せどりの基礎知識

【必見!】せどりに必要な物・準備物まとめ!最速で稼ぎ出す為に!

今回は、

せどりを行うにあたり絶対に必須な物から、あると便利なアイテムまで全ての準備物をここにまとめました。

一度用意すれば長期間使える物もあれば、検品に使うような消耗品まで全てです。

 

タイトルには「最速で稼ぎ出す為に」とありますが、

もちろん自分のペースでゆっくりと進んで行きたい方にも参考になる記事にしています。

 

最速で結果を出したいのであれば出来る限り全て準備していただき、

そうでない方はまず必須アイテムから準備していくと良いでしょう。

 

必須アイテムから準備した方も、より効率的に稼ぎ出すためにこの記事をブックマークしていただき、

お金に余裕が出来たら買い揃える様にしていただきたいです。

 

※ページ下部に消耗品と購入先をまとめてあります。

目次6番「消耗品購入リストまとめ」をクリックしていただければジャンプできますので、ぜひご活用ください。

せどりで絶対に必要な物

まずはせどりで稼ぐ為に絶対に必須なアイテムから。

ここで紹介するアイテムは、最速で稼ぎたい方もそうでない方も必ず準備するようにしてください。

 

究極的には無くてもなんとかなりますが、

効率がかなり悪くなってしまうため「無ければ出来ない」くらいに考えていただきたいです。

  • スマートフォン、iPhone
  • パソコンとネット環境
  • プリンター
  • クレジットカード

絶対に必須のアイテムはこれだけです。

 

ですのでもしお金に余裕のない方であれば、

まずは最低限これだけを用意すればせどりを始められなくも無いですね。

 

簡単にですが、解説していきます

 

スマートフォン、iPhone

せどりでは店舗仕入れに必要なリサーチアプリを利用するのに絶対に必要です。

と言っても、多くの方が既にお持ちだとは思うので、特に問題は無いかと思います。

 

極端に古い機種を使われているのであれば、リサーチアプリが利用出来ない可能性もあるので買い替え無ければいけないかもしれませんね。

基本的には今、お使いのスマホ、iPhoneを使っていただければOKです。

 

パソコンとネット環境

ネット社会の現代であれば、パソコンもほとんどの方がお持ちかもしれませんね。

最低限ネットに繋いで普通にネットサーフィンが出来る程度のスペックがあれば問題は無いです。

 

しかしせどりをより効率的に行おうとすると、効率的にリサーチするために多数のツールをインストールする必要があります。

最速で稼ぎたいのであれば、最低でも以下のスペック以上のPCは欲しいですね。

  • OS:Windows7
  • ストレージ:HDD500GB
  • メモリ:4GB
  • CPU:Intel Core i3
  • CPU速度:2.40Ghz

スペックを満たしているのであれば、デスクトップ・ノートどちらでも構いません。

 

またOSに関しては、リサーチツールの互換性の関係上Windowsをおすすめします。

ハイスペック過ぎるPCは必要ないですが、より多くのツール並行して素早く動作させる為には最低でも上記スペック程度は欲しいところです。

 

 

パソコンについて詳しくわからない方は、価格.comにて価格.com限定モデルのノートPCが販売されています。

そこから選べばコスパも良く、サポートも充実しているのでおススメです。

価格.com限定モデルはこちらから

 

ここで選ぶポイントは、先ほどの最低限のスペックと…

  • 10キーの有無
  • officeソフト(ExcelやWord)の有無
  • プライベートなど、せどり以外でも使うのか?

この3点ですね。

 

因みにExcelやWordに関しては、

Amazonでキングソフト版が約4000円で売っていますので、こちらを利用した方がコスパは良いです。

【Amazon.co.jp限定】WPS Office Personal Edition(シリアルコード版)

 

他にも海外メーカーの場合、

キーボードや初期設定が日本語仕様じゃない場合がありますので、事前に調べておきましょう。(ほとんどの場合、設定を変えることで日本語仕様に変更出来ます。)

 

パソコンに関してはドスパラやソフマップの方が安い印象なので、分かる方はそちらで探してみて下さい。

ドスパラ

ソフマップ

 

プリンター

  • FBAに納品する際、ラベルシールを各商品に貼る。
  • 自己発送商品の納品書を商品と一緒に梱包する。

全く知識0の初心者の方には何を言っているのかよく分からないかもしれませんが、せどりにプリンタは絶対に必須です。

 

しかしパソコンの様にスペックに拘る必要は無く、A4サイズの白黒印刷が出来るプリンタがあれば問題ありません。

 

 

 

18年4月現在、Amazonで最も手ごろに購入できるプリンターはこの辺ですね。

以前はもう少し安かったですが、それでも5000円~6000円で購入できるプリンターは中々ありませんので安さで言えばおススメと言えます。

 

副業レベルの方やせどりを長期間続ける予定の無い方はこれで十分かと思います。

 

ただコスパ的には…? ってところなので

本業にしていく予定のある方や、長期間続ける前提の方は最低でも10000円前後のプリンターにしましょう。

 

クレジットカード

せどりは基本的にAmazonで出品・販売していくことになるのですが、

その出品アカウントの登録にはクレジットカードが必須です。

 

こちらも多くの方がお持ちであるとは思いますが、何らかの事情により持っていないor作れない方もいらっしゃるかと思います。

そのような方々に朗報という訳ではないですが、クレジットカードで無くともデビットカードがあれば出品アカウントの登録はできます。

 

デビットカードを簡単に説明すると、銀行口座と紐づけられた決済用のカードです。

無審査とする会社が多いので銀行口座があればほぼどなたでも作る事ができ、原則として口座残高を超えない範囲で使用できます。

 

デビットカードは様々な会社で発行していますので、

今までクレジットカードが作れなくてAmazonせどりを諦めていた方も一度チャレンジしてみると良いでしょう。
楽天カード

楽天デビットカード

 

せどりを始めるにあたり、絶対に必要となるのは以上4点です。

最初にお伝えした通り、効率や稼ぐスピードに差は出来ますがこれらがあればせどりを始める事が出来ます。

 

ですのでここからは、基本的にあると便利なアイテムという括りで紹介していきます。

もちろん最効率を求めるのであれば全て必須のアイテムになるので、出来るだけ買い揃えられるだけ買い揃えていただきたいです。

 

あると便利なアイテム~店舗せどり編~

  • バーコードスキャナ KDCシリーズ
  • モバイルバッテリー
  • カーナビ

こちらも、一つずつ簡単に解説していきます。

 

バーコードスキャナ KDCシリーズ

各商品に印字されたバーコードを読み取るための小型バーコードリーダーです。

 

こちらをBluetoothでスマホやiPhoneとペアリングさせ、

読み取ったバーコードからリサーチツール内で商品を自動的に検索する事が出来ます。

 

KDCを使用していないせどらーもいるので一応あった方が便利なアイテムとして紹介していますが、ほぼ必須級のアイテムだと思ってください。

 

例えば、KDCが無ければ商品のリサーチは全て手打ちかカメラによるバーコードの読み取りになります。

個人差はあるでしょうがリサーチアプリでの読み取りはともかく、手打ちであれば十数秒掛かってしまいます。

 

KDCであれば、わずが1秒~2秒でスキャン完了です。

たかだか1商品あたり数秒の違いかもしれませんが、何千・何万とリサーチするのでその数秒の違いも何千秒・何万秒となってしまいます。

 

また時間効率的な点だけでなく、

手で覆い隠せるほど小型なのでそれほど目立たずリサーチ出来るなど、周りの目が気になりがちなせどり初心者の方にも嬉しい副次的メリットもあります。

 

価格は2万円以上もするので決して安い買い物ではないですが、恩恵を考えるとすぐにペイできるので絶対に購入した方が良いですね。

因みに…

KDCの下位互換として青色のMS910というスキャナも有りますが、個人的には論外かと思います。

 

スキャナを買うならKDC、買わないならアプリで読み取りの2択だと思います。

 

モバイルバッテリー

店舗せどりでは常にスマホやiPhoneでリサーチツールを使い続けるので、電池の消耗がかなり激しいです。

端末やリサーチ数にもよりますが、早ければ午前中で電池切れとなってしまいかねないのでモバイルバッテリーを購入しておきましょう。

 

おすすめは、大容量かつ急速充電対応タイプのモバイルバッテリーです。

既に使っている方も多いと思いますが、モバイルバッテリーはAnker社の製品が鉄板だと思います。

 

充電スピードも中々早く、これ一台あれば丸一日店舗せどりしたとしても電池が切れる事はほとんどないかと思います。

モバイルバッテリー自体の充電忘れや故障など不測の事態も想定して、2台は準備しておいた方が良いでしょう。

 

カーナビ

車で移動する方向けですね。

土地勘があり道にかなり詳しいのであれば必要ないかもしれませんが、そうでないならカーナビは有った方が絶対に良いです。

 

 

店舗せどりにおいて、最も生産的で無い時間が「移動時間」です。

この移動時間の無駄を出来るだけ省くために、せどりに利用する店舗を全てナビに登録していきましょう。

 

こちらのナビは簡単に取り外しする事が出来るので、仕入れマップの作成と並行して登録していけばOKです。

あわせて読みたい
仕入れマップ作成方法!店舗せどりをより効率的に行うために今回は、【仕入れマップ】の作成方法を解説したいと思います。 店舗せどりにおいて、非常に無駄な時間となるのが移動時間です。 この...

 

もちろんプライベートでも有効活用できるかと思いますので、ナビが無い方はこの機会に準備しておくと良いでしょう。

 

店舗せどり編は以上です。次は電脳せどり編となります。

あると便利なアイテム~電脳せどり編~

  • メモ帳&筆記用具
  • 電卓
  • タイマー

電脳せどりとはインターネットを利用して仕入れを行いますので、パソコンやスマホ・ネット環境は必須です。

それは既に紹介しており重複するので、便利な小物達を紹介していきます。

 

メモ帳&筆記用具

 

ちょっとした思い付きなどをメモする為にも、手元に一冊はあった方が良いです。

ですが電脳せどりではPCを使っており、そちらにメモしていけば良いだけなので必須ではないですね。

 

先を見越すとデジタルで全て管理した方が良いかとは思いますが、最初はアナログでも構いません。

ちょっとした事でもアウトプットする癖をつけておくと先々にかなり役立つかと思いますので、まずはその癖付けから始めましょう。

 

電卓

 

利益計算など、様々な場面で計算する事が多いので一台でも電卓があると便利です。

こちらも、PCにプリインストールされたアプリケーションや各種ツールなどで代用できない事もないので必須ではありません。

 

私の場合ですが、電卓を叩いた方が早いので常に手元に置いています。

好みの問題ではありますが、より効率良く行える方を考えれば良いでしょう。

 

タイマー

 

効率的に作業をこなすには、時間管理は必須です。

時間自体はどんな人であろうが24時間と平等ですが、その使い方次第では大きな差となってしまいます。

 

タイマーを使ってあなたが使った、

「生産的行動の時間」「非生産的行動の時間」を全てデータ化して「視える化」すると良いでしょう。

こちらも便利な時間管理アプリがありますので、自身が管理しやすい方をお選び下さい。

 

電脳せどり編は以上です、基本的に各家庭に1台はありそうな物ばかりですね。

 

商品の検品に必須な準備物

ここからは、検品に必要不可欠な物を紹介していきます。

特に中古商品を取り扱うのであれば絶対に準備した方が良いので、参考にしてください。

  • 無水エタノール
  • キムワイプ
  • シール剥がし
  • ダストブロワー
  • 手袋
  • セラミックコンパウンド
  • コンパウンド専用スポンジ
  • ポリッシングクロス

 

無水エタノール

 

次のキムワイプと併用して、中古商品のちょっとした汚れをクリーニング・消毒する事に使用します。

 

また新品商品であっても、古いものであれば外箱に汚れがある場合もあるのでその際にも役に立ちますね。

使用頻度の高い検品道具なので、必ず準備しておきましょう。

 

キムワイプ

研究室や実験室などで使われているこちらのキムワイプは、通常のティッシュとは違いケバ立ちや紙粉が少なく、拭き取り後も繊維が目立たない特殊なものです。

先ほどのエタノールや次のシール剥がしと併せて、商品のクリーニングに使用していきます。

こちらも使用頻度が高いものなので、お得にまとめ買いしておくと良いでしょう。

 

シール剥がし

例えばブックオフで仕入れた本であれば、多くに値札シールが貼られています。

それらは貼り替え防止の観点から簡単に剥がれにくくなっているので、こちらのシール剥がしを使用していきましょう。

 

しかし、紙の材質によっては染みや色落ちしてしまう事もあるのでその点は十分にご注意下さい。

また新品商品であっても、値下げシールなどが貼られている場合があるので、余計なクレームを避ける為にも全て綺麗に剥がして下さいね。

 

ダストブロワー

 

所謂”エアー”です。

ちょっとしたホコリ飛ばしや、例えば中古ゲーム機などのファン周辺など手の入らない部分を綺麗にするために使用します。

こちらも比較的使用頻度が高いので、まとめ買いしておくと良いでしょう。

 

手袋

 

商品の検品中、素手で触ってしまうと指紋がついてしまいます。

汚れを落とす事だけを集中していると、購入者様から『謎の指紋だらけ』なんてクレームを貰いかねませんので、必ず手袋を着用しましょう。

 

検品中は細かな作業を行うこともあるので、ケバ立ちが少なく、手に良くフィットするナイロン製の手袋がおすすめです。

 

セラミックコンパウンド

 

後述する専用スポンジやポリッシングクロスと併用していきます。

ちょっとした傷の修復や艶を出す事が可能で、特に鏡面となっているような中古商品の検品には大いに役立つでしょう。

必須度はそこまで高くないですが、中古刈り取りなどの手法を取り入れていくのであれば準備した方が良いですね。

 

コンパウンド用スポンジ

 

先程のセラミックコンパウンドと併せて、浅い傷などの修復に使用します。

コンパウンドを付けて何度か磨けば、浅い傷程度であればほとんど気にならないレベルまで綺麗にする事が出来ますよ。

そこまで時間を掛けすぎる事もあまり良くないですが、一手間でライバルと差を付けられる非常に有用な検品道具です。

 

ポリッシングクロス

 

こちらも、セラミックコンパウンドと併せて使用します。

仕上げの拭き上げとしてはもちろん、こちらのクロスでも傷を埋める事が可能です。

コンパウンドを使用するのであれば、スポンジと併せてこちらも用意しておくと良いでしょう。

 

梱包・発送・納品に必要な準備物

商品によっては輸送中の衝撃から守るために丁寧に梱包する必要があります。

またFBA倉庫に納品する為の段ボール、自己発送商品やヤフオクなどで売れた商品を自身で発送するための封筒が必要になります。

  • 規格袋
  • 全巻名人
  • クリスタルパック
  • 封筒
  • ストレッチフィルム
  • プチプチ
  • OPPテープ
  • ガムテープ
  • マスキングテープ
  • 段ボール
  • はさみ
  • カッター

 

規格袋

 

例えばタブレットや中古スマホなど、そのままでは液晶に傷がついてしまう恐れがある物では、何か袋に入れるなどして本体を保護してあげる必要があります。

そこで、規格袋を使っていきましょう。

大きいサイズから小さいものまで様々ありますので、それぞれ買い揃えておくと便利です。

 

全巻名人

中古セット本せどりを行うのであれば、こちらの全巻名人を準備した方が良いですね。

セット本はプチプチやストレッチフィルムで梱包する事も出来ますが、見た目的にも時間効率的にも全巻名人を使用した方が良いです。

 

こちらは新書版となっており、通常のコミック本を梱包する為に使います。

他にも、大型サイズのB6版やA5版、文庫本用の文庫版もありますので本に合わせて使い分けて下さい。

 

クリスタルパック

 

主に本の梱包に使用します。

FBAに納品する時や自己発送時など、輸送時に本が捲れてしまうのでこちらのクリスタルパックに入れておきましょう。

 

他にも、書類や保証書などもまとめておくといった使い方が出来るので何かと便利です。

A4サイズが1つあれば問題はないかと思いますので、準備しておきましょう。

 

封筒

 

クリスタルパックで包装した本などは、こちらの封筒に入れて発送します。

自己発送やヤフオクなどを一切利用しないのであればそこまで必要ないですが、あれば何かと便利なので1セットくらいは準備しておきましょう。

サイズはクリスタルパックと合わせたA4サイズ、こちらの角形2号でOKです。

 

ストレッチフィルム

 

例えば締まりの悪い外装箱やスライド式の箱など、輸送中に中身が出てしまう恐れのあるものに使用していきます。

他にも、外箱にコレクター要素があるようなフィギュアなどは、テープでフタを止めるよりストレッチフィルムでぐるぐる巻きにした方が良いですね。

初回はフィルムホルダーとセットで購入しておき、2回目以降はフィルムのみ購入していってください。

 

プチプチ

 

人によっては「エアキャップ」や「エアクッション」と呼ばれたりもしますが、全てプチプチの事です。

あれはメーカーが登録している商標が、一般名称の様になっているだけですね。

 

例えば箱の無い商品やCDケースなど割れやすい物を包装するときに使います。

取り扱う商品によってはほとんど使わない場合もあったりしますので、必要になった際に準備しても遅くないかもしれません。

 

OPPテープ

 

強度が強く透明なOPPテープは、例えば本を梱包した封筒やプチプチで梱包した商品に使用します。

見た目も悪くなりにくく、セロテープの様に強度が弱くないので輸送中に剥がれてしまうといった心配もありません。

テープだけでは非常に使い勝手が悪いので、上にあるテープカッターを一緒に準備しておく事をおすすめします。

 

ガムテープ

 

ガムテープには「布テープ」・「紙テープ」の2種類がありますが、基本的には布テープを使用するようにした方が良いです。

というのも、強度の問題で紙テープ(クラフトテープ)は軽梱包用にしか使用できません。

また軽梱包というと主に本などがそれに当たりますが、そちらはOPPテープを使用していきます。

 

ですので、紙テープはせどりではあまり使用する事がありません。

主に納品時にかなり使用する事になるハズなので、常に複数ストックしておくと便利です。

 

マスキングテープ

 

本来はペンキ塗りなどの塗装業に使われているこちらのテープは、粘着力がそこまで強くなく剥がれやすいといった特徴があります。

また剥がしても跡が残りにくいので、商品の付録などをまとめる時に重宝します。

あまり使用頻度は高くないですが、あれば何かと便利なので一つくらいは準備しておきましょう。

 

段ボール

 

自己発送商品やヤフオク・メルカリで販売した商品の発送。

またFBAに納品する際、絶対に必要な梱包資材になります。

 

主にせどりで使うサイズの段ボールは、恐らくAmazonへ納品するための160サイズ段ボールです。

もちろん取り扱う商品や納品方法によっては変わるので一概には言えませんが、少なくとも私は160サイズで一気にまとめて納品しています。

 

はさみ

 

自宅に有るのであれば、そちらを使っておけばOKです。

何かと使用する機会がありますので、無ければ準備しておきましょう。

 

カッター

こちらも、既にお持ちなのであればそちらを使っておきましょう。

ヤフオクなどで仕入れた商品を開封するのに便利なので、無ければ準備しておきましょう。

 

消耗品購入リストまとめ

せどりに必要な準備物は以上となります。

出来る限り安くて良い物を厳選しましたが、それでもネットより実店舗の方が安く購入できる物もあったりします(例、ストレッチフィルム、段ボールなど)

 

また基本的には送料の関係上、ネットで買うのであればまとめ買いが前提となるでしょう。

上で紹介したアイテムをPDFファイルにまとめておきますので、印刷して使用していただければ幸いです。

 

また消耗品の購入もこちらから全て行えるようリンクを貼っておきますので、ぜひご活用ください。

せどりに必要な物まとめ.PDF

※出来る限りチェック致しますが、リンク切れなどありましたらコメントかメッセージにてお知らせいただきますと幸いです。
都度、修正させていただきます。

ABOUT ME
いなさん
いなさん
2016年2月にせどりビジネスを開始、3ヵ月で月商500万を達成。 その後は作業の効率化を追求し、2018年1月以降は従業員のみで月商1000万を達成。