仕入れの基礎知識

カー・バイク用品せどりのメリット・デメリットの解説!

せどりと言うと、家電量販店やブックオフなどの中古リサイクルショップを挙げる方が多いかと思います。

家電量販店やリサイクルショップは仕入れ先として非常に優秀です。
しかし、皆が知っている以上ライバルも多いというのが現状ですね。

ライバルよりも店舗に着くのが遅く、利益が取れる商品が既に抜かれているという事もあるのではないでしょうか?

そんな時でも仕入れに困らない様に、仕入れ先は多く持つことが大切です。

そこで、あまり知られていないカー・バイク用品を紹介したいと思います。
仕入れ先の幅を広げるとともに、ライバルが少ないジャンルなので知っておくと非常に有利になるでしょう。

今回はカー・バイク用品をせどりする際のメリット・デメリットを解説していきます。

カー・バイク用品のメリット

まずはメリットを紹介していきます。

販売手数料が10%である事

カー・バイク用品の販売手数料は家電と同じ10%。
メディア商品の15%に比べると、それだけで仕入れやすいジャンルです。

カー用品は単価の高い物もありますので、5%違うだけで仕入れられる量が全然違ってきます。
販売手数料の少ないジャンルをリサーチするのはせどらーの鉄則とも言えるのです。

マニアの方も多い

カー用品といっても、洗車などのメンテナンス部品だけではありません

ライトやランプなどの内装パーツ・外装やエアロなどのパーツなど、マニアの方に好まれる製品も多くあります。
なので古い商品でもレアな物は直ぐに売れていく時もあります。

改造したり装飾したり、車をカッコよく、あるいは可愛く仕上げている方も沢山いらっしゃいます。
その様な方をターゲットにした仕入れも行っていきましょう。

価格の幅が広い

エアロパーツやカーナビなど単価の高い物から、車載ホルダーなどの低単価商品まで、幅広い価格帯が存在します。

なので資金の少ない内でも、仕入れられる商品があります。

自身の資金に合わせ、リサーチするコーナーを決めておきましょう。

低単価商品は、ワゴンセールなどで安くなっている事も多いです。
セール商品からしっかりリサーチを掛けていきましょう。

消耗品も多い

洗剤やスポンジ、ワックスなど消耗品も数多くあります。

リピートしてもらえる商品を数多く仕入れる事が出来れば、それだけでも大きな利益となりますね。

カー用品店なら全て新品商品なので、ランキング次第では薄利でもしっかり仕入れるようにしましょう!

ライバルが少ない

デメリットでも紹介しますが、知識の要る商品も多い為ライバルが少ないです。

なので、セール品を独占出来たりする事もありますね。

カー・バイク用品のデメリット

次はデメリットです。
ライバルが少ないという事は、少なからずデメリットの部分が大きいという事です。

しかし克服できれば、大きく利益を伸ばせるようになるでしょう。

回転率が遅い


家電やゲームなどに比べ、全体的に回転率が遅い商品が多いです。

キャッシュフローなども考え、多く仕入れられるときでも仕入れ個数には気を配りましょう。

カーナビなどは毎年新商品が出ます。
古いカーナビは地図更新などが必要になってくるため、回転率が落ちる傾向にあります。

メーカーやモノによっては地図更新が出来ない機種も存在しますので、その商品はやはり極端に回転率が落ちます。
価格の下落も激しいので、素早く売り切る事が大切になってきます。

知識が無いとリサーチが難しい


低単価商品はあまり知識は要りません。

しかし、マニア向けの商品となると知識が無いと、中々仕入れが出来ません。

初めのうちは外装パーツはあまり手を出さない方が無難でしょう。
上記でも説明しましたが、地図更新の出来ないカーナビなど知識が無ければ判別できません。

 

この様な商品を仕入れるコツは、どんな方に買って頂けるのかを考える事。

 

例えばDIYで設置するのがかなり難しそうなパーツは売れにくい。などですね。

商品数も多いので、売れにくい商品を覚えてリサーチをパスする事も覚えていきましょう

最後に

メリットも非常に多いカー・バイク用品ですが、デメリットも無視出来るほど小さなものではありません。
商品数も多いので、途方に暮れてしまう事もあるかもしれません。

ですのでまずはAmazonのカー・バイク用品のカテゴリーから、どの様な商品を仕入れ出来そうか把握しておきましょう。

回転率や値下がりには特に配慮して仕入れを行うようにしましょう。

 

常日頃から、どんな方に買って頂けるのか。を考えましょう。
これはカー・バイク用品だけに限ったことではありません。

もちろんモノレートやKeepaのグラフは見ますが、それだけではなく【潜在需要】を見抜くことが出来るようになります。

商品ページが無い商品などもありますので、Amazonだけに販路を絞らず、ヤフオクなども考えながら仕入れを行ってください。

次回はカー・バイク用品仕入れのコツを紹介していきます。

あわせて読みたい
店舗せどり攻略!カー・バイク用品を仕入れるコツ! 前回、カー・バイク用品のメリット・デメリットを紹介していきました。 今回はそれを踏まえ、店舗で仕入れるコツを解説していきた...
ABOUT ME
いなさん
いなさん
2016年2月にせどりビジネスを開始、3ヵ月で月商500万を達成。 その後は作業の効率化を追求し、2018年1月以降は従業員のみで月商1000万を達成。