。

取説類はネットからダウンロードできますが、そもそもルーターを購入するという事はPCはネットに繋がっていないはず。
スマホからでも閲覧は出来ますが、無線LANルーターの説明書は情報量が多くスマホでは少し読みづらいですし、そもそも手間です。

という事は、やはり説明書もあった方が付加価値となり購入されやすいです。

ちなみに、無線LANルーターはメーカー純正箱でない箱の場合でも【良い】を選択できるという事を覚えておきましょう。

 

家電量販店では在庫処分品・ワゴン品等が大幅に値引きされている事があるので、まずはそちらをチェックしていけばOKです。

最後に

慣れてしまえば取り扱いもそれほど難しくないので、無線LANルーターは初心者にもおすすめのジャンルであると言えます。

商品によっては低単価のものもありますので、まずはそのような商品だけを狙っていくと良いでしょう。

リサーチのコツとしては、あまりにも古すぎる、または聞いた事のないようなメーカーの商品はそもそも全く売れていない商品が多いので、まずはメジャーな所から攻めてみると良いかと思います。

あわせて読みたい
中古スマホせどりはおいしい!仕入れる際の注意点とポイントせどりの中でも非常においしい商品ジャンルである中古スマートフォン。 販売単価が高く、Amazon販売手数料も8%と低いので利益率・...
ABOUT ME
いなさん
いなさん
2016年2月にせどりビジネスを開始、3ヵ月で月商500万を達成。 その後は作業の効率化を追求し、2018年1月以降は従業員のみで月商1000万を達成。