せどりの基礎知識

お客様から返品リクエスト?返品が来た時の対応を解説します!

商品を販売するというビジネスである以上、少なからず返品をされる事があります。

返品理由は様々ではありますが、しっかりと反省し次に繋げる事が販売者として当たり前の自覚です。

 

ですが今回はそういった心構えの話ではなく、Amazonで販売している商品が返品されてきた時の流れについて解説していきます。

返品リクエストの流れ~FBA在庫商品~

大口出品者が利用できるFBAサービスを利用しているのであれば、基本的に返品・返金対応は全てAmazonが行ってくれます。

ですので、こちらから購入者様に連絡等は特にしなくても構いません。

 

しかしFBA商品でもあっても、稀に購入者様からAmazonでは無く私達出品者に直接連絡がくる場合もあります。

その時はしっかりとフォローするようにしてください。

 

フォローと言っても、FBA在庫として登録している以上はそちらを介さなければいけないので、その旨をお伝えするだけですね。

中にはやり方が分からない方もいらっしゃるかもしれないので、しっかりとその方法まで案内してあげると良いでしょう。

 

いきなり話が逸れてしまいましたが、FBA在庫商品が返品された場合の流れについて説明していきます。

 

まず、先述したようにFBA在庫商品に関してはこちらから特になにかする必要はありません。

ですが、返品されてきた商品が「ある状態」だった場合、簡単な手続きをする必要があります。

 

2種類の返品商品

FBA在庫商品が返品されてきた場合、Amazonによって以下の2種に分類されます。

  • 販売可能商品
  • 販売不可商品

販売可能商品は、主に購入されたが未開封のままだった新品商品が主に当てはまります。

こういった商品はFBA倉庫に戻ってきた時点で自動的に再出品されますので、特に何もしなくとも大丈夫です。

 

問題は販売不可商品となった場合ですね。

これは名前の通り、新品商品が開封されていたり商品に破損があったりなど、そのままでは再出品が出来ない状態の商品です。

 

販売不可となった商品は、自動的に出品者に戻ってくる訳ではなくFBA倉庫にて保管されます。

ちなみに、放っておくと保管手数料も掛かりますし、30日を過ぎると所有権の放棄とみなされ自動的に破棄されてしまうので注意してください。

 

販売不可商品でも検品してみると実はなんの問題も無いような商品も多いので、必ず返送するようにしましょう。

 

販売不可商品の返送手続き

まずはセラーセントラルにログインしてください。

そして、在庫にマウスを持って行き在庫管理をクリックします。

 

すると在庫管理ページが開きますので、上部にある販売不可在庫の返送/所有権の放棄をクリックしてください。

販売不可在庫がある場合、リンク先のページに表示されています。

 

表示されている商品情報の右部に返送/所有権の放棄依頼を作成というボタンがあるので、そちらから進んでいきます。

 

すると依頼内容を作成するページとなるので、指示に従って正しく入力していきましょう。

商品の返送依頼の場合は、

①では必ずお届け先住所を入力を選択してください。

 

そして、特に住所の記載ミスに気を付けながら②を入力していきます。

入力が完了しましたら、右下部のある続けるをクリックしてください。

最後に依頼内容の確認をしっかりと行い、間違えがなければ確定させてOKです。

これで、無事商品は手元に返送されてきます。

 

ちなみに、返送にも手数料が発生が発生するので注意してください。

引用元:Amazonヘルプ

 

返品リクエストの流れ~自己発送商品~

自己発送商品に関しては、出品者が購入者様と直接やりとりする必要があります。

直接やりとりをするので交渉の余地はありますが、購入者様の返品リクエストは基本的に承認した方が良いです。

 

というのも、Amazonの規約にそう記載されているからですね。

Amazonの返品ポリシーとは、30日以内ならほぼ無条件で返品OKというアレです。

 

これに従う必要があるので、返品リクエストはほぼ無条件で受け入れる必要があるという事ですね。

引用元:Amazonヘルプ

 

ちなみに、

購入者様側のヘルプページには「出品者が独自の返品条件を指定している場合があるので、確認してください」と記載がありますが、

一般的な出品者はそもそもそういった設定は出来ません。

 

これは実店舗も構える様な大手の出店型出品者に与えられる権利ですね。

せどらーの多くは一般的な出品者に該当するので、返品対応はしっかりと受ける様にしましょう。

 

返品リクエストの確認方法と承認

こちらも画像を使って解説していきたいのですが、現在返品リクエストが無いため文章のみでの説明となる事をご了承下さい。

 

まずはセラーセントラルにログインし、ページ左部にある返品リクエストを確認しましょう。

画像では返品リクエスト 0となっていますが、返品リクエストがある場合「0」ではなくなります。

 

クリックすると返品リクエストの一覧ページが開きます。

返品理由も記載されており、特に問題なければページ右部にある返品を承認をクリックしていきましょう。

 

次に返品手順などを記入するページが開きますので、指示に従って記入していきます。

返品商品の承認番号Amazonが割り振る返品承認番号を使用を選択。

返送用ラベルも特に指定が無ければAmazonが提供し、返送料前払いの設定が無い返送用ラベルを使用を選択してください。

住所は特に変更が無ければ、初期設定された返送先住所を使用とすればOKです。

返品手順については出品者側で全て記載する必要があります。

 

以下、簡単な例文を書いておきますので良ければ参考にして下さい。

返品リクエストを受け付けました。

お手数ではございますが、商品を返送いただきますようお願い致します。

商品到着後に確認し、問題が無いようであれば返金させていただきます。

 

入力完了後、リクエスト承認をクリックすれば終了です。

購入者様には返品リクエストを承認した旨の通知が送られますので、返品商品の到着を待ちましょう。

 

返金ルールについて

基本的にはAmazonが定める返品ポリシーに則りましょう。

お客様都合による返品の場合は以下のようになっています。

  • 未使用かつ未開封:商品代金を全額を返金。
  • 開封済み:商品代金の50%を返金。

Amazon 返品・交換の条件

詳しくはこちらに記載がありますので、確認してください。

 

商品が手元に戻り、問題がないようであれば上記ルールに基づき返金対応を行います。

先ほどの返品管理ページより、対応が完了している返品リクエストから該当商品右部にある返金を実行とすればOKです。

一部又はは全額返金が選択出来ますので、商品の状態と返品理由に合わせて選択していきましょう。

 

最後に

物販ビジネスである以上、どれだけ質の良い商品だけを取り扱っていても返品というものは少なからずやってきます。

こういった時にFBAを利用していると、全て対応してくれるので時間も手間も掛かりません。

 

ケースバイケースですが、こういった事からも基本的に商品はFBA在庫とした方が良いですね。

購入者様の中には激昂していらっしゃる方も居るかもしれませんが、こちらが誠実に対応していれば大きなトラブルには発展しにくいです。

 

続けていると理不尽な事もあるかもしれませんが、その様な場合はAmazonのサポートにしっかりと相談しましょう。

無用なトラブルを避けるためにも、そこは徹底するべきです。

ABOUT ME
いなさん
いなさん
2016年2月にせどりビジネスを開始、3ヵ月で月商500万を達成。 その後は作業の効率化を追求し、2018年1月以降は従業員のみで月商1000万を達成。