仕入れの基礎知識

状態の悪い中古商品は仕入れない方が良いのか

せどり初心者の方であれば一度は抱くであろう疑問。

『状態の悪い中古商品は仕入れない方が良いの?』

今回はそんなお悩みにお答えしていこうと思います。

では、さっそく始めていきましょう。

そもそも状態の悪い中古商品とは?

一般的に考えるのであれば、状態が悪い中古商品というのは傷・汚れがあるものを指します。

またそれに併せて、商品価値も状態が良いものより低いです。

主観的な部分が強いので定義づけが難しく、結構曖昧ですね。

では、せどり視点ではどうでしょうか?

これを知る為には、Amazonコンディションガイドラインをチェックしましょう。

Amazonマーケットプレイス コンディション・ガイドライン

 

Amazonでは、一般的に状態が悪いと言われている商品は【可】【良い】というコンディションに分類されます。

そちらを踏まえてガイドラインを見てみると、商品の傷・汚れに関しては「多」としか記載されていません。

つまりせどり視点でも見ても商品の状態とは主観的な要素が非常に強いという事がわかります。

という事は、一般的な認識と同じように考えても問題は無いと言えますね。

では、肝心の状態の悪い中古商品を仕入れて良いのかについて考えていきます。

状態の悪い中古商品を仕入れて良いのか

結論から言いますと、リスクを許容できるのであれば仕入れても構いません。

その最もたる理由の一つとして、Amazonガイドラインで出品禁止との記載がないからです。

出品禁止でないのであれば、販売出来るという事ですね。

販売出来るのであれば、当然仕入れるべきです。

もちろん利益が得られる商品である事が前提ですが・・・。

 

状態が悪いという理由だけで仕入れないといった行為は、自分で仕入れの幅を狭めている=チャンスを潰しているといっても過言ではありません。

わざわざ自分で自分の首を絞める必要もないので、状態の悪い商品だろうが仕入れるべきなのです。

状態の悪い中古商品を仕入れる事によるリスク

前項で「リスクを許容できるのであれば~」と記載した通り、状態の悪い商品には少なからずリスクが付きまといます。

お客様からのクレーム

コンディション説明文に状態を詳細に記載しても、商品写真を掲載しても状態の悪い商品は比較的クレームを貰いやすいです。

Amazonでのクレームは、低評価返品に繋がります。

特に評価数の少ない段階での低評価は非常に痛手となりますし、返品はそれだけで販売機会の損失などに繋がります。

回避しようのないものですので、状態の悪い中古商品を仕入れるのであれば覚悟しておかなければなりません。

隠れた動作不良がある可能性がある

状態が悪いという事は、長年使用されてきたかかなり乱暴に扱われたかのどちらかです。
そのどちらにも共通しますが、見た目だけでなく動作にも問題がある場合があります。

大まかな動作確認は検品時に行いますが、それだけでは気付かない小さな不具合があるかもしれません。

そういった商品は当然コンディション説明文に記載がなければ、クレームの元となってしまします。

状態の悪い商品には、こういったリスクもあるという事を覚えておきましょう。

 

ちなみに、Amazonのガイドラインによれば、使用に一部制限があったり、使用上の工夫が必要な商品でも出品できる事が記されています。

つまり商品利用による主とする目的を達成出来るのであれば、一部動作に不便が生じていても出品出来るという訳です。

もちろん上述したように、しっかりとその旨を記載しなければ高い確率でクレームとなってしまうのでご注意下さい。

検品に時間が掛かる

リスクというよりはデメリット言った方が正しいかもしれません。

前項でも説明したように、状態が悪いという事は、長年使用されてきたかかなり乱暴に扱われたかのどちらかです。

ですので、動作不良のチェックにも入念な確認が必要ですし、そのクリーニングにも結構な時間を要します。

除去できない汚れであれば仕方ないですが、簡単に落とせるものであれば残っているだけでクレームの元になりかねません。

動作確認・クリーニングという【検品】に時間が掛かってしまうのは少し難点ですね。

状態の悪い中古商品を仕入れるメリット

許容しなければならないリスクもありますが、もちろんメリットも存在します。

比較的安く仕入れる事が出来る

例えば状態の悪いAと状態の良いBというゲーム機が同じ価格で販売されている場合、あなたならどちらを購入しますか?

勿論、ほとんどの方がBを購入されるかと思います。

では、状態の悪いAを販売する為には、どうしたら良いでしょうか?

答えは、価格を下げる事です。

勘の良い方であれば気付いたかもしれませんが、価格を下げる=安く仕入れられる可能性があるという事です。

あくまで傾向の話ですが、特にヤフオクやメルカリといった個人売買サイトでは状態の悪い商品は投げ売りされている事が多いです。

理由は様々考えられますが、一番は「こんなものがお金になればラッキー」という考えからでしょうか。

状態が悪ければ当然Amazonでの販売価格も下がりますが、それでもなお利益が出るレベルで売られている事が多々あります。

もちろん店舗でもある程度は共通している所があります。

こちらは某中古ショップで仕入れた状態の悪かった商品です。
980円仕入れの9,280円販売、利益7,170円となりました。

もちろんこちらはかなり極端である種ラッキーな例ですが、こういった事も充分にありえますね。

ライバルが少ない

お伝えしたようにある程度のリスクがありますから、通常の商品よりは比較的ライバルが少ないです。

ライバルが少ないという事は、もちろん仕入れやすいという事ですね。

ビジネスにおいてライバルの居ないブルーオーシャン市場で戦える事はかなりの強みですので、こちらもメリットであると言えます。

最後に

状態の悪い中古商品というものは、多少のリスクもありますが十分に魅力的なメリットもあります。

世の中には「状態が悪くても価格の安いものが良い!」なんて需要がありますから、価格設定さえ間違えなければまず売れていきます。

 

状態の悪い中古商品で最も気を付けるべき点は、いかにトラブルを減らすかです。

誇張した商品状態は記載せず、購入者様の立場になって感じる状態を記載するよう心掛けると良いでしょう。

あわせて読みたい
Amazonコンディション説明文の書き方講座!売り上げアップにも繋がる説明文の書き方とは?Amazonで商品を販売するにあたり、非常に重要となってくるのは「コンディション説明文」です。 出品者によりその書き方・内容は様々...
あわせて読みたい
【Amazonせどり】中古商品コンデション付けのコツ~商品の状態を見抜く~ 前回の記事では中古商品についての基礎知識の解説をさせていただきました。 今回からは、前回説明した基礎知識のポイントについて...
ABOUT ME
いなさん
いなさん
2016年2月にせどりビジネスを開始、3ヵ月で月商500万を達成。 その後は作業の効率化を追求し、2018年1月以降は従業員のみで月商1000万を達成。