梱包、配送

送料徹底比較!ヤマト運輸と日本郵便はどちらが良い?e配送サービス?

今回は主要な発送方法による送料の違いを比較、説明していきます。

 

ヤフオクやメルカリなどを利用するにあたり、送料を把握しておく事はとても重要になります。

購入時は勿論、出品時も購入者目線では送料が安い出品者から購入したいと思うのは当たり前ですよね。

 

送料をある程度把握しておくことで、

スムーズに仕入れを行える様になりますので、しっかりと頭に入れておきましょう。

 

また、追跡番号や補償があるかないかも重要になってきます。

 

今回はヤフオクとメルカリでも利用者の多い

  1. 日本郵便の定形外
  2. ゆうぱっく
  3. クリックポスト
  4. ヤマト運輸の宅急便
  5. 宅急便コンパクト
  6. ネコポス

そして、

ゆうゆうメリカリ便やラクマ定額パック、ヤフオクのお手軽便といったe配送サービスについても説明していきたいと思います。

日本郵便について

※引用:日本郵便公式サイト

まずは定形外で安くお世話になっている方も多いと思います、日本郵便から行きましょう。

 

定形外郵便

定形外郵便の送料は重量制となっており、発送する商品の重量で値段が変わります。

 


引用元:http://www.post.japanpost.jp/service/standard/one_price.html

※2018年5月現在の価格となります。

軽い商品の場合は安いですが、重い商品になるとその他の宅急便を利用した方が安くなる場合もあります。

 

ただし、サイズ指定はありませんので、

「軽いが大きい」といった商品は基本的に宅急便よりも安くなります。

 

定形外郵便は各種オプションを付ける事で時間指定や配達証明等が利用可能になります。

追加オプション一覧

 

ゆうぱっく

ゆうぱっくはサイズ指定ですので重量は関係ありません。

サイズは小さいが重量がある商品に適しています。

 

この表は東京都から発送した場合の表です。

※引用元:都道府県別運賃表

※2018年5月現在の価格となります。

全国の郵便局や取り扱いのあるコンビニでも発送することが出来ます。

 

追跡サービスも付いているので、マケプレプライムやAmazon自己発送でもトラブルなく使えます。

日本郵便の配送方法の中でも最もスタンダードな配送方法です。

 

クリックポスト

※引用元:クリックポスト公式サイト

クリックポストは全国一律164円(2018年5月現在)です。

 

ただし、

  • Yahoo!JAPAN IDの登録
  • 運賃決済がクレジットカード払いのみ

が条件となります。

 

しかし、追跡サービスもあり送料が安いので、

ヤフオクやメルカリを利用する際は覚えておいた方が良い配送方法です。

他にもAmazonで自己発送商品による本の発送などにも良く利用される発送方法ですね。

 

対応サイズは以下の通りです

  • 長さ14~34cm・幅9~24cm
  • 厚さ3cm以内
  • 重量1kg以内

多少オーバーしても問題無いですが、基本的にはこのサイズを守りましょう。

 

ヤマト運輸について

※引用元:ヤマト運輸

次にヤマト運輸です。

 

ヤフオクやメルカリと提携している事もあり、最も簡単に利用出来るのではないかと思います。

FBA納品にもよく使われていますね。

 

ネコポス

※引用元:ネコポス

現在は個人で利用するにはヤマト運輸と契約が必要となりますので、

利用する場面はヤフオクとメルカリを利用する場合のみでしょう。

 

しかし、ヤフオクでは全国一律205円・メルカリは全国一律195円(2018年5月現在)で利用する事が可能です。

 

値段としては先ほどのクリックポストの方が安いですが、クレジットカードや登録が不要となっております。

 

また、ヤフオクやメルカリで利用する場合は、

運営側が自動で追跡をしてくれるのでトラブルも起こりにくいかと思います。

 

対応サイズは以下の通り。

  • 角形A4サイズ(31.2cm以内×22.8cm)以内
  • 厚さ2.5cm以内
  • 重さ1Kg以内

勿論、追跡サービスも付いています。

 

宅急便

引用元:宅急便運賃一覧

※2018年5月現在の価格となります。

関東からの発送の場合はこんな感じです、基本的にゆうパックと同じくらいです。

 

そして下記の表はヤフオク!パックを利用した際の、

発送元、お届け先を共に都内にした場合の表となります。

引用元:ヤフオク!パック料金

※2018年5月現在の価格となります。

通常の宅急便より結構安いです。

 

そしてこちらの表はらくらくメルカリ便を利用した際の送料です。

らくらくメルカリ便は送料全国一律となっています。

引用元:らくらくメルカリ便料金

※2018年5月現在の価格となります。

 

らくらくメルカリ便やヤフオク!パックを利用すると通常より送料が安くなりますので、必ず利用したいサービスですね。

もちろん追跡サービスも付いています。

 

宅急便コンパクト

公式サイトはこちら ⇒ 宅急便コンパクト

宅急便コンパクトの利用には、専用ボックスに65円(2018年5月現在)が必要です。

 

関東から発送の場合

  • 北海道:810円+65円
  • 北東北:648円+65円
  • 南東北、関東、信越、北陸、中部:594円+65円
  • 関西:648円+65円
  • 中国、四国:702円+65円
  • 九州、沖縄:810円+65円

基本料金+専用ボックス代(65円)

こんな感じですね。

 

ヤフオクでヤフオク!パックを利用し宅急便コンパクトを送る場合は、

宅急便と送料は同じになります。

 

しかし、メルカリの場合は

送料全国一律380円(2018年5月現在)となり、かなりお得になりますね。

 

こちらも追跡サービスはあります。

 

上記がヤフオクやメルカリで多く利用される発送方法です。

次にその他の発送方法についてご紹介します。

 

その他の発送方法

レターパック

※引用元:レターパックについて

レターパックには、レターパックライト・レターパックプラスの2種類あります。

  • レターパックライトは送料全国一律360円(2018年5月現在)
  • レターパックプラスは送料全国一律510円(同上)

となっています。

 

e発送サービス

※引用元:e配送サービス

e配送サービスでは、

  • ゆうゆうメルカリ便
  • らくらく定額便
  • ゆうパック・ゆうパケット(おてがる版)
  • ラクマ定額パック
  • かんたんラクマパック

こちらのサービスを利用する際に利用するシステムです。

 

メリットとしては、

  • 配送料が安い
  • 送り状の記入が不必要
  • 郵便局、ローソンで発送が可能
  • 発送料は各サイトでの決済なので現金を準備する必要がない
  • 対応しているサービスでは匿名発送が可能

 

デメリットは集荷が出来ないので、近くに郵便局やローソンが無いと発送できない所です。

メルカリやヤフオクを利用する際は色々と便利なので覚えておきましょう。

 

最後に

今回は主要な発送方法について解説させていただきました。

 

サイズや重さで安く発送できる方法は異なります。

しっかり把握して、配送商品に一番適切な発送方法を選択するようにしましょう。

 

ですが価格で言うと、基本的には定形外郵便が一番安くなります。

 

しかし、オプションを付けないと追跡サービスが使えない事と、

封筒などに送り先を自分で書かないといけないので、面倒ですしミスも起こりやすくなります。

トラブルの補償ももちろんありません。

 

その点、追跡ありのサービスは企業が責任をもって追跡してくれます。

また保証が付きますので、高価な商品や壊れやすい物を送る際はこちらを利用する方が良いでしょう。

 

最後ですが、

私のおススメの配送方法はこちら

  • ヤフオク ⇒ 発送方法を複数用意し購入者に選択してもらう。
  • メルカリ ⇒ ゆうゆうメルカリ便
  • Amazon ⇒ 追跡必須、評価的にも安さより質を優先した配送方法
  • FBA倉庫への納品 ⇒ ヤマト便、契約しているならCC便も良い

補足としては、

手元の資金に余裕が無い方は、

売上金から直接送料を支払えるe配送サービスがおススメです。

 

このように、特長や送料をある程度把握しておくだけで、

出品も落札もスムーズに行える様になりますので、頭に入れておきましょう。

あわせて読みたい
せどりに必須!ヤフオクの特徴まとめ!ヤフオクはせどりの要として、昔から利用されています。 仕入れはもちろん、不用品販売でせどりの資金を貯める利用方法や、Amazonで...
あわせて読みたい
電脳せどりに必須!メルカリの特徴まとめ!気軽に販売が出来ることで人気を博しているフリマアプリ。 その中でも一番市場が大きいメルカリの特徴を説明していこうと思います。...
ABOUT ME
いなさん
いなさん
2016年2月にせどりビジネスを開始、3ヵ月で月商500万を達成。 その後は作業の効率化を追求し、2018年1月以降は従業員のみで月商1000万を達成。