せどりの基礎知識

ネットショップには評価が必須!Amazonでの評価リクエスト(依頼メール)の送り方

投稿日:

顔の見えないネットショップだからこそ、商品を販売している出品者の評価は非常に大切です。

代表的なところで言えばヤフオクやメルカリなどの個人売買サイトであり、その大切さは利用している方であればご存知かと思います。

それは日本一の販売プラットフォームであるAmazonも例外ではなく、良い評価だけでなくその絶対数も非常に大切です。

しかし、相互評価や強制評価が当たり前の文化になっているヤフオクやメルカリと違い、購入者様からしかいただけないAmazonでは評価を付けてもらう事自体がかなり難しいです。

ここでは、Amazonで評価を付けてもらい易くする簡単なテクニックをご紹介したいと思います。

Amazonで評価を貰わなければならない理由

冒頭でお伝えした通り、販売者の顔や実店舗が存在しない以上、購入者様がショップの信用を確認する術は”評価”以外にありません。

高評価を貰う事は当然ながら、さらに安心して選んでいただく為には評価の絶対数も非常に大切です。

特にカートボックスシステムの無い中古商品では評価も選択要素の一つとなるので、その絶対数は多いに越したことはありません。

例えば上記画像の「A」と「B」が同じ商品を同じ説明文で、かつ同じ価格で販売しているとするならば、あなたはどちらのショップから購入したいと思いますか?

 

100%の高い評価を維持している「A」ですが、その絶対数は4件と販売実績が少ない事が分かります。

一方の「B」は100%でこそないものの、99%と非常に高い評価で絶対数の多さから数多くの購入者様に満足していただいているという実績がある事が分かりますね。

 

前提条件がかなり強引ではありますが、普通に考えれば多くの方が「B」を選択する事が容易に想像できます。

このように、高い評価を貰うだけでなくその絶対数も販売力に関わってくるので非常に大切です。

 

また、カートボックスのお陰で一見では評価の見えない新品商品ですが、その獲得にも評価が重要と言われています。

しかし、実態はどうであるかはわかりません。

Amazon ショッピングカートボックスの獲得

こちらを見る限り、ショップの評価についての具体的な記述はありません。

当てはまりそうなのは「その他の出品者のパフォーマンスの指標」くらいですが、この一文のみで明文化された記載は確認できませんね。

 

ですが、今年の5月に問題となったAmazonマーケットプレイス詐欺事件以降、カート取得出品者であっても購入者様はそのショップをチェックする傾向にあります。

高い評価は勿論の事、その絶対数もチェックの対象となるので(詐欺出品者の多くは新規出品者=評価0であるため)より多くの高い評価をいただく必要があります。

 

つまり新品商品だろうが中古商品だろうが、Amazonで販売する上では良い評価とその絶対数が絶対に必要です。

Amazonは評価が貰いにくい?

評価を付けあう文化が定着しているヤフオクやメルカリと違い、Amazonでの評価は購入者様からの一方通行かつ付ける付けないは自由です。

Amazonの購入者様で評価を付けて下さる方は1%~3%と言われています(ネット調べ)

つまり100商品販売で1つ~3つの評価がいただける計算です。

 

これではとても評価を1,000・2,000と集めるのは不可能に近いですね。

ですので、評価をいただく為にはこちら(出品者)側から購入者様に対してアクションを起こす必要があるのです。

その為にAmazonには評価リクエストと呼ばれるシステムがあるので、そちらを存分に利用していきましょう。

評価リクエストの送り方

まずはセラーセントラルにログインします。

そしてページ上部にある【注文】にマウスを持って行き、【注文管理】をクリックしてください。

すると、自身の販売した商品の注文履歴が確認できます。

そこから、評価リクエストを送信したい商品の【注文番号】をクリックしましょう。

そうしましたら【注文の詳細】が確認出来ますので、そこから【購入者に連絡】という項にある【購入者様の名前】をクリックしましょう。

そこで購入者様にメールを送信できますので、件名を【評価リクエスト】に変更し、評価をお願いする旨の内容を書いていきましょう。

出来上がったら、最後に【Eメールを送信】ボタンをクリックすればOKです。

この評価リクエストでは、高い評価を促したりプレゼントなど何か対価を差し出す代わりに高評価を頂くというのは禁止されています。

つまり評価を操作する行為は禁止という訳です。

ですので、評価リクエストではあくまでも公平に評価をいただけるような内容にしましょう。

 

評価リクエストメールは内容が少し難しいかもしれませんので、ちょっとした例文を置いておきます。
これを参考に、あなた自身で内容をしっかり考えて下さいね。


【○○様】

この度は○○(屋号など)からご購入いただきまして、誠にありがとうございます。
ご注文いただいた商品はお手元に届きましたでしょうか?


商品が到着しましたら、評価にてその旨をお知らせいただければ幸いです。

万が一、到着した商品が状態説明文と大きく異なっていた場合や、運送会社の遅延等で商品が届いていない場合は、大変お手数ですがメールにてご連絡いただきますようお願い申し上げます。

弊社ではお客様満足度向上の為、日々向上心を持って取り組んでおります。
スタッフ一同お客様からの評価を励みに営業しておりますので、お手数お掛けしますがご協力お願い致します。


 

こういった文章に、評価の付け方やメールの送り方などを記載しておくようにしましょう。
あくまでも簡単な例文ですので、足りない部分は自身で考えてしっかりと補完してください。

 

送るタイミングは文章を見ていただければ分かる通り、商品が到着しているであろうタイミングです。

ですので、早すぎても遅すぎても有効ではありません。

商品の発送から2日~3日後に送るとベストかと思いますので、覚えておくと良いでしょう。

最後に

評価リクエストを送信すれば、数%の獲得率でも十数%まで上がる印象です。

それでもまだまだ低いですが、行動しないよりは絶対に行動するべきです。

 

ちなみにプライスターでは、評価リクエストを指定の時間に自動で送信してくれるサービス「サンクスメール」を設定できます。非常に便利なシステムとなっており、手動で評価依頼を送っている方にはおすすめとなります。

プライスター 30日間無料

多くのせどらーが愛用している価格改定ツールであり、在庫の一括出品や売り上げ管理など非常に便利です。

サンクスメールの設定方法に関しては、コチラに記載されていますので確認してください。

サンクスメールだけでなく、せどりを行っていくにあたり非常に便利なツールですので利用する事をおすすめします。

人気せどりツール【プライスター】の機能紹介!

プライスターとは商品の出品から価格調整、在庫管理など時間のかかる作業が一気に楽になる万能ツールです。 私も使用しているツール【プライスター】について、機能を紹介したいと思います。 沢山のツールがあって ...

続きを見る

私も利用していますし、当ブログでも簡単な機能紹介をいたしております。

そちらも参考にしていただき、よろしければ参考にしてください。


ブログ村に参加しております。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 小遣いブログへにほんブログ村 小遣いブログ せどりへ

 


 

限定公開記事、始めました興味のある方はこちらをご確認ください

→ http://secondjob-newsletter.com/genteikizi/

sponsordrink

おススメ厳選記事

1

今回は、当ブログにてより深い内容の記事を皆様に見ていただく為に、 パス付き、限定記事を作らせていただきました。 目次1 なぜ、全体公開ではないのか?2 限定記事の内容3 パスの取得方法 なぜ、全体公開 ...

2

せどりには【予約転売】と呼ばれる手法があり、発売前の商品でも問題なく出品する事が可能です。(※例外アリ)   しかしこの予約転売という手法は、実際のところせどらーの間でも意見が分かれています ...

3

せどりを行うにあたり絶対に必須な物から、あると便利なアイテムまで全ての準備物をここにまとめました。 一度用意すれば長期間使える物もあれば、検品に使うような消耗品まで全てです。 タイトルには「最速で稼ぎ ...

4

出品や価格変更をサポートしてくれるツール、Amazonでのランキングや価格推移が一目で分かるツールなど、 せどりのツールには様々な種類があります。 せどりというビジネスで利益を継続的に伸ばしていくには ...

5

今回はリスト化の解説です。 正しくは【商品や出品者のリスト作成】ですね。 仕入れた商品・仕入れたショップや出品者を一度限りで終わらせるのは非常に勿体ないです。 極端な話、必ず売れる前提なら同じ商品を1 ...

6

せどりの様な在庫を持つビジネスにおいて、売れ残った在庫(不良在庫)をどの様に扱うかという事は、避けられないポイントとなってきます。 売れる事を想定して仕入れるのはもちろんなのですが、様々な事情で不良在 ...

7

当ブログでも【利益】【キャッシュフロー】という言葉を使っていますが、その違いとは何なのでしょうか。 こちらをしっかり理解する事で、今自分がどの様な仕入れを行なえばいいのか。 またはどの様な商品は仕入れ ...

-せどりの基礎知識

Copyright© せどり速報! , 2017 All Rights Reserved.